Create issue ticket

考えれる129県の原因 幼児の下痢

  • サルモネラ感染症

    2002年6月、血液の混じった下痢と発熱、腹痛が見られた生後21ヶ月の幼児がコネチカット州のある病院に入院しました。幼児は翌日に退院しました。幼児の血液と便からは、 Salmonella Poona というサルモネラが分離されました。[city.yokohama.lg.jp] 幼児の6歳の兄も血液の混じった下痢と発熱があり、便から、 Salmonella Poona が分離されました。兄弟の家では約一ヶ月前にイグアナを購入していました。発病の二日前に兄弟はイグアナの檻を掃除しイグアナに触っていました。イグアナの便から、 SalmonellaPoona が分離されました。[city.yokohama.lg.jp]

  • 幼児の下痢

    いざというときに適切な対応ができるように、子どもの下痢の原因や受診の目安、ホームケアのポイントを小児科の先生に聞きました。 幼児下痢の原因は? 胃腸炎などの病気や食物アレルギーなどさまざまな原因が考えられます うんちの状態(やわらかさや色など)、量や回数は個人差が大きいものです。[woman.excite.co.jp] ロタウイルスの名前は一般にはそれほど知られていないが,米国や日本でも新生児から幼児期の子どものほとんどがこのウイルスに感染する。症状は下痢と嘔吐(おうと)だ。 下痢は重症になる場合が多く,治療せずに放置すると,脱水症状を起こして死に至ることもある。世界中で,ロタウイルスは毎年約60万人の子どもの命を奪っている。[nikkei-science.com] 下痢をしたときには、うんちの色や状態、回数、量などが「ふだんとどう違うか」をよく観察し、下痢以外の症状(熱や嘔吐など)や子供の様子(機嫌や食欲など)も、注意してよくみることが大切です。 幼児下痢をしたときに疑われる病気は? 突然の下痢と嘔吐から始まる「ウイルス性胃腸炎」 子どもの下痢の原因としてもっとも多い病気です。[woman.excite.co.jp]

  • 上気道感染症

    下痢 ⑦ 胸部X線写真異常 ⑧ 白血球増多(乳児12,000, 幼児10,000/mm3 以上) ⑨ かぜの既往(入院前2週間以内) ⑩ 年齢因子(生後6ヶ月未満) 0 2点:健常群、3 4点:境界群、5点以上:危険群 感染症の登園・登校に関する基準 分類 病名 登園・登校の目安 第1種 コレラ 赤痢 腸チフスなど 治癒するまで 第2種[www2.nms.ac.jp] 11 風疹、水痘、おたふくかぜワクチン添付文書にも同様の記載 *インフルエンザについて 感染力は発症から3 7日間 登園・登校の基準:解熱後2日経過するまで かぜスコア 7 項目(各1点) ① 鼻閉・鼻汁・くしゃみ ② 咽頭発赤・扁桃腫脹 ③ 咳嗽・喀痰・さ声 ④ 呼吸音異常 ⑤ 発熱(乳児38.0, 幼児37.5 以上) ⑥ 食思不振・嘔吐[www2.nms.ac.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    下痢 ⑦ 胸部X線写真異常 ⑧ 白血球増多(乳児12,000, 幼児10,000/mm3 以上) ⑨ かぜの既往(入院前2週間以内) ⑩ 年齢因子(生後6ヶ月未満) 0 2点:健常群、3 4点:境界群、5点以上:危険群 感染症の登園・登校に関する基準 分類 病名 登園・登校の目安 第1種 コレラ 赤痢 腸チフスなど 治癒するまで 第2種[www2.nms.ac.jp] 11 風疹、水痘、おたふくかぜワクチン添付文書にも同様の記載 *インフルエンザについて 感染力は発症から3 7日間 登園・登校の基準:解熱後2日経過するまで かぜスコア 7 項目(各1点) ① 鼻閉・鼻汁・くしゃみ ② 咽頭発赤・扁桃腫脹 ③ 咳嗽・喀痰・さ声 ④ 呼吸音異常 ⑤ 発熱(乳児38.0, 幼児37.5 以上) ⑥ 食思不振・嘔吐[www2.nms.ac.jp]

