Create issue ticket

考えれる81県の原因 延髄空洞症

  • 延髄空洞症

    脊髄空洞の病変は下部頸髄を中心に生ずるのが普通であるが,ときには延髄にも同様の空洞が生ずることがある(延髄空洞syringobulbia)。[kotobank.jp] 脊髄空洞および延髄空洞 延髄空洞 脊髄空洞症 その他の脊椎(骨)癒合 後頭環軸部 環椎後頭骨癒合 その他の脊椎(骨)癒合 頚部 項部強直 頚椎癒合症 頚椎椎間関節骨性強直 ミエロパチ シ ー 脊髄障害 を伴う反復性環軸関節亜脱臼 その他の反復性環軸関節亜脱臼 非外傷性環軸関節亜脱臼 前脊髄動脈および椎骨動脈圧迫症候群 頚部 椎骨動脈圧迫症候群[scuel.me] は,脊髄内(脊髄空洞)または脳幹内(延髄空洞)に液体で満たされた空洞が生じた状態である。[msdmanuals.com]

  • 多発性神経炎

    橋底部:脳血管障害、外傷、脱髄疾患(多発性硬化症、橋中心髄鞘崩壊など) 脳幹脳炎、Behcet病、脳腫瘍、変性疾患(オリーブ橋小脳萎縮、 歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮、Joseph病など) 4. 延髄錐体:脳血管障害、外傷、脱髄疾患、脳腫瘍、延髄空洞 5.[ibaraisikai.or.jp] 外傷:脊髄損傷、外傷後脊髄空洞 11. 腫瘍:髄内腫瘍、硬膜内髄外腫瘍、硬膜外腫瘍、neoplastic angioendotheliosis 脊髄の高位診断 (1). 延髄-頚髄移行部:大孔部(foramen magmum) 髄内・髄外病変共に非常に多彩な神経症状を呈する。 a.[ibaraisikai.or.jp]

  • 前脊髄動脈症候群

    ICD10コード: G95 その他の脊髄疾患 検索数: 38 件 病名 ICD10コード 病名交換用コード 1 延髄空洞 G950 MQ8H 2 脊髄空洞症 G950 FPQ7 3 フォア・アラジュアニン症候群 G951 VK9M 4 ミノール病 G951 QGK8 5 亜急性壊死性ミエロパチー G951 G1LD 6 一過性脊髄虚血 G951[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 内耳動脈封入体

    橋底部:脳血管障害、外傷、脱髄疾患(多発性硬化症、橋中心髄鞘崩壊など) 脳幹脳炎、Behcet病、脳腫瘍、変性疾患(オリーブ橋小脳萎縮、 歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮、Joseph病など) 4. 延髄錐体:脳血管障害、外傷、脱髄疾患、脳腫瘍、延髄空洞 5.[ibaraisikai.or.jp] ,延髄空洞〕 / 舌・咽頭・喉頭の異常の病理〔口蓋ミオクローヌス〕 18.けいれん発作 けいれん発作とは / けいれん発作の関連構造 / けいれん発作の画像〔限局性皮質異形成,結節性硬化症・皮質結節,孤発性皮質結節,滑脳症,多小脳回,片側巨脳症,内側側頭葉硬化症(海馬硬化症),スタージ-ウェーバー症候群〕 / けいれん発作の病理〔片側顔面[dear-medic.jp] 外傷:脊髄損傷、外傷後脊髄空洞 11. 腫瘍:髄内腫瘍、硬膜内髄外腫瘍、硬膜外腫瘍、neoplastic angioendotheliosis 脊髄の高位診断 (1). 延髄-頚髄移行部:大孔部(foramen magmum) 髄内・髄外病変共に非常に多彩な神経症状を呈する。 a.[ibaraisikai.or.jp]

  • 大脳基底核出血

    【考えられる病気】 進行性球麻痺、筋萎縮性側索硬化延髄空洞延髄腫瘍 球麻痺を示す典型例が進行性球麻痺、筋萎縮性側索硬化で、延髄空洞延髄腫瘍でも咽頭や舌の筋肉が萎縮し発語が困難になります。 仮性球麻痺は、脳血管障害に多くみられます。言葉が滑らかでなくなります。[azabunougeka.or.jp]

