Create issue ticket

考えれる358県の原因 弛緩性麻痺, 末梢神経障害による遠位肢の筋力低下

つまり: 弛緩性麻痺, 末梢神経障害, よる遠位肢, 筋力低下

  • 皮膚筋炎

    ADMは筋力低下は認められないが筋電図検査などでは筋原性変化などが認められるもの(clinically ADM;CADM)をここでは指す。[ja.wikipedia.org] 多発性筋炎 や 進行筋ジストロフィー症 のような全身を侵す筋肉疾患, ギラン バレー症候群 のような多発性根神経炎, 運動ニューロン疾患 などでは,弛緩の四肢麻痺を呈することが多い。これらの疾患,とくに後2者においては,顔面筋やその他の脳神経系の運動麻痺をきたすことも少なくない。[kotobank.jp] 2) 皮膚症状がなく、手指屈筋力低下や治療反応性が乏しい臨床的特徴がなく、筋生検で縁取り空胞がみられなければ、多発性筋炎か免疫介在性壊死性ミオパチー。 3) 皮膚症状のいずれかがあり、筋力低下症状のいずれかがあれば皮膚筋炎。 4) 皮膚症状のいずれかがあり、筋力低下症状がなければ無筋症性皮膚筋炎。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • 多発性筋炎

    2) 皮膚症状がなく、手指屈筋力低下や治療反応性が乏しい臨床的特徴がなく、筋生検で縁取り空胞がみられなければ、多発性筋炎か免疫介在性壊死性ミオパチー。 3) 皮膚症状のいずれかがあり、筋力低下症状のいずれかがあれば皮膚筋炎。 4) 皮膚症状のいずれかがあり、筋力低下症状がなければ無筋症性皮膚筋炎。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 多発性筋炎 や 進行筋ジストロフィー症 のような全身を侵す筋肉疾患, ギラン バレー症候群 のような多発性根神経炎, 運動ニューロン疾患 などでは,弛緩の四肢麻痺を呈することが多い。これらの疾患,とくに後2者においては,顔面筋やその他の脳神経系の運動麻痺をきたすことも少なくない。[kotobank.jp] 背景 多発性筋炎(PM)/皮膚筋炎(DM)は、組織学的な特徴として慢性の炎症と横紋筋の障害、臨床的には進行性の筋力低下を特徴に持つ自己免疫性疾患である。主に、副腎皮質ステロイドや免疫抑制剤にて治療されるが、治療後にも半数以上の患者に筋力低下や ADL の低下が残ることが明らかになっている。[research-er.jp]

  • 高カリウム性周期性四肢麻痺

    ③ 発作のない期間には筋力低下を認めない。 ④ ミオトニーを認める。以下の1あるいは2。 1. 臨床的にミオトニー (筋強直現象)がある。 (具体例) 眼瞼の強収縮後に弛緩遅延がみられる(lid lag)。 手指を強く握った後に弛緩遅延が認められる(把握ミオトニー、グリップミオトニア)。[ja.wikipedia.org] ①以下のすべての特徴を持つ麻痺(筋力低下)発作を呈する。 意識は清明。 発作時血清カリウム濃度が高値あるいは正常を示す。 呼吸筋・嚥下筋は侵されない。 発作持続は数10分から数時間程度。 寒冷、果物など高カリウム食の摂取、空腹あるいは安静(不動)が誘因となった発作がある。② 発症年齢は15歳まで。[ja.wikipedia.org]

  • 脊髄性筋萎縮症

    深部腱反射は消失し、上肢は末梢神経障害によって手の尺側偏位と垂れ手が認められる。人工呼吸管理を行わない場合、死亡年齢は平均6 9ヶ月であり、24ヶ月までにほぼ全例が死亡する。 II型 中間型、慢性乳児型、ヂュボヴィッツ(Dubowitz)病発症は1歳6ヶ月までである。支えなしの起立や歩行ができないが、座位保持が可能である。[ja.wikipedia.org] 体幹や四肢の筋力低下、筋萎縮を進行性に示します。[nanbyou.or.jp] 発症率は出生10万人当たり8.5 10.3人で、乳児の死亡で最多の遺伝的病因の一つであり、小児の筋力低下の主な原因疾患である。 日本では10万人あたり1-2人の割合で発症する。[ja.wikipedia.org]

  • 高カリウム血症

    臨床症状は一般に神経筋症状であり,筋力低下および,重度であれば心室細動または心静止をもたらしうる心毒性が生じる。診断は血清カリウムの測定による。治療は,カリウム摂取の抑制,薬剤の調整,陽イオン交換樹脂の投与などが考えられ,緊急時にはグルコン酸カルシウム投与,インスリン投与,および透析を行う。[msdmanuals.com] 高カリウム血 症があると,筋肉の弛緩麻痺,四肢の知覚異常,下肢重感,心電図の変化などが現れる。[kotobank.jp] 血漿K濃度が6mEq/lをこえてくると四肢のしびれ感,筋脱力感,弛緩麻痺,不整脈,そしてついには心拍停止や呼吸筋の麻痺による呼吸困難も現われてくる。この場合,血漿K濃度が同程度に上昇しても,ある患者では著明な症状が現われたり,またほとんど出現しない患者もある。[medicalfinder.jp]