  • 尿路感染症

    下痢をしていてうんちがべったりついている時は、シャワーできれいに洗い流してあげるといいでしょう。 幼児期 幼児期になっておしっこを我慢すると、尿路感染症にかかりやすくなります。 オムツをしなくなったら、おしっこを我慢しないように習慣づけてあげましょう。[yuri-clinic.com]

  • 大腸菌

    大部分の健康な成人の持っている株では下痢を起こす程度で何の症状も示さないものがほとんどであるが、幼児や病気などによって衰弱している者、あるいはある種の薬物を服用している者などでは、特殊な株が病気を引き起こすことがあり、時として死亡に至ることもある。 大腸菌の株の中でも特に強い病原性を示すものは病原性大腸菌とよばれる。[ja.wikipedia.org]

  • 産褥期

    幼児の発熱3か月以後の乳児から3歳頃の発熱は救急外来では非常に多い主訴である。注意深く身体所見をとったとしても30%程度は熱源不明となってしまう。その場合は潜在性菌血症、尿路感染症、潜在性肺炎、悪性腫瘍や膠原病が考えられる。特に前二者は抗菌薬による治療にて早期介入可能なことから注意深い診察が必要となる。[ja.wikipedia.org] 周産期抗菌薬投与歴なし、原因不明の黄疸に対する治療歴なし 現在あるいは最近の抗菌薬投与なし、入院歴なし、慢性疾患あるいは基礎疾患なし 母親より長期の産科入院歴なし 皮膚、軟部組織、骨、関節、耳に感染兆候なし 検査所見 末梢血白血球数5,000 15,000/μL 桿状核球数 1,500/μL 尿沈渣白血球数 10/hpf 便塗抹白血球数 5/hpf(下痢[ja.wikipedia.org]

  • 出生

    幼児の発熱3か月以後の乳児から3歳頃の発熱は救急外来では非常に多い主訴である。注意深く身体所見をとったとしても30%程度は熱源不明となってしまう。その場合は潜在性菌血症、尿路感染症、潜在性肺炎、悪性腫瘍や膠原病が考えられる。特に前二者は抗菌薬による治療にて早期介入可能なことから注意深い診察が必要となる。[ja.wikipedia.org] 周産期抗菌薬投与歴なし、原因不明の黄疸に対する治療歴なし 現在あるいは最近の抗菌薬投与なし、入院歴なし、慢性疾患あるいは基礎疾患なし 母親より長期の産科入院歴なし 皮膚、軟部組織、骨、関節、耳に感染兆候なし 検査所見 末梢血白血球数5,000 15,000/μL 桿状核球数 1,500/μL 尿沈渣白血球数 10/hpf 便塗抹白血球数 5/hpf(下痢[ja.wikipedia.org]

  • インフルエンザ

    注意点 インフルエンザ様疾患の症状としては,発熱,倦怠感,食欲不振,咳などの他,鼻水,咽頭痛,吐気,嘔吐や下痢などが考えられます。 幼児,児童生徒及び教職員へのインフルエンザ感染予防策の周知徹底並びに健康状態の把握による発熱,咳等の症状のある者の早期発見に努めてください。[pref.miyagi.jp]

  • 心律動異常

    小児等への投与 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。 過量投与 本剤の過量投与により、嘔気、嘔吐、下痢、粘膜炎、消化管刺激・出血、骨髄抑制等があらわれることがある。このような場合には、症状に応じて一般的な対症療法を行うこと。[kegg.jp] (小児等への投与) 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。 (過量投与) 本剤の過量投与により、嘔気、嘔吐、下痢、粘膜炎、消化管刺激・消化管出血、骨髄抑制等が現れることがあるので、このような場合には、症状に応じて一般的な対症療法を行う。[medical.nikkeibp.co.jp]

さらなる症状