Create issue ticket

考えれる447県の原因 弛緩性麻痺

  • 高カリウム血症

    高カリウム血 症があると,筋肉の弛緩麻痺,四肢の知覚異常,下肢重感,心電図の変化などが現れる。[kotobank.jp] 血漿K濃度が6mEq/lをこえてくると四肢のしびれ感,筋脱力感,弛緩麻痺,不整脈,そしてついには心拍停止や呼吸筋の麻痺による呼吸困難も現われてくる。この場合,血漿K濃度が同程度に上昇しても,ある患者では著明な症状が現われたり,またほとんど出現しない患者もある。[medicalfinder.jp] 症状と徴候 弛緩麻痺がときに生じるが,高カリウム血症は心毒性が出現するまで通常は無症状である。 まれな疾患である高カリウム血症性の家族性周期性四肢麻痺では,発作時に筋力低下がしばしば生じ,明らかな麻痺に進行する場合がある。[msdmanuals.com]

  • ダニ麻痺症

    は、しばしば他の神経障害あるいは疾患(ギランバレー症候群あるいはボツリヌス中毒症)と混同される急性の上行弛緩麻痺を特徴とする稀な疾病である。[imic.or.jp] 特に後頭部や脊椎付近にマダニが付着した場合は,麻痺の原因が1匹である可能がある。 症状と徴候には,食欲不振,嗜眠,筋力低下,協調運動障害,眼振,上行弛緩麻痺などがある。延髄麻痺や呼吸麻痺が生じることがある。 診断は臨床所見に基づく。[msdmanuals.com] ロシア春夏脳炎では、突然に高度の頭痛、発熱、悪心、羞明などで発症し、その後順調に回復する例もあるが、他では髄膜脳炎に進展し、項部硬直、痙攣、精神症状、頚部や上肢の弛緩麻痺などがみられる。致死率は20%に上り、生残者の30 40%では神経学的後遺症を来たす。[pref.okayama.jp]

  • 神経根脊髄障害
  • 硬膜下血腫

    薬剤 ベバシズマブ 腫瘍用薬 副作用 急性硬膜下血腫 概要 46歳、女性。卵巣癌ⅢC期に対して根治術を施行。進行卵巣癌のため術後補助化学療法として、Paclitaxel・Carboplatin Bevacizumab療法(TC Bev療法)を施行した。6サイクル施行後(Bevacizumabは初回を除く5サイクル)、Bevacizumab単剤継続投与2サイクルを施行したところ、2日目に突然の頭痛が出現し、急性硬膜下血腫と診断された。入院を要したが頭痛以外の症状はないため、経過観察のみで1ヵ月後の頭部CT検査では急性硬膜下血腫は改善傾向にあり、頭痛等の症状は消失した。[…][imic.or.jp]

  • 低カリウム血症

    低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作・近位筋優位の四肢筋力低下(弛緩麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸筋麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 原文 Hypokalemic Periodic Paralysis 要約 疾患の特徴 低カリウム周期四肢麻痺(HOKPP)は麻痺型とミオパチー型とで特徴づけられる。 麻痺型 は、低カリウム血症を伴う可逆弛緩麻痺発作を特徴とし、多くの場合は対麻痺もしくは四肢麻痺にまで達するが呼吸筋や心筋は侵されない。[grj.umin.jp] なお,筋肉及び中枢神経系の症状として,錯感覚,痙攣,反射消失があらわれ,横紋筋の弛緩麻痺は,呼吸麻痺に至るおそれがある。 処置 高カリウム血症が認められた場合には血清カリウム値,臨床症状に応じて以下を参考に適切な処置を行う。 カリウムを含む食物や薬剤の制限又は排除。カリウム保持性利尿剤の投与が行われている場合にはその投与中止。[kegg.jp]

  • ベンゾジアゼピン系過剰摂取

    抗精神病薬は統合失調症の治療の中心となる薬で、主として脳内のドーパミン神経の活動を抑えることにより、幻覚や妄想、考えをうまくまとめられない、気持ちをうまく表現できない、意欲がわかないなどの症状を改善し、また再発を防ぐ効果があります。 一般に統合失調症の薬物療法は、抗精神病薬を何種類も併用するのではなく、なるべく シンプルに 1 種類を使って、量についても、効果が得られて副作用がなるべく少ない 用量に調整することが望ましいとされています。また、 症状の調整に使われる薬 につ[…][smilenavigator.jp]

  • ギラン・バレー症候群

    急性・急速進行・左右対称・全身・遠位筋優位の筋力低下である。末梢神経障害のため、弛緩麻痺となることが特徴である。 反射弓の障害 深部腱反射の低下や消失が特徴的とされている。神経根の障害からレンショウ抑制や側方抑制の障害が起こることによって腱反射が亢進することがある。この所見は軸索型GBSで認められやすい。[ja.wikipedia.org] 多発性筋炎 や 進行筋ジストロフィー症 のような全身を侵す筋肉疾患, ギラン バレー症候群 のような多発性根神経炎, 運動ニューロン疾患 などでは,弛緩の四肢麻痺を呈することが多い。これらの疾患,とくに後2者においては,顔面筋やその他の脳神経系の運動麻痺をきたすことも少なくない。[kotobank.jp] 症状 GBSの中核症状は進行の四肢の弛緩運動麻痺で、手足のしびれ感が先行することが多いとされます。一般に症状の分布は左右対称で、筋力低下は遠位筋(手足)優位なことも、近位筋(上腕・大腿など)優位なこともあります。遠位及び近位が同時に低下することもあります。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 大麻乱用

    デンマーク地域住民300万人の前向きコホート研究 2016年10月31日 07:00 プッシュ通知を受取る 1 名の先生が役に立ったと考えています。 (c)Getty Images ※画像はイメージです アルコールや大麻などの物質乱用が、後に統合失調症を発症するリスクに有意に関連していたとするデンマークの地域住民300万人超のデータを用いたコホート研究の結果が国際早期精神病学会(10月20 22日、ミラノ)で発表された。研究を実施した同国Copenhagen University[…][medical-tribune.co.jp]

  • 多発性筋炎

    多発性筋炎 や 進行筋ジストロフィー症 のような全身を侵す筋肉疾患, ギラン バレー症候群 のような多発性根神経炎, 運動ニューロン疾患 などでは,弛緩の四肢麻痺を呈することが多い。これらの疾患,とくに後2者においては,顔面筋やその他の脳神経系の運動麻痺をきたすことも少なくない。[kotobank.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1. 筋萎縮性側索硬化症とは 筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは、手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉がだんだんやせて力がなくなっていく病気です。しかし、筋肉そのものの病気ではなく、筋肉を動かし、かつ運動をつかさどる神経(運動ニューロン)だけが障害をうけます。その結果、脳から「手足を動かせ」という命令が伝わらなくなることにより、力が弱くなり、筋肉がやせていきます。その一方で、体の感覚、視力や聴力、内臓機能などはすべて保たれることが普通です。 2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか[…][nanbyou.or.jp]

さらなる症状