Create issue ticket

考えれる28県の原因 幼少期の発症が報告された

  • 不安障害

    しかしながら、多くの方は用心深さや臆病さといった社会恐怖の兆候は幼少からあったことが報告されています 疫学 社会不安障害の基本的な症状は、「自分に対する他人の評価が怖い」という不安や恐怖感の心理的な問題ですが、具体的な悩みの種になるのは、不安や恐怖を感じる場面で現れる身体症状です。[sinodanomori.or.jp] 発症年齢は、他の不安障害と比較すると低年齢で発症する傾向があり、10代半ばが一番多く、大多数のケースにおいて、20代前半までに発症すると言われています。[sinodanomori.or.jp]

  • 混合性不安抑うつ状態

    幼少に親を失った方は気分障害の発症率が高いという報告がされており、親の養育やかかわり方は双極性障害の要因として大きく関係していると思われます。 幼少のストレスは、ストレスに対する弱さ(脆弱性)につながってしまうことがわかってきており、幼少期に十分な愛情を受けて育つことが重要と言われています。とくに母親との関係性は非常に重要です。[cocoromi-cl.jp]

  • 潜在性悪性腫瘍

    Miyauchi A, Matsuzuka F, Kuma K, Takai S: World J Surg 14: 400-405, 1990. 43例の急性化膿性甲状腺炎を報告。74%で幼少発症、40:3と左側が多く、再発が高率。咽頭食道透視で38人に瘻孔を認めた。手術を辞退した16人中の6人で炎症が再発。[kuma-h.or.jp]

  • 反応性気道疾患

    されている.禁煙はこのステロイド耐性を解除する.幼少発症した喘息患者が喫煙を続けると慢性閉塞性肺疾患(COPD)を併存してくるが,長期喫煙COPD患者で40歳以降に喘息が発症してくることもあり,予後不良である.[saishin-igaku.co.jp] 喘息重症化因子 4.喫煙(Asthma-COPD Overlap) 柴田 陽光* * 山形大学医学部附属病院第一内科 病院教授 要 旨 喘息患者においても喫煙率は高い.喫煙は喘息発症のリスクを高め,喫煙継続で呼吸機能が悪化し,治療コントロール不良となる.喫煙喘息患者ではステロイド耐性が生じているが,機序としてヒストン脱アセチル化酵素抑制などが報告[saishin-igaku.co.jp]

  • ネフローゼ症候群

    若年層(特に幼少では男子)に多く発症するが、30代の男女の発症例も多数報告されている。 ネフローゼ症候群は、原発性糸球体疾患に起因する一次性ネフローゼ症候群と続発性糸球体疾患による二次性ネフローゼ症候群に分類される。[ja.wikipedia.org]

  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

    されている.禁煙はこのステロイド耐性を解除する.幼少発症した喘息患者が喫煙を続けると慢性閉塞性肺疾患(COPD)を併存してくるが,長期喫煙COPD患者で40歳以降に喘息が発症してくることもあり,予後不良である.[saishin-igaku.co.jp] 喘息重症化因子 4.喫煙(Asthma-COPD Overlap) 柴田 陽光* * 山形大学医学部附属病院第一内科 病院教授 要 旨 喘息患者においても喫煙率は高い.喫煙は喘息発症のリスクを高め,喫煙継続で呼吸機能が悪化し,治療コントロール不良となる.喫煙喘息患者ではステロイド耐性が生じているが,機序としてヒストン脱アセチル化酵素抑制などが報告[saishin-igaku.co.jp]

  • 早期呼吸不全がある遺伝性近位筋ミオパチー

    成人型( adult onset form ) ネマリンミオパチー、ミオチュブラーミオパチー(中心核病)での報告があります。良性先天型で幼少にはきわめて症状が乏しく、成人になって急性増悪したものと、成人発症の2型があると考えられています。成人発症のものは病理所見だけで診断されていますので、良性先天型のような遺伝性はないのでしょう。[jmda.or.jp]

  • ミオパチー

    成人型( adult onset form ) ネマリンミオパチー、ミオチュブラーミオパチー(中心核病)での報告があります。良性先天型で幼少にはきわめて症状が乏しく、成人になって急性増悪したものと、成人発症の2型があると考えられています。成人発症のものは病理所見だけで診断されていますので、良性先天型のような遺伝性はないのでしょう。[jmda.or.jp]

  • ネマリン筋障害

    成人型( adult onset form ) ネマリンミオパチー、ミオチュブラーミオパチー(中心核病)での報告があります。良性先天型で幼少にはきわめて症状が乏しく、成人になって急性増悪したものと、成人発症の2型があると考えられています。成人発症のものは病理所見だけで診断されていますので、良性先天型のような遺伝性はないのでしょう。[jmda.or.jp]

  • 常染色体劣性中心核病

    成人型( adult onset form ) ネマリンミオパチー、ミオチュブラーミオパチー(中心核病)での報告があります。良性先天型で幼少にはきわめて症状が乏しく、成人になって急性増悪したものと、成人発症の2型があると考えられています。成人発症のものは病理所見だけで診断されていますので、良性先天型のような遺伝性はないのでしょう。[jmda.or.jp]

さらなる症状