Create issue ticket

考えれる2県の原因 延髄外側症候群

  • 延髄外側症候群

    延髄外側症候 (えんずいがいそくしょうこうぐん、 英: Lateral medullary syndrome)は、 脳幹 障害のうちの一つで、 延髄 外側の梗塞によって生じる症候。通称 ワレンベルク症候 ( 独: Wallenberg-Syndrome)。[ja.wikipedia.org] これは延髄外側症候とも呼ばれ、現れる症状は多彩で小脳性運動失調や交代性感覚解離(首から上では障害側の、体幹以下では反対側の温痛覚消失があるが、触圧覚は保たれる)、前庭症状(回転性めまい、悪心、嘔吐など)、障害側のホルネル症候、構音障害、味覚障害などがあり、運動麻痺は現れない。[ja.wikipedia.org] 病態 [ 編集 ] 延髄 外側が障害されることによって下記の一連の症状を表す。 主に 椎骨動脈 ないし椎骨動脈の枝である 後下小脳動脈 の閉塞によると考えられている。 症状 [ 編集 ] 病変の広がりによって様々な症状を来す。ここでは代表的な症状について述べる。[ja.wikipedia.org]

  • 麻痺

    延髄外側症候にみられる乖離性感覚障害延髄外側症候では特徴的な感覚障害がみられる。すなわち、温痛覚障害が病変と同側の体部と反対側の顔面にみられるが、深部感覚障害は免れる。病変の高さによっては顔面と体部の交叉はみられないことがあるが、乖離性感覚障害は認められる。[ja.wikipedia.org] すなわち、延髄外側症候では交叉性感覚障害は認められないことがあるが、乖離性感覚障害は原則として認められる。 延髄内側症候群にみられる乖離性感覚障害延髄内側症候群では内側毛帯障害で病変と反対側の深部感覚は障害されるが温痛覚は保たれる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状