  • 低カリウム血症

    低カリウム血症の症状としては、多尿、高血圧、疲労、筋力低下、神経機能の低下、不安、イライラ、抑うつ、睡眠障害、虚弱、便秘、乾燥肌、筋肉痙攣(こむら返り)などがある。 軽度 (K 3.0-3.5mEq/L)特段の症状は現れない事が多い。若干血圧の上昇や不整脈を引き起こすことがある。[ja.wikipedia.org] 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作・近位筋優位の四肢筋力低下(弛緩麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸筋麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 原文 Hypokalemic Periodic Paralysis 要約 疾患の特徴 低カリウム周期四肢麻痺(HOKPP)は麻痺型とミオパチー型とで特徴づけられる。 麻痺型 は、低カリウム血症を伴う可逆弛緩麻痺発作を特徴とし、多くの場合は対麻痺もしくは四肢麻痺にまで達するが呼吸筋や心筋は侵されない。[grj.umin.jp]

  • ギラン・バレー症候群

    の左右差が顕著で、かつその状態が持続 発症当初からの膀胱直腸障害の存在 50/μlを超える髄液細胞増多 髄液細胞文核における多核球優位 境界明瞭なレベルのある感覚障害除外診断 末梢神経障害:有機溶媒中毒、ポルフィリン代謝異常、ジフテリア、鉛中毒、血管障害、栄養障害、CIDP(初発、急性発症) 神経筋接合部障害:重症筋無力症、有機リン、ボツリヌス[ja.wikipedia.org] 多発性筋炎 や 進行筋ジストロフィー症 のような全身を侵す筋肉疾患, ギラン バレー症候群 のような多発性根神経炎, 運動ニューロン疾患 などでは,弛緩の四肢麻痺を呈することが多い。これらの疾患,とくに後2者においては,顔面筋やその他の脳神経系の運動麻痺をきたすことも少なくない。[kotobank.jp] 症状 GBSの中核症状は進行の四肢の弛緩運動麻痺で、手足のしびれ感が先行することが多いとされます。一般に症状の分布は左右対称で、筋力低下は遠位筋(手足)優位なことも、近位筋(上腕・大腿など)優位なこともあります。遠位及び近位が同時に低下することもあります。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    2013年版ガイドラインによる主な鑑別疾患 運動ニューロン障害脊髄進行性筋萎縮症(進行性筋萎縮症)、伴性球脊髄性筋萎縮症、ポリオ後症候群、ヘキソサミターゼA欠乏末梢神経障害頸椎症、腰椎症、多巣性運動ニューロパチー、慢性炎症性脱髄性多発神経炎(chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy;[ja.wikipedia.org] 鑑別診断 下位または上位ニューロン障害のみを示す神経変性疾患 脳腫瘍、多発性硬化症など脳幹病変 頚椎症、後縦靭帯骨化症など脊髄病変 末梢神経障害 [診断の判定] 次の1 5のすべてを満たすものを、筋萎縮性側索硬化症と診断します。 成人発症である。 経過は進行性である。 神経所見で、上記3つのうち2つ以上をみとめる。[agmc.hyogo.jp] 2017年5月25日 患者さん由来iPS細胞を用いた化合物スクリーニングにより、 筋萎縮性側索硬化症の治療標的分子経路を同定 ポイント 筋萎縮性側索硬化症(ALS) 注1 は、運動ニューロンが変性して筋萎縮と筋力低下を来す疾患で、そのメカニズムは詳しく知られておらず、十分な治療法がない。[cira.kyoto-u.ac.jp]

  • 家族性周期性四肢麻痺

    近位筋優位の、対称性、発作性の筋力低下・弛緩性麻痺。前兆なく突然発症する。 脱力発作は1時間以内が多いが、数日にわたり遷延することもある。 遺伝性のPPに関して述べる。脱力の程度も、下肢のみといった限局性筋力低下から完全四肢麻痺まである。発作の頻度も幅があり、毎日から生涯に数回までがある。[ja.wikipedia.org] は,深部腱反射の消失および筋の電気刺激に対する反応の消失を伴う弛緩麻痺発作を特徴とする,常染色体優性遺伝のまれな病態であり,浸透率にはかなりのばらつきがある。[msdmanuals.com] 周期四肢麻痺とは? どんな病気か 反復する発作の四肢弛緩麻痺を示す病気です。弛緩麻痺とは、筋緊張の低下した麻痺のことです。 原因は何か 細胞外カリウムが何らかの理由で筋細胞内に取り込まれて血清カリウムが低値となり、筋細胞膜が脱分極状態に陥り、筋線維があらゆる刺激に反応できなくなって弛緩麻痺になると考えられています。[qlife.jp]

  • 低カリウム性周期性四肢麻痺

    緩徐進行性で、主に下肢の運動不耐性として初発する不可逆性の筋力低下で、通常深刻な身体障害まではきたさない。この不可逆性の筋力低下は、一部の患者に見られる発作間欠期の可逆性筋力低下とは区別されるべきである。[grj.umin.jp] 通常下肢より弛緩麻痺が生じるが、呼吸筋麻痺や脳神経支配筋の障害はほとんどみられない。 麻痺は夜間、早朝に起こりやすく、運動や、でんぷんに富む食物を大量に摂取した後に生じることが多い。発作に先立って血清カリウム値が著明に低下するのが特徴で、血清CK値も上昇し、心電図でU波が出現する。[ameblo.jp] 発作間欠期には筋力低下を認めないがCK上昇は認めることがある。一部に進行性に軽度の筋力低下を示すことがある。 筋生検は診断のために必要ではないが、空胞、tubular aggregateを認めることがある。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状

類似した症状