Create issue ticket

考えれる126県の原因 延髄外側症候群

  • 後下小脳動脈閉塞

    これは延髄外側症候とも呼ばれ、現れる症状は多彩で小脳性運動失調や交代性感覚解離(首から上では障害側の、体幹以下では反対側の温痛覚消失があるが、触圧覚は保たれる)、前庭症状(回転性めまい、悪心、嘔吐など)、障害側のホルネル症候、構音障害、味覚障害などがあり、運動麻痺は現れない。[detail.chiebukuro.yahoo.co.jp] この神経学的所見は、上述のようにPICAの延髄外側への穿通枝が栄養する領域に存在する 神経核 や神経路を考えることで理解できる。 しかし現在では、延髄外側症候はPICAのそのものの障害よりはむしろ 椎骨動脈 の障害であることが多いと考えられるようになっている [1] 。[ja.wikipedia.org] この神経学的所見は、上述のようにPICAの延髄外側への穿通枝が栄養する領域に存在する神経核や神経路を考えることで理解できる。 しかし現在では、延髄外側症候はPICAのそのものの障害よりはむしろ椎骨動脈の障害であることが多いと考えられるようになっている。 この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました![detail.chiebukuro.yahoo.co.jp]

  • 鎖骨下動脈盗血症候群

    Wallenberg症候(ワレンベルグ症候延髄外側症候) Wallenberg症候(ワレンベルグ症候延髄外側症候);その名の通り、延髄外側におこる脳梗塞。MRI画像にて一目瞭然。[nagasaki-clinic.com] 【ドクターG】 大阪医科大学附属病院 医師・鈴木富雄 【ゲスト】 石坂浩二、かたせ梨乃 延髄外側症候(えんずいがいそくしょうこうぐん) 脳の最下部に延髄という部分があります。延髄は大脳や小脳と脊髄をつなぐ中継地点で、あらゆる身体の命令伝達が通過する神経回路の幹であり、生命維持に重要なところです。[www4.nhk.or.jp]

  • 延髄外側症候群

    延髄外側症候 (えんずいがいそくしょうこうぐん、 英: Lateral medullary syndrome)は、 脳幹 障害のうちの一つで、 延髄 外側の梗塞によって生じる症候。通称 ワレンベルク症候 ( 独: Wallenberg-Syndrome)。[ja.wikipedia.org] 症候延髄外側症候)に関わるからだの部位[medley.life] 延髄外側症候、ワレンベルグ症候群… 病に倒れても、わたくし病名すら検索しやうともしなかつた。 といふのも、ベツドの中、夢の中にゐた方が心地好ひのだから。 でも、目を覚ます瞬間は確かにあつた。 最初に嘔吐物で喉を詰まらせ呼吸困難に陥つた瞬間だ。 覚めた瞬間だ、 ひとつひとつおぼへてる。[ameblo.jp]

  • 内耳動脈封入体

    この神経学的所見は、上述のようにPICAの延髄外側への穿通枝が栄養する領域に存在する 神経核 や神経路を考えることで理解できる。 しかし現在では、延髄外側症候はPICAのそのものの障害よりはむしろ 椎骨動脈 の障害であることが多いと考えられるようになっている [1] 。[ja.wikipedia.org] 2.後下小脳動脈(PICA)領域の梗塞 PICAは椎骨動脈から分岐する主要血管で、その閉塞はしばしば延髄外側梗塞(Wallenberg症候)をもたらします。 Wallenberg症候群は回転性めまいをきたす代表的脳幹梗塞ですが浮動性めまいを訴えられることも多いです。[tokushima-u.ac.jp] ,外側延髄症候,完全横断脊髄障害,脊髄半側横断障害,加齢に伴う触覚小体の変化〕 6.高次脳機能障害 高次脳機能障害とは / 高次脳機能障害の関連構造 / 高次脳機能障害の画像〔大脳皮質基底核変性症〕 / 高次脳機能障害の病理〔大脳皮質基底核変性症〕 7.認知症(痴呆) 認知症(痴呆)とは / 正常脳の加齢による形態学的変化〔脳重量と加齢,[dear-medic.jp]

  • 家族性または散在性片麻痺性片頭痛

    ワレンベルグ症候延髄外側症候) (1) 後下小脳動脈(PICA)分岐近傍の椎骨動脈(VA)の狭窄   閉塞病変による梗塞病態、最近はVA解離同定が多い。[uchimichi-cl.jp] 腰椎椎間板ヘルニア 138 第5章 脳幹・小脳・大脳の構造・機能と症候 脳幹の構造・機能と症候 松永宗雄 140 I. 延髄の構造と主な症候 140 A. 延髄の主な伝導路と神経核 140 B. 延髄障害の症候 142 1. 外側延髄症候(Wallenberg症候群) 142 2. 内側延髄症候群 143 II. [rnavi.ndl.go.jp] (4) 健康若年者でも過重運動後の一過性の本症候の発症が有る。「良性延髄外側症候」といい、原因としては先天的PICA欠損例での脱水・血球増多による一過性虚血発症病態と考えられる。 (5) 頸部マッサージにより発症する事もある。[uchimichi-cl.jp]

