Create issue ticket

考えれる1,500県の原因 平らな骨幹端の異常な大腿, 端

  • 頸動脈狭窄症

    もやもや病もやもや病は両側の内頸動脈遠位に高度狭窄もしくは閉塞を認め、その側副血行として特徴的なもやもやした血管の発達を認める疾患である。 頸動脈狭窄症の症状としては一過性脳虚血発作(TIA)が有名である。[ja.wikipedia.org]

    不足: 平らな骨幹端の異常な大腿
  • 臍帯ヘルニア

    疾患の解説 臍は、臍帯が切断された後、乾燥脱落した断が瘢痕収縮して陥凹した状態として通常は認められます。臍帯が腹腔内から左右の腹直筋の間を貫いて体外に出る部分は、臍輪とよばれ、繊維が臍帯の周囲をしっかりと輪状にとりまいていて、腹腔内容が腹壁外に、はみ出てこないようになっています。[jsprs.or.jp]

    不足: 平らな骨幹端の異常な大腿
  • 骨折

    ドクター よくある質問 医療相談 医療サポート体制 各種予防接種について 腕神経叢損傷について 急性弛緩性脊髄炎 (急性弛緩性麻痺) 手根管症候群について 橈骨遠位骨折について リンパ浮腫について 治験のご案内 臨床研究に関する情報公開 NCD事業参加について 橈骨遠位骨折 わたしの街の専門医 動画一覧 脂肪肝 肩腱板断裂 緑内障 胃がん[ogoridaiichi.jp] 原因と病態 手のひらをついて転んだり、自転車やバイクに乗っていて転んだりしたときに、前腕の2本の骨のうちの橈骨(とうこつ)が手首のところ(遠位)で折れる 骨折 です。 特に閉経後の中年以降の女性では 骨粗鬆症 で骨が脆くなっているので、簡単に折れます。[joa.or.jp] 部骨折 骨の部における骨折を指す。1つの骨につきは2つあるので、遠位骨折及び近位骨折として区別される。上下肢(手足)においては体幹に近い方の骨を近位、遠い方の骨を遠位とする。 完全骨折 完全骨折とは骨が完全に連続性を失っている状態を指す。一般的な骨折とはこの完全骨折を意味する。[ja.wikipedia.org]

    不足: 平らな骨幹端の異常な大腿
  • 翼状片

    2) 結膜欠損部の処理 翼状片の頭部を輪部で切開し、頭部を除去後、強膜部を露出したまま結膜断部を強膜に縫合する、いわゆるBare Sclera法は再発率が高く、30 80%と報告されており推奨できない。[cornea.gr.jp] 文献 大橋 孝平:大橋眼科手術書 P249-258 南江堂 1967 山口 達夫:改良した結膜有茎弁移植術とHost結膜断部反転縫合法を併用した翼状片手術の術後成績 あたらしい眼科22:511-519. 2005[cornea.gr.jp] 翼状片の再発は断部結膜の実質中の繊維芽細胞が活性化されて増殖する為に起こると推測されている。結膜下の組織を完全に取り除くことは困難であることにより、切除により逆に残った組織の繊維芽細胞が刺激される可能性があるため、術式の真の効果は不明である。[cornea.gr.jp]

    不足: 平らな骨幹端の異常な大腿
  • コーレス骨折

    前腕骨の骨折は、骨折した部位などにより、 骨幹部骨折 、 モンテジア骨折 、橈骨遠位骨折(コーレス骨折、スミス骨折)などに分けられますが、ここでは橈骨遠位骨折(コーレス骨折、スミス骨折)の概要を記載しています。[jikosoudan.net] 橈骨遠位骨折の検査と治療 橈骨遠位骨折の検査は、 XP 検査(レントゲン検査)を実施します。その際、折れた部分が単純骨折型か多数の小さな骨片がある不安定型かを見極める必要があります。 橈骨遠位骨折の治療は、麻酔注射をして痛みをとった上で、手を指先の方向に引っ張ってずれを治す徒手整復を実施します。[kouishougai.jp] 倒れたとき、手をついた際、橈骨遠位骨折が生じますが、手のつき方で骨折の名前が違います。 転倒時に手の平をついて倒れたときは、Colles骨折、手の甲をついて倒れたときは、Smith骨折と呼ばれているのです。 手首に強い痛みがあり、短時間のうちに腫れて来ます。[koshigaya-jiko.com]

    不足: 平らな骨幹端の異常な大腿
  • 膀胱脱

    膀胱脱や子宮脱、直腸脱、膣断脱等を総称して骨盤臓器脱といいます。 女性骨盤底筋の緩みや出産に伴う損傷等によって加齢とともに膀胱や子宮など骨盤内臓器が膣口から体外に脱出することがあります。昔は膣口から膀胱や子宮が垂れ下がって脱出している状態を「なすび」と呼んでいました。その「なすび」こそが骨盤臓器脱なのです。[toyamah.johas.go.jp] 子宮筋腫などで、子宮を切除した場合に腟壁が出てくる 腟断脱 。腟の前側にある筋膜が緩むことで起こる ぼうこう瘤 。そして、腟の後ろ側にある筋膜が緩むことで起こる 直腸瘤 など、様々な種類があり、これらは、合併して起こることも多くあります。[takeyama-clinic.or.jp] 何かが下がってきた 骨盤臓器脱とは 骨盤臓器脱とは、膣前壁、膣後壁、膣円蓋(子宮頸部/子宮)または膣子宮摘出後の膣断の下垂と定義づけられています。具体的には、膀胱瘤、直腸