Create issue ticket

考えれる10県の原因 幼児の近視

  • 急性眼内炎

    ・ 病的近視 遺伝、環境などの影響などにより、小学生から中学生の時期に始まる近視幼児期から症状が始まり進行する場合があります。メガネをかけてもあまりよく見えるようにはなりません。 また、目に少し衝撃を与えただけで、網膜の中心部が萎縮したり、網膜剥離などの症状が起こりやすいのが特徴です。[yamamotoganka.net]

  • 偏位水晶体

    幼児期の最大視力(矯正含む)が一生の視力となるからです。 生活スタイルの改善 眼に症状がない方でも大抵の方は高度近視であり乱視である方が多いのが事実です。眼に良いとされる食品を取ることは視力にとっても眼にとっても良いことなのでお薦めします。ブルーベリー・ブロッコリー等。 検診 成人例では40代以上になると水晶体偏位例が減少します。[marfan.gr.jp]

  • 強度近視-聴覚神経消失症候群

    幼児期/学童期 身体的特徴 SMSの顔貌は幼児期よりも認識されるようになり、行動面での表現型が出現する。斜視、進行性近視、虹彩異常、小角膜を含む眼球異常が通常認められ、年齢とともに進行する可能性がある。通常は、軽度から中程度の側弯症は胸椎中部に最も多く、4歳以上の患者の約60%に見られる。椎骨異常はほとんど見られない。[grj.umin.jp]

  • 強膜軟化症

    […] n 幼児期に始まる近視、網膜硝子体変性、網膜剥離による失明 n 白内障、先天性難聴、口蓋裂、脊椎骨端形成異常。 n 特徴的な顔貌:小顎 (micrognathia, brachygnathia) 、抑圧された鼻橋、長い媚薬と突出した目、しばしばロビン症候群 の特徴を示す。 n 若干の症例で精神遅滞がある。[yamamotoganka1.com]

  • 水晶体の障害

    矯正方法 近視の矯正とは反対の、凸レンズの眼鏡などで屈折率を強め、矯正します。 遠視と弱視、緑内障の関係 幼児期は眼球も小さく眼軸長が短いため、遠視であることがふつうですが、その程度が強い場合に放置していると、弱視の原因になります。また成人では、緑内障(閉塞隅角緑内障)になりやすい傾向があります。[skk-net.com] 老眼は、近視や遠視、乱視などの屈折異常に対して調節異常と呼ばれます。水晶体の調節力は、実際には幼児期から少しずつ衰え始めているのですが、それが自覚症状となって現れるのは、40歳過ぎごろからです。 矯正方法 調節力が低下すると、近くを見るときに、遠視と同じような状態になります。遠視の場合と同じ凸レンズによって、視力を矯正できます。[skk-net.com]

  • スミス・マゲニス症候群

    幼児期/学童期 身体的特徴 SMSの顔貌は幼児期よりも認識されるようになり、行動面での表現型が出現する。斜視、進行性近視、虹彩異常、小角膜を含む眼球異常が通常認められ、年齢とともに進行する可能性がある。通常は、軽度から中程度の側弯症は胸椎中部に最も多く、4歳以上の患者の約60%に見られる。椎骨異常はほとんど見られない。[grj.umin.jp]

  • 常染色体優性精神遅滞 5

    […] n 幼児期に始まる近視、網膜硝子体変性、網膜剥離による失明 n 白内障、先天性難聴、口蓋裂、脊椎骨端形成異常。 n 特徴的な顔貌:小顎 (micrognathia, brachygnathia) 、抑圧された鼻橋、長い媚薬と突出した目、しばしばロビン症候群 の特徴を示す。 n 若干の症例で精神遅滞がある。[yamamotoganka1.com]

  • 皮膚形成不全 - 近視症候群

    […] n 幼児期に始まる近視、網膜硝子体変性、網膜剥離による失明 n 白内障、先天性難聴、口蓋裂、脊椎骨端形成異常。 n 特徴的な顔貌:小顎 (micrognathia, brachygnathia) 、抑圧された鼻橋、長い媚薬と突出した目、しばしばロビン症候群 の特徴を示す。 n 若干の症例で精神遅滞がある。[yamamotoganka1.com]

  • 先天性小瞳孔

    単純近視とよばれるものは、多くは小学校などの在学中に発症します。大部分がこの種類です。一方、病的近視は、幼児のときから始まり、めがねをかけてもあまり効果がみられず、網膜剥離や眼底出血を起こしやすい病気です。 治療 眼鏡、コンタクト、オルソケラトロジーなどで見やすくしますが、軽度の近視で日常生活に支障がなければ必要ありません。[sekiya-ganka.com]

  • 指短縮多指症と脛骨無形成/発育不全

    屈折異常(多くは近視)は、幼児期からめがねによる矯正の適応となります。逆まつげがあると角膜が傷ついて羞明を訴えます。 年長者の網膜の機能不全については、網膜電位図など電気生理学的検査も必要です。視野検査も必要になることがあります。 ④ 呼吸 閉塞性睡眠時無呼吸症候群が問題になることがあります。ポリソムノグラフィーも必要があれば行います。[2st.jp]

さらなる症状