Create issue ticket

考えれる703県の原因 平衡障害

  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症(こつそしょうしょう、骨粗しょう症、osteoporosis)とは、後天的に発生した骨密度の低下または骨質の劣化により骨強度が低下し、骨折しやすくなる疾患あるいはその状態を指す。 骨粗しょう症のほとんどを占める老化に伴う原発性骨粗鬆症と、続発性骨粗鬆症とがある。後者は疾患、特にステロイドの様な医薬品など薬物、栄養などによる二次的なものである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 心不全

    ホーム 循環器病あれこれ [7] 心不全 「知っておきたい循環器病あれこれ」は、「公益財団法人 循環器病研究振興財団」が循環器病に関する最新情報を分かりやすく解説した発行物を、国立循環器病研究センターが許可を得てHTML化したものです。 文章・図表・イラスト等の転載・引用のご相談は 循環器病研究振興財団 までご連絡ください。 -その症状と治し方- 元国立循環器病研究センター 心臓血管内科 副院長 宮武 邦夫 医長 安村 良男 心不全とは、心臓の能力低下で起こる体の不健全な状態をいう 坂道で息切れしたり、セキをしたりする もくじ 大切な心臓の二つの役目 心臓に備わったバックアップ機構[…][ncvc.go.jp]

  • 一過性脳虚血発作

    一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ、Transient ischemic attacks:TIA) (以下TIAと略す) とは、脳血管疾患の一つであり、脳の循環障害により起こる一過性の神経症状を指す。 24時間以内に一旦完全に消失する特徴を持ち、また繰り返し起こることで脳梗塞を併発する恐れがあるので、脳梗塞の危険信号と考えられている。脳卒中治療ガイドライン2009によれば、TIA発症後90日以内に脳梗塞を起こす可能性は15ないし20パーセント、そのうち48時間以内の発症は約半数である (48時間以内の脳梗塞への移行は5%程度、数ヶ月以内の移行は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 前庭神経炎

    回転性めまいは最初激しく、数日のうちに徐々に弱まっていきますが、平衡障害は最大で数カ月残ります。患者に耳鳴りはみられず、通常は聴力に影響はありません。 診断 聴覚検査 眼振の検査 ガドリニウム造影剤を用いたMRI(磁気共鳴画像)検査 診断では、聴覚検査と 眼振の検査 を行い、これは医師が回転性めまいの原因を診断する際に役立ちます。[msdmanuals.com] めまい・平衡障害が強いため常に中枢性めまいの可能性を考えながら診療する。中枢性めまいが否定できない場合には、頭部MRIによる精査や神経内科診察を受ける。[clinicalsup.jp] 病、両側高度迷路障害 5.平衡訓練( めまい リハビリ)の実際については、新井基洋氏(横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科部長)が『 めまい は寝てては治らない』など多数)で、および五島史行氏(国立病院機構東京医療センター平衡障害研究室長)が『薬に頼らず めまい を治す方法』で、分かりやすく解説しておられるので参考にして、平衡訓練・ めまい[ogata-shunsaku.com]

  • 椎骨脳底動脈循環不全

    2)神経耳科学的所見:頸部の回転,過伸展による眼振の誘発,注視眼振,視運動性眼振,追跡眼球運動の障害など中枢性平衡障害の所見を示すことが多い。 3)Doppler 法血流計により安静時に椎骨動脈血流を計測すると,病的な左右差を認め,頸動脈圧迫時に血流の増加率が減少。[memai.jp] しばしば、自律神経症状(悪心・嘔吐・不安感)、 平衡障害、眼振を伴う。末梢あるいは中枢前庭系の急激な片側性(偏在性) の障害により起こる。急激に発症することが多い。 2)平衡障害(dizziness):バランス感覚の障害、不安定感で、[(酔ったよ うな)ふらふら感]などと表現する。空間見当識を司る各系統からの各種 入力の不均衡状態による。[nms.co.jp] 6.予後の判定 頸部回転,過伸展によるめまい・平衡障害の出現と他の脳神経症状(複視,失神など)を参考にする。脳梗塞例の80%は7 8カ月前に椎骨脳底動脈循環不全を経験しており,発作後の再発,間隔に注意し,画像診断(血管写,CT)による原病巣の検索が必要。[memai.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    基本概要 ホームページはこちら 診療科紹介 外来担当医表 専門医のご紹介 研究と教育 診療科紹介 脳神経内科は、脳、脊髄、末梢神経や筋肉の病気の診断と治療を行っています。 頭痛、物忘れ、性格の変化、理解力の低下、気を失う、目が回る、喋りにくい、手足に力が入らない、しびれる、痛む、筋肉が細る、足が前に出ない、立てない、転びやすい、ふらつく、手足が震えたり勝手に動く、顔や手足がけいれんするなどの症状です。 このような症状が出たときには脳神経内科を受診してください。 主な対象疾患 主な対象疾患[…][hosp.kyushu-u.ac.jp]

  • 脳底型片頭痛

    平衡障害平衡機能障害が原因で起こります。小脳眼球および前庭神経失調により起こり、障害側に倒れやすいです。 また、脳神経外科医が治療する中枢性めまいと耳鼻科医が治療する末梢性めまいに分かれます。 ①中枢性めまい: 症状は比較的持続的で、注視方向性眼振やその他の神経症状を伴います。[fukuokanh.jp] 四肢・口囲のしびれ、浮遊感、平衡障害、言語不明瞭、昏迷(片頭痛性昏迷migraine stupor)、 霧視が現れ酩酊状態と紛らわしい。 アルコ―ル中毒患者や薬物中毒患者と誤診される。 不安、過呼吸症候群が合併した片頭痛と紛らわしい。[zutsuu-daigaku.my.coocan.jp]

  • 耳性帯状疱疹

    典型的症状は顔面神経麻痺(顔のしわ寄せができない)、平衡機能障害、味覚障害や頭痛などです。これらの症状は回復が困難で難聴など後遺症として残る場合があります。眼や耳に症状がある場合は、早期に適切な専門医(眼科医または耳鼻咽喉科医)を受診しましょう。[self-medication.ne.jp] 顔面神経や内耳に障害が生じた場合には、誘発筋電図、耳小骨筋反射検査、聴覚評価、平衡機能検査、味覚検査なども検討されます。 治療 水痘帯状疱疹ウイルスの増殖を抑制することを目的として、抗ウイルス薬が使用されます。同時に神経損傷を伴う場合には、ステロイド剤が使用されます。[medicalnote.jp]

  • びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫

    神経毒性を発症した患者さんでは、意識レベルの変化や低下、頭痛、せん妄、混乱、動揺、不安、発作、言語能力や理解力の低下、平衡感覚障害などの症状が生じることがあります。CRSや神経毒性の徴候および症状が現れた場合は直ちに担当医師に連絡するか、救急医療施設を受診するよう患者さんに助言してください。[novartis.co.jp]

さらなる症状