Create issue ticket

考えれる35県の原因 弛緩性麻痺

  • 高カリウム血症

    血漿K濃度が6mEq/lをこえてくると四肢のしびれ感,筋脱力感,弛緩麻痺,不整脈,そしてついには心拍停止や呼吸筋の麻痺による呼吸困難も現われてくる。この場合,血漿K濃度が同程度に上昇しても,ある患者では著明な症状が現われたり,またほとんど出現しない患者もある。[medicalfinder.jp]

  • ギラン・バレー症候群

    急性・急速進行・左右対称・全身・遠位筋優位の筋力低下である。末梢神経障害のため、弛緩麻痺となることが特徴である。 反射弓の障害 深部腱反射の低下や消失が特徴的とされている。神経根の障害からレンショウ抑制や側方抑制の障害が起こることによって腱反射が亢進することがある。この所見は軸索型GBSで認められやすい。[ja.wikipedia.org]

  • 神経根脊髄障害
  • 硬膜下血腫
  • ベンゾジアゼピン系過剰摂取
  • ダニ麻痺症
  • 大麻乱用
  • 筋萎縮性側索硬化症

    トップ › 「孤発性筋萎縮性側索硬化症に対するペランパネルの第Ⅱ相臨床試験」について 2018.10.20更新 孤発性筋萎縮性側索硬化症に対するペランパネルの第Ⅱ相臨床試験は、 2018年10月19日をもって患者登録が終了いたしました。 治験詳細については、UMIN臨床試験登録システムにて公開しています。(下記参照) 【孤発性筋萎縮性側索硬化症に対するペランパネルの第Ⅱ相臨床試験 参加施設】 東京医科大学病院 岡山大学病院 北海道大学病院 東京都立神経病院 滋賀医科大学医学部附属病院 東北大学病院 山口大学医学部附属病院 名古屋大学医学部附属病院 東京大学医学部附属病院 熊本再春荘病院[…][team.tokyo-med.ac.jp]

  • 低カリウム血症

    低カリウム血症(ていカリウムけっしょう)は、なんらかの原因で血清中のカリウム濃度が低下してしまう電解質代謝異常症のひとつで、臨床的には血清カリウム濃度が3.5mEq/Lを下回ることである。また、なんらかの疾病の症候のひとつ。 血清カリウムは3.7〜4.7mEq/lと狭い範囲に調節されていて、平均的な70kgの成人は約3500mEqのカリウムを有し、カリウムの約98%は細胞内液として、2%程度が細胞外に存在する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 家族性周期性四肢麻痺

    日本における遺伝のPPの患者数は約1000人とされている。 近位筋優位の、対称、発作の筋力低下・弛緩麻痺。前兆なく突然発症する。 脱力発作は1時間以内が多いが、数日にわたり遷延することもある。 遺伝性のPPに関して述べる。脱力の程度も、下肢のみといった限局性筋力低下から完全四肢麻痺まである。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状