Create issue ticket

考えれる339県の原因 幼少時または早期小児期に視神経萎縮症発

Showing results for: 幼少時または早期小児期に視神経萎縮症発
Search instead for: 幼少時または早期小児期に視神経萎縮症発症

  • ビタミンD欠乏症

    おじいさんの山小屋は、平地など無いアルプス山中にあり、岩がゴロゴロする危険な環境(写真参照)ですが、短期間で骨密度、萎縮した筋肉を回復させるには絶好のリハビリ環境です(と言っても、TVアニメの様な、生易しいリハビリ(写真参照)では到底無理です、ブラックジャックが幼少、本間医師の奇跡のオペの後、やっと立ち上がれるようになったエピソードの方が[nagasaki-clinic.com]

  • 扁桃炎

    アメリカでは幼少に積極的に手術治療を行い除去することが慣習となっている。 扁桃膿瘍の場合は、膿汁の排泄が目的となる。膿瘍がどこにあるか、どのような状態であるかを考慮したうえで、注射針で穿刺吸引する場合と、局所麻酔後にメスで切開する場合とがある。 レンサ球菌[ja.wikipedia.org]

  • グランツマン血小板無力症

    症状としては、幼少より鼻や歯肉からの出血、女性においては月経出血の増加など、皮膚粘膜出血が主で、ほかの血液凝固障害でよくみられる関節内出血は一般には認められない。日本においては、児童福祉法に定める小児慢性特定疾病に指定されている。[ja.wikipedia.org]

  • 性腺機能低下症

    […] [email protected] 893 病弱名無しさん 2010/07/16(金) 21:41:33 ID:9EZIJnJ80 幼少に発見、治療を始めるが20歳 30歳まで治療中断(嫌になったため) 骨折を期に治療再開、現在に至る。 現在39歳既婚、嫁さんに自分の病気の事をカミングアウトするのは勇気がいりました。[2ch.live]

  • 花粉症

    幼少における感染症が減ったためにアレルギーを起こしやすい体質になっているのではないかという説については、この仕組みが関与していると考えられている。成長期において細胞性免疫を獲得する機会が減っているため、おのずとTh1よりTh2が優位になる人が多く、アレルギー人口が増えたというものである。[ja.wikipedia.org]

  • 神経症性障害

    成人のパニック障害の患者の幼少を聴取すると、この症例に類似した症状がしばしば明らかになります。ですから、パニック障害発症前に十分に長期間、維持療法をすることが大切です。多くの専門医は小児に向精神薬を用いることに慎重ですが、筆者の経験では大きな支陣はありません。[fuanclinic.com] パニック障害は幼少に分離不安があった人が多く、またパニック障害の子どもにも分離不安障害が多いという報告があります。 3.特定の恐怖症 ある特定の対象または状況(例:暗所、高所、閉所、動物、注射、血を見ること)に対して、過剰に恐怖感を持続的に持つ状態です。ヘビとか視線などに対してヒトは本能的な恐怖を持つこともわかっています。[fuanclinic.com]

  • 網膜色素変性症

    サブタイプ 病因 遺伝性疾患(常染色体劣性遺伝、常染色体優性遺伝、その他) 性差 なし 発病年齢 幼少が多い 予後 幼少の発症では中年(40歳代)で高度の視覚障害が生じるが、成人してからの発症では晩年まで視覚機能が維持される 生存率 生命の危険はない。[nivr.jeed.or.jp] 幼少に既に視力低下などをきたしている場合は30、40代で失明する例もあるが、高齢になるまで視力を保っている例もある。発症から40年間位までは約60%が視力0.2以上を保っている。長い経過の後、社会的失明(視力0.1以下)になる例は多いが、医学的失明(暗黒)になる例は少ない(アメリカのある統計によると0.5%)。[ja.wikipedia.org] 人によって進行には差があり、幼少にすでに発病している重症の場合は30代、40代のうちに光を失ってしまうこともありますが、80歳になっても実用的な視力を保っている人もいます。 遺伝的な視細胞の変化が原因 この病気の発病頻度は、人口3,000 8,000人に1人の割合で、ほとんどが遺伝による発病です。[skk-net.com]

  • アルツハイマー病

    幼少からの動物好きが高じて獣医病理学者となった先生が最近少し憂えているのは、ネコブームの一方で、解剖をさせてくれる飼い主が減っていること。大切な家族の一員を丁重に見送りたいという気持ちは当然です。しかし、覚悟を持って病理を調べさせてくれる飼い主が増えれば、動物の医療に役立つのもまた確かです。[u-tokyo.ac.jp]

  • 中耳炎

    ドクターより 幼少に中耳炎を繰り返して最近耳だれが出始めた方や、耳だれは出ていないが昔中耳炎をやって聞こえが悪いままの方は、慢性中耳炎のことがありますので一度受診することをお勧めします。 真珠腫中耳炎 原 因 原因は不明ですが、中耳炎を繰り返しているうちに真珠腫ができるケースが多いです。また、先天的に存在していることもあります。[nomura-jibika.com]

  • 心律動異常

    つまり、 幼少のけいれん性発作の抑制が重要 である可能性があります。 (注:けいれんの少ない人は、けいれんが少ないから知能がいいのではなく、もともとのてんかんの程度が軽いのでけいれんがすくなくて知能もいい、という可能性も十分に考えられ、その場合はけいれん治療の良し悪しが知能予後に大きな影響を与えない可能性もあります)。[dravetsyndromejp.org] 利き手・・・幼少に矯正したことはないか? てんかんを診断するための検査には、ビデオ-脳波モニタリング(図4、5)、MRI(図6)、PET(図7)やSPECTといった核医学検査、神経心理学的検査などがあります。なかでも重要なのが、発作時の患者の様子と脳波とを同時に記録できるビデオ-脳波モニタリングです。[asanogawa-gh.or.jp]

さらなる症状

類似した症状