Create issue ticket

考えれる317県の原因 幻視, 第2全身化の部分分泌

  • てんかん

    異昧・異臭を感覚したり、まれには幻視を体験することもあります。 正確にオーラの内容を覚えていることができるなら、それを医師にいえば、最初に発作が起こる脳の部位を特定する手がかりになるので、重要な診断上のインフォメーションとなります。[ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp] このページの一番上へ戻る 発作の進展 図9 後頭葉発作の進展 後頭葉で発生した異常放電は視覚発作,眼球偏位、強制閉眼、眼瞼のピクツキをもたらすが、前方の側頭葉に異常放電が広がっていくと、幻視、意識消失、自動症が出現し、前上方の前頭葉、頭頂葉に拡がると、非対称性強直姿勢、片側間代けいれん、焦点性要素性感覚発作が生ずる。[aoitori-center.com]

  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • せん妄

    日中眠ってしまい夜間眠れないことが多く、とくに夜間は実在しない者(物)が見えたり(幻視)、 ちぐはぐで、まとまりのない言動や徘徊がひどくなります。 せん妄の治療 せん妄は高齢者においてはよく見られる病状でありますが、現在「確実に治せる治療法(確立した治療法)」はありません。しかし、まったく治療が出来ないわけではありません。[kishiro-mental.jp] あるいは、全身が大きく震える「振戦」、自分がどこにいるのかがわからなくなる「失見当識」、幻視や幻聴などです。本格的な症状が表れる前に、前駆症状が見られることがあります。典型的な例では、不眠、振戦、そして恐怖です。けいれんが先に表れることもあります。また、症状の古典的な三徴候として、意識混濁と錯乱、生き生きとした幻覚と錯覚。[heartclinic-machida.com] 表1:せん妄の症状 1.睡眠-覚醒リズムの障害 不眠、生活のリズムの昼夜逆転、覚醒している時は半分眠っているような、寝ぼけた状態となり、睡眠中は落ち着きがなく良く動きます 2.幻覚・妄想 実際にはいない虫・蛇などの小動物や人が見える幻視や恐ろしい幻覚、記憶や経験を本来の出来事とは違って解釈してしまう妄想などがみられます 3.見当識・記憶障害[tyojyu.or.jp]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 急性アンフェタミン中毒

    幻視(げんし)、幻触(げんしょく)、幻嗅(げんきゅう)、関係妄想(かんけいもうそう)、錯覚などが現われ、統合失調症とまちがわれることもあります。 [治療] 初期治療(「 医師が行なう中毒の初期治療 」)の胃洗浄、吸着剤や下剤の使用、強制利尿(きょうせいりにょう)や血液浄化を行ないます。[kotobank.jp] そのうち、慢性的な精神症状として、幻覚や幻聴、幻視、幻臭など五感に異常が現れます。続いて妄想、不安、不眠、鬱へと移行していきます。また、この頃になると、覚せい剤を摂取していないにもかかわらず、そのときと同様の感覚がよみがえったり、禁断症状のように突然不安感や幻覚に襲われるようにもなります。[police.pref.chiba.jp] また、 20 歳を過ぎてもなお、有機溶剤の乱用・依存から脱却できないで、精神病院を受診する有機溶剤依存者の中には、幻視・幻聴等を有する 「有機溶剤精神病」 を発症しているものも少なくありませんでした。[hiroshima.med.or.jp]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 内因性うつ病

    書誌事項 内因性うつ病からの回復 : 精神科医が自ら綴る症例報告 田中恒孝著 日本評論社, 2014.9 タイトル読み ナイインセイ ウツビョウ カラノ カイフク : セイシンカイ ガ ミズカラ ツズル ショウレイ ホウコク 内容説明・目次 内容説明 信州に生まれ育った一精神科医が語る詳細きわまる闘病体験・症例報告書! 目次 第1部 一精神科医の自分史 第2部 内因性うつ病で気づいたこと(内因性うつ病の生気悲哀;制止・仮性認知症・微小妄想について;うつ病と自殺企図;内因性うつ病時の病識) 第3部 内因性うつ病の疾病開示と職場復帰[…][ci.nii.ac.jp]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 脳震盪

    2017年6月24日(土) 等々力に衝撃が走った。前半17分のことだ。 川崎FのFK。中村憲剛が横にチョンと出し、大島僚太が強烈なミドルシュートを打ちこむ。ブロックしようと身体を張ったのは、広島の闘将・ 柏好文(写真) だ。彼はどんな時でも、絶対に逃げない。大島の唸りを上げる剛球に対して真っ正面から挑んだ。その結果、ボールは彼のアゴからこめかみ部分を直撃する。[…][jsgoal.jp]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 側頭葉てんかん

    異昧・異臭を感覚したり、まれには幻視を体験することもあります。 正確にオーラの内容を覚えていることができるなら、それを医師にいえば、最初に発作が起こる脳の部位を特定する手がかりになるので、重要な診断上のインフォメーションとなります。[ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 一過性脳虚血発作

    一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ、Transient ischemic attacks:TIA) (以下TIAと略す) とは、脳血管疾患の一つであり、脳の循環障害により起こる一過性の神経症状を指す。 24時間以内に一旦完全に消失する特徴を持ち、また繰り返し起こることで脳梗塞を併発する恐れがあるので、脳梗塞の危険信号と考えられている。脳卒中治療ガイドライン2009によれば、TIA発症後90日以内に脳梗塞を起こす可能性は15ないし20パーセント、そのうち48時間以内の発症は約半数である (48時間以内の脳梗塞への移行は5%程度、数ヶ月以内の移行は20[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 精神疾患

    被害妄想や幻視、夜間の興奮などの症状を伴う場合もあります。 〈パーソナリティ障害〉 著しい性格の偏りによって、物事の受け取り方や対人関係の取り方、感情や衝動性のコントロールの障害が見られます。本人や周囲の人々に苦痛や困難をもたらしがちです。[fukushihoken.metro.tokyo.jp] 私どもの研究で、精神科的既往がない高齢者において視力低下や聴力低下が進むことで音楽性幻聴や幻視が生じること、視力や聴力を矯正することで少なくともその一部は改善することを確かめております。したがって、加齢に伴う感覚器の機能低下と幻覚が関連しています。[med.oita-u.ac.jp] これは、日本における障害者や幻視者の作品が紹介され、小笹逸男、草間彌生(くさまやよい)、古賀春江、坂上チユキ、福村惣太夫、山下清、吉川敏明、渡辺金蔵の作品が展示された。1995年には日本でエイブル・アートが提唱され、各地の福祉施設での活動が連携して大々的に展覧会が開催されるようになる。 精神疾患の治療などへの社会的支援がある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 第2全身化の部分分泌

さらなる症状

類似した症状