  • 後大脳動脈の血栓症

    この神経学的所見は、上述のようにPICAの延髄外側への穿通枝が栄養する領域に存在する 神経核 や神経路を考えることで理解できる。 しかし現在では、延髄外側症候はPICAのそのものの障害よりはむしろ 椎骨動脈 の障害であることが多いと考えられるようになっている [1] 。[ja.wikipedia.org] I663 G463 LM0Q 18 延髄外側症候 I663 F93M 19 延髄性うつ病 I663 NVE0 20 後下小脳動脈閉塞症 I663 RNP3 21 小脳卒中症候群 I663 AJAP 22 小脳動脈狭窄 I663 U30V 23 小脳動脈血栓症 I663 LTNU 24 小脳動脈塞栓症 I663 GEPG 25 小脳動脈閉塞[dis.h.u-tokyo.ac.jp] これは延髄外側症候とも呼ばれ、現れる症状は多彩で 小脳性運動失調 や交代性感覚解離(首から上では障害側の、体幹以下では反対側の温痛覚消失があるが、触圧覚は保たれる)、前庭症状( 回転性めまい 、 悪心 、 嘔吐 など)、障害側の ホルネル症候 、 構音障害 、 味覚障害 などがあり、 運動麻痺 は現れない。[ja.wikipedia.org]

  • 片側不全麻痺

    片側性 血管障害 両側性 MS、梅毒 Locked-in 症候群 橋腹側と延髄の障害 四肢麻痺、無言 意識清明、垂直眼球運動可能 延髄 Horner 症候 交感神経の麻痺 縮瞳 (瞳孔散瞳麻痺) 眼瞼下垂 (軽度) 眼球陥没 顔面、結膜の血管拡張 発汗障害 Wallenberg 症候 延髄外側の障害(延髄外側症候) 嘔吐 嚥下障害 嗄声[med.akita-u.ac.jp] 延髄外側症候にみられる乖離性感覚障害 延髄外側症候 では特徴的な感覚障害がみられる。すなわち、温痛覚障害が病変と同側の体部と反対側の顔面にみられるが、深部感覚障害は免れる。病変の高さによっては顔面と体部の交叉はみられないことがあるが、乖離性感覚障害は認められる。[ja.wikipedia.org] Horner症候群 小脳症状 同側顔面温痛覚障害 対側首から下温痛覚障害 Dejerine 症候群 延髄正中部の障害(延髄傍正中症候群) 対側運動麻痺 対側深部感覚、触覚障害 同側舌下神経麻痺[med.akita-u.ac.jp]

  • 梗塞性後大脳動脈閉塞

    I663 G463 LM0Q 18 延髄外側症候 I663 F93M 19 延髄性うつ病 I663 NVE0 20 後下小脳動脈閉塞症 I663 RNP3 21 小脳卒中症候群 I663 AJAP 22 小脳動脈狭窄 I663 U30V 23 小脳動脈血栓症 I663 LTNU 24 小脳動脈塞栓症 I663 GEPG 25 小脳動脈閉塞[dis.h.u-tokyo.ac.jp] 2.後下小脳動脈(PICA)領域の梗塞 PICAは椎骨動脈から分岐する主要血管で、その閉塞はしばしば延髄外側梗塞(Wallenberg症候)をもたらします。 Wallenberg症候群は回転性めまいをきたす代表的脳幹梗塞ですが浮動性めまいを訴えられることも多いです。[tokushima-u.ac.jp] I661 UU5K 10 前大脳動脈閉塞症 I661 PL9B 11 後大脳動脈狭窄 I662 GRRK 12 後大脳動脈血栓症 I662 PP41 13 後大脳動脈塞栓症 I662 URE4 14 後大脳動脈症候群 I662 U8LA 15 後大脳動脈閉塞症 I662 P5CC 16 視床痛 I662 G462 KD9M 17 ワレンベルグ症候[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 後大脳動脈閉塞

    I663 G463 LM0Q 18 延髄外側症候 I663 F93M 19 延髄性うつ病 I663 NVE0 20 後下小脳動脈閉塞症 I663 RNP3 21 小脳卒中症候群 I663 AJAP 22 小脳動脈狭窄 I663 U30V 23 小脳動脈血栓症 I663 LTNU 24 小脳動脈塞栓症 I663 GEPG 25 小脳動脈閉塞[dis.h.u-tokyo.ac.jp] 2.後下小脳動脈(PICA)領域の梗塞 PICAは椎骨動脈から分岐する主要血管で、その閉塞はしばしば延髄外側梗塞(Wallenberg症候)をもたらします。 Wallenberg症候群は回転性めまいをきたす代表的脳幹梗塞ですが浮動性めまいを訴えられることも多いです。[tokushima-u.ac.jp] 森崎 剛史, 足立 正, 後藤 寛之, 真砂 俊彦, 周藤豊, 中安 弘幸, 中島 健二: 一過性閉塞性排尿障害を伴った延髄外側症候の1例 鳥取医学雑誌 40: 90-93, 2012 Asai Y, Nakayasu H, Fusayasu E, Nakashima K: Moyamoya disease presenting as thalamic[pref.tottori.lg.jp]

  • 麻痺

    延髄外側症候にみられる乖離性感覚障害延髄外側症候では特徴的な感覚障害がみられる。すなわち、温痛覚障害が病変と同側の体部と反対側の顔面にみられるが、深部感覚障害は免れる。病変の高さによっては顔面と体部の交叉はみられないことがあるが、乖離性感覚障害は認められる。[ja.wikipedia.org] 延髄外側症候にみられる乖離性感覚障害 延髄外側症候 では特徴的な感覚障害がみられる。すなわち、温痛覚障害が病変と同側の体部と反対側の顔面にみられるが、深部感覚障害は免れる。病変の高さによっては顔面と体部の交叉はみられないことがあるが、乖離性感覚障害は認められる。[ja.wikipedia.org] すなわち、延髄外側症候では交叉性感覚障害は認められないことがあるが、乖離性感覚障害は原則として認められる。 延髄内側症候群にみられる乖離性感覚障害延髄内側症候群では内側毛帯障害で病変と反対側の深部感覚は障害されるが温痛覚は保たれる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状