  • 尿毒症性肺炎

    G908 自律神経系障害NOS G919 水頭症(除先天性) G921 中毒性脳障害(CO) G620 中毒性脳障害(SMON) G928 中毒性脳障害NOS G931 無酸素人工呼吸脳(レスピレーター脳) G934 肝性脳症 G935 脳(幹)ヘルニア G936 脳浮腫 G937 ライ症候群 G938 放射線照射後脳症 G950 脊髄延髄空洞[pathology.or.jp]

  • グラデニーゴ症候群

    自覚症状は乏しく、舌性構音障害をきたすこともない 原因:一側性の単麻痺は延髄内側症候群、脊髄(延髄空洞、舌下神経鞘腫などに発現するがまれで、多くは腫瘍性病変による下位の他の脳神経障害を伴ったり、あるいは両側性障害として、運動ニューロン疾患、ジョセフ病、ポリオ、ギランバレー症候群などに発症する ・迷走神経麻痺 症状:咽頭の口蓋帆挙筋が一側性[nsrinko.blog43.fc2.com] 延髄空洞 延髄血管芽細胞腫 延髄梗塞 延髄腫瘍 延髄神経膠腫 延髄性うつ病 延髄性知覚消失 延髄麻痺 演技性人格障害 炎症後鼓膜穿孔 炎症後色素脱失 炎症後色素沈着 炎症性アテローム 炎症性外痔核 炎症性角化症 炎症性眼窩うっ血 炎症性歯周性のう胞 炎症性斜頚 炎症性多発性ニューロパチー 炎症性多発性関節障害 炎症性大網癒着 炎症性腸疾患[askdoctors.dousetsu.com] 脊髄(延髄空洞やWallenberg症候群では三叉神経脊髄路やその核が病変に含まれ、痛覚や温度覚が障害されるが、その他の感覚要素が保たれる(解離性感覚障害)。視床病変では異常感覚過敏 不快痛(視床痛)をきたしやすい ・舌咽神経痛 頻度は少なく1/10 数十分の一とされる。[nsrinko.blog43.fc2.com]

  • 異常感覚性大腿痛

    橋底部:脳血管障害、外傷、脱髄疾患(多発性硬化症、橋中心髄鞘崩壊など) 脳幹脳炎、Behcet病、脳腫瘍、変性疾患(オリーブ橋小脳萎縮、 歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮、Joseph病など) 4. 延髄錐体:脳血管障害、外傷、脱髄疾患、脳腫瘍、延髄空洞 5.[ibaraisikai.or.jp] 延髄空洞 ( G 95.1 ) 血管性ミエロパチ ー ( G 95.2 ) 脊髄圧迫,詳細不明 ( G 95.8 ) その他の明示された脊髄疾患 ( G 95.9 ) 脊髄疾患,詳細不明 ( G 96 ) 中枢神経系のその他の障害 ( G 96.0 ) 脳脊髄液漏 ( G 96.1 ) 髄膜の障害,他に分類されないもの ( G 96.8[ja.wikipedia.org] 外傷:脊髄損傷、外傷後脊髄空洞 11. 腫瘍:髄内腫瘍、硬膜内髄外腫瘍、硬膜外腫瘍、neoplastic angioendotheliosis 脊髄の高位診断 (1). 延髄-頚髄移行部:大孔部(foramen magmum) 髄内・髄外病変共に非常に多彩な神経症状を呈する。 a.[ibaraisikai.or.jp]

  • 二次パーキンソン症

    メインコンテンツにスキップ 裏表紙を表示 表紙を表示 サンプルを聴く 再生中... 一時停止 Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。 この画像を表示 何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。 OK 注文確定時に AmazonGlobal海外配送(プレミアム) を選択した場合、最短で 5月3日 金曜日 5月7日 火曜日 にお届け予定です。 【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元 2冊を購入する際クーポンコード 「2BOOKS」 を、3冊以上は 「MATOME」 を入力すると最大8 10%ポイント還元![…][amazon.co.jp]

  • 眼球振盪

    眼球振盪(がんきゅうしんとう、英: nystagmus、独: Nystagmus)は、自分の意思とは関係なく眼球が動く現象。病的なものと生理的なものがある。一般的には眼振(がんしん)と略して呼ぶことが多い。 眼振は眼球の不随意的往復運動で、様々な基準で分類される。 眼球の往復運動の様式を基準にする場合には、 振子様眼振(一定速度で振子のような往復運動をする)[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状