Create issue ticket

考えれる5県の原因 幼児期の視力低下

  • 結節性硬化症

    しかしまれに増大して網膜剥離(網膜が破れて視力低下する疾患)や硝子体出血(出血によって視力低下を招くことがある)などの合併症を伴う場合があります。 早期幼児頃から表出するといわれていて、年を重ねるごとに出現頻度が高くなる傾向があります。[h-navi.jp]

  • 小口病

    1つは、幼児に始まって、徐々に進行し、視野狭窄をともなって、末期には視力低下する 網膜色素変性症 や白点状網膜症などです。もう1つは、幼児から夜盲症があっても、進行せず、明るいところでの視力や視野は一生正常な、小口病や眼底白点症などです。原因は不明ですが、遺伝傾向があり、血族結婚の家系によくみられます。[shec.jp]

  • 前頭縫合骨癒合

    幼児には、頭蓋内圧亢進に伴う頭痛、視力低下、言葉の遅れや多動症などがきっかけになる事もあります。さらに学童期になると精神運動発達障害を伴う場合があります。 「向き癖」や「扁平頭」との違いは 乳幼児の頭の形の左右差や出っ張り、凹みが気になることがあります。[h-ns.net]

  • 眼瞼母斑

    の原因となるために、幼児での手術が必要です。[okb-clinic.com] びきっている) 弛緩した瞼の皮膚(まぶたの皮膚がゆるんで垂れ下がる) 弛緩した眼輪筋※2(まぶたを閉じる筋肉がゆるんで垂れ下がる) ※1 眼瞼挙筋:まぶたを開く筋 ※2 眼輪筋:まぶたを閉じる筋 眼瞼下垂症の分類 先天性: 生まれながらに症状が認められる 後天性: 出生後に症状が現れる 先天性眼瞼下垂症は眼瞼挙筋発育不全によることが多く、放置すると視力低下[okb-clinic.com]

  • 結節性硬化症 2型

    しかしまれに増大して網膜剥離(網膜が破れて視力低下する疾患)や硝子体出血(出血によって視力低下を招くことがある)などの合併症を伴う場合があります。 早期幼児頃から表出するといわれていて、年を重ねるごとに出現頻度が高くなる傾向があります。[h-navi.jp]

さらなる症状