Create issue ticket

考えれる7県の原因 弱い咬合

  • 顎関節炎

    解剖要因: 顎関節や顎の筋肉の構造的さ 2. 要因: 不良なかみ合わせ関係 3.精神的要因: 精神的緊張の持続、不安な気持ちの持続、 気分の落ち込み感覚の持続 4. 外傷要因: かみちがい、打撲、転倒、交通外傷 5. [jda.or.jp] ・顎関節症の原因 かみ合わせだけが原因と思われている患者さんが非常に多いのですが,現在では複数の原因があることが分かってきています. ①解剖学的要因:顎関節や咀嚼筋がもともと構造的に弱い傾向がある場合 ②外傷要因:打撲,転倒などが顎関節周囲に障害を及ぼしたことがある場合 ③要因:不良なかみ合わせや歯の欠損など ④精神的要因:抑うつ,不安[kanodoso.com] 年がいけば、歯周病で歯を喪失したり、歯を支える組織が弱くなったりして、噛み合わせに問題が起こりますので、老人の方がむしろ噛み合わせに問題を抱えています。また、不正に男女差がないのに、顎関節症には男女差があるという事実から考えても、 「噛み合わせが悪くても顎関節症になるとは限らない」 ということが言えると思います。[hotei.or.jp]

  • 鼻中隔偏位

    3)不正(上顎前突等) アデノイドによる顎顔面の変化について、長期間口呼吸を続けていた者は、 口輪筋、頬筋が弱くなり、開口状態となり口唇も上下に分離され、その結果上顎前歯への後方への圧力が減少し、 前歯が唇側に押し出されます。[www3.dental-plaza.com]

  • アデノイド肥大

    3)不正(上顎前突等) アデノイドによる顎顔面の変化について、長期間口呼吸を続けていた者は、 口輪筋、頬筋が弱くなり、開口状態となり口唇も上下に分離され、その結果上顎前歯への後方への圧力が減少し、 前歯が唇側に押し出されます。[www3.dental-plaza.com]

  • 筋ジストロフィー

    拘縮(関節が硬くなり、動かせる範囲が狭くなる)・変形 骨粗しょう症(骨が弱くなる) 歯列不正(歯並びの乱れ)、不全(かみ合わせの不良) 呼吸不全、咳嗽力低下(強い咳ができず、痰が出し切れない) 誤嚥(ごえん:食物や唾液などが誤って気管に入ってしまう状態)・栄養障害 心臓(心筋)や腸の運動(平滑筋)にも筋肉が関わるため次のような症状も起きます[mdcst.jp]

  • エメリ・ドレフュス型筋ジストロフィー 1型

    拘縮(関節が硬くなり、動かせる範囲が狭くなる)・変形 骨粗しょう症(骨が弱くなる) 歯列不正(歯並びの乱れ)、不全(かみ合わせの不良) 呼吸不全、咳嗽力低下(強い咳ができず、痰が出し切れない) 誤嚥(ごえん:食物や唾液などが誤って気管に入ってしまう状態)・栄養障害 心臓(心筋)や腸の運動(平滑筋)にも筋肉が関わるため次のような症状も起きます[mdcst.jp]

  • 眼咽頭型筋ジストロフィー

    拘縮(関節が硬くなり、動かせる範囲が狭くなる)・変形 骨粗しょう症(骨が弱くなる) 歯列不正(歯並びの乱れ)、不全(かみ合わせの不良) 呼吸不全、咳嗽力低下(強い咳ができず、痰が出し切れない) 誤嚥(ごえん:食物や唾液などが誤って気管に入ってしまう状態)・栄養障害 心臓(心筋)や腸の運動(平滑筋)にも筋肉が関わるため次のような症状も起きます[mdcst.jp]

  • 上・下唇の家族性正中口唇裂

    詳しくは… 開、反対咬 奥歯が噛んでいるときでも上下の前歯が当たらず、上下の歯の間に垂直的に隙間が空いている状態を開咬と言います。また、上顎の歯列は下顎の歯列より大きいことから、上下の歯で咬んだ時は、上の歯は下の歯よる外側に出っ張っているのが正常です。[hsc.okayama-u.ac.jp] なお、永久歯の先天欠如の場合、抜け落ちる予定の乳歯が残っているますので(晩期残存)、その歯を大事に使い続けることが一般的ですが、乳歯ですので永久歯にくらべると歯根が短く、歯の質は弱いので、歯の寿命は短いと思ってください。[hsc.okayama-u.ac.jp]

さらなる症状