Create issue ticket

考えれる16県の原因 弯足奇形

  • 足奇形

    0 その他 4 7.四肢・体幹の腫瘍手術 良性腫瘍切除術 25 悪性腫瘍切除術 0 生検術 0 8.先天性疾患 手・奇形(内反足手術を含む) 1 斜頸 0 その他 0 9.感染性疾患 骨髄炎 7 化膿性関節炎 11 骨・関節結核 0 その他 1 10.その他の手術 抜釘術 145 その他 8 合計 1060 (その内、日帰り手術 123[tokyoh.johas.go.jp] 12 滑膜切除術 10 離断性骨軟骨炎に対する手術 0 その他 9 6.脊椎外科 腰椎前方除圧固定術 2 腰椎後方除圧固定術 0 頸椎椎弓切除・形成術 1 胸・腰椎後側法固定術 3 胸・腰椎椎弓切除術 1 胸・腰椎前方椎体固定術 1 胸・腰椎後方椎体固定術 10 腰椎ヘルニア手術 5 脊髄腫瘍摘出術 0 転移性脊椎腫瘍に対する手術 0 側[tokyoh.johas.go.jp]

  • 常染色体劣性肢帯型筋ジストロフィー 2U型

    肥満を予防する体重管理 可動域を増加させ拘縮を予防する理学療法やストレッチ運動 歩行や移動を補助する必要が生じた場合には、杖、歩行器、装具、車椅子の使用 奇形や脊柱側といった整形外科的合併症に対して必要が生じた場合には、モニタリングや外科的手術 呼吸機能へのモニタリングおよび必要な場合には呼吸補助器具の使用 心臓への合併症が知られている[grj.umin.jp]

  • 常染色体優性肢帯型筋ジストロフィー 1H型

    肥満を予防する体重管理 可動域を増加させ拘縮を予防する理学療法やストレッチ運動 歩行や移動を補助する必要が生じた場合には、杖、歩行器、装具、車椅子の使用 奇形や脊柱側といった整形外科的合併症に対して必要が生じた場合には、モニタリングや外科的手術 呼吸機能へのモニタリングおよび必要な場合には呼吸補助器具の使用 心臓への合併症が知られている[grj.umin.jp]

  • スポーツ心臓症候群

    重症な心疾患に加え、低身長、血小板減少、汎血球減少、痙攣、斜視、気管支軟化症、脳萎縮、白内障、尖、側症、腎奇形、尿道下裂、鎖肛、鼠径ヘルニアなど多くの臨床症状が合併する可能性があります。精神発達遅延は小学校前から目立ってきます。 免疫低下による 易感染性 は、あまり顕著ではありません。[nanbyou.or.jp]

  • 常染色体劣性肢帯型筋ジストロフィー 2A型

    肥満を予防する体重管理 可動域を増加させ拘縮を予防する理学療法やストレッチ運動 歩行や移動を補助する必要が生じた場合には、杖、歩行器、装具、車椅子の使用 奇形や脊柱側といった整形外科的合併症に対して必要が生じた場合には、モニタリングや外科的手術 呼吸機能へのモニタリングおよび必要な場合には呼吸補助器具の使用 心臓への合併症が知られている[grj.umin.jp]

  • エメリ・ドレフュス型筋ジストロフィー 1型

    肥満を予防する体重管理 可動域を増加させ拘縮を予防する理学療法やストレッチ運動 歩行や移動を補助する必要が生じた場合には、杖、歩行器、装具、車椅子の使用 奇形や脊柱側といった整形外科的合併症に対して必要が生じた場合には、モニタリングや外科的手術 呼吸機能へのモニタリングおよび必要な場合には呼吸補助器具の使用 心臓への合併症が知られている[grj.umin.jp]

  • 染色体19p13.11 欠損症候群

    重症な心疾患に加え、低身長、血小板減少、汎血球減少、痙攣、斜視、気管支軟化症、脳萎縮、白内障、尖、側症、腎奇形、尿道下裂、鎖肛、鼠径ヘルニアなど多くの臨床症状が合併する可能性があります。精神発達遅延は小学校前から目立ってきます。 免疫低下による 易感染性 は、あまり顕著ではありません。[nanbyou.or.jp]

  • コロボーマ

    骨格奇形 内反 、側 、後弯などの骨格奇形は個々に対応されるべきである 。早期からの治療(理学療法および外科手術)が考慮される. 眼科的異常は標準的方法により治療される. 先天性心疾患 通常複雑なものではなく 、修復術を行わなければならない 。 聴力障害はヒアリングエイドを試してみる.[grj.umin.jp] 骨格異常としては,椎体奇形に伴う脊椎後側弯 、過剰のまたは癒合した肋骨 、内反 、裂手 など, 患者の60 70%に認められる 。 眼科的異常としては,外斜視,鼻涙管閉鎖,眼球・視神経コロボーマ,網膜中心窩低形成などが最も一般的なものである.植皮を要する眼瞼の低形成が時々認められる 。緑内障は治療困難 なことがある 。[grj.umin.jp]

  • 足の無指症

    ,扁平足,先天奇形など) 神経筋疾患 (筋ジストロフィー,脊髄・神経麻痺性疾患,先天性多発性関節拘縮など) 脊椎疾患 (側症・後弯症,頸椎疾患(ダウン症など),斜頚など) 骨系統疾患 (軟骨無形成症,骨形成不全症など) 当院で治療を行っている代表的な疾患のご説明 スタッフ紹介 整形外科スタッフ紹介 診療実績 診療実績(年報ファイル) 予約[pref.aichi.jp] 対象となる疾患 脳性麻痺・二分脊椎(運動発達の遅れ,麻痺による股・膝関節,足部,脊椎の障害など) 小児股関節疾患(先天性股関節脱臼,ペルテス病,大腿骨頭すべり症,麻痺性股関節疾患など) 上肢疾患 (先天奇形(多指症、合指症など),分娩麻痺など) 下肢疾患 (脚長差,O脚・X脚,下肢変形,先天奇形など) 足部変形疾患 (先天性内反,麻痺性部変形[pref.aichi.jp]

  • ゼッケル症候群

    骨格奇形 内反 、側 、後弯などの骨格奇形は個々に対応されるべきである 。早期からの治療(理学療法および外科手術)が考慮される. 眼科的異常は標準的方法により治療される. 先天性心疾患 通常複雑なものではなく 、修復術を行わなければならない 。 聴力障害はヒアリングエイドを試してみる.[grj.umin.jp] 骨格異常としては,椎体奇形に伴う脊椎後側弯 、過剰のまたは癒合した肋骨 、内反 、裂手 など, 患者の60 70%に認められる 。 眼科的異常としては,外斜視,鼻涙管閉鎖,眼球・視神経コロボーマ,網膜中心窩低形成などが最も一般的なものである.植皮を要する眼瞼の低形成が時々認められる 。緑内障は治療困難 なことがある 。[grj.umin.jp]

さらなる症状