Create issue ticket

考えれる9県の原因 幼児期の視力低下

  • 結節性硬化症

    しかしまれに増大して網膜剥離(網膜が破れて視力低下する疾患)や硝子体出血(出血によって視力低下を招くことがある)などの合併症を伴う場合があります。 早期幼児頃から表出するといわれていて、年を重ねるごとに出現頻度が高くなる傾向があります。[h-navi.jp]

  • 中心窩網膜分離

    幼児に始まって徐々に進行し視野狭窄を伴い末期には視力低下します。もう1つは非進行性先天性夜盲症です。幼児から夜盲症があっても進行せず明るい所での視力や視野は一生正常です。原因は不明ですが遺伝傾向があり血族結婚の家系によくみられます。[adachi-eye-clinic.com]

  • 小口病

    1つは、幼児に始まって、徐々に進行し、視野狭窄をともなって、末期には視力低下する 網膜色素変性症 や白点状網膜症などです。 もう1つは、幼児から夜盲症があっても、進行せず、明るいところでの視力や視野は一生正常な、小口病や眼底白点症などです。 原因は不明ですが、遺伝傾向があり、血族結婚の家系によくみられます。[shec-moumaku.com] 1つは、幼児に始まって、徐々に進行し、視野狭窄をともなって、末期には視力低下する網膜色素変性症や白点状網膜症などです。もう1つは、幼児から夜盲症があっても、進行せず、明るいところでの視力や視野は一生正常な、小口病や眼底白点症などです。原因は不明ですが、遺伝傾向があり、血族結婚の家系によくみられます。[ikec.jp] 1つは、幼児に始まって、徐々に進行し、視野狭窄をともなって、末期には視力低下する 網膜色素変性症 や白点状網膜症などです。もう1つは、幼児から夜盲症があっても、進行せず、明るいところでの視力や視野は一生正常な、小口病や眼底白点症などです。原因は不明ですが、遺伝傾向があり、血族結婚の家系によくみられます。[shec.jp]

  • 先天性停止性夜盲症

    夜盲以外にも視野が狭くなる視野狭窄(しやきょうさく)や視力低下などの視覚障害もみられる遺伝性の難病です。 先天性非進行性夜盲症 幼児に夜盲症があっても、進行せず視力や視野に異常はきたしません。 暗いところ以外では普通に日常生活を送ることができます。[news.livedoor.com] 視野の中心部の感度が低下し、視力が悪くなる症例もおられます。 一方、先天性停止性夜盲症では、幼児から夜盲症があるものの進行はなく、暗い所以外ではほぼ普通の日常生活を送ることができます。 前述の網膜色素変性症と比べると頻度は少なく、まれな疾患です。 後天性夜盲症が生じる代表的な疾患はビタミンA欠乏症です。[hikichi-eye.jp]

  • 前頭縫合骨癒合

    幼児には、頭蓋内圧亢進に伴う頭痛、視力低下、言葉の遅れや多動症などがきっかけになる事もあります。さらに学童期になると精神運動発達障害を伴う場合があります。 「向き癖」や「扁平頭」との違いは 乳幼児の頭の形の左右差や出っ張り、凹みが気になることがあります。[h-ns.net]

  • 先天性小瞳孔

    幼児に始まって徐々に進行し視野狭窄を伴い末期には視力低下します。もう1つは非進行性先天性夜盲症です。幼児から夜盲症があっても進行せず明るい所での視力や視野は一生正常です。原因は不明ですが遺伝傾向があり血族結婚の家系によくみられます。[adachi-eye-clinic.com]

  • 眼瞼母斑

    の原因となるために、幼児での手術が必要です。[okb-clinic.com] びきっている) 弛緩した瞼の皮膚(まぶたの皮膚がゆるんで垂れ下がる) 弛緩した眼輪筋※2(まぶたを閉じる筋肉がゆるんで垂れ下がる) ※1 眼瞼挙筋:まぶたを開く筋 ※2 眼輪筋:まぶたを閉じる筋 眼瞼下垂症の分類 先天性: 生まれながらに症状が認められる 後天性: 出生後に症状が現れる 先天性眼瞼下垂症は眼瞼挙筋発育不全によることが多く、放置すると視力低下[okb-clinic.com]

  • 結節性硬化症 2型

    しかしまれに増大して網膜剥離(網膜が破れて視力低下する疾患)や硝子体出血(出血によって視力低下を招くことがある)などの合併症を伴う場合があります。 早期幼児頃から表出するといわれていて、年を重ねるごとに出現頻度が高くなる傾向があります。[h-navi.jp]

  • 鼻眼瞼脂肪腫 - コロボーマ - 眼角隔離症症候群

    3.症状 徐々に進行する両眼の視力低下、色覚異常、中心視野異常、羞明。自覚症状の出現時期は、幼児 から中高年期までと幅広い。 4.治療法 治療法はない。 5.予後 次第に視力低下が進行し、矯正視力が 0.1 以下となることも多い。このため、特に書字・識字に おいて著しい困難を生じるが、周辺視野は保たれるため完全な失明には至らない*。[upslide.site]

さらなる症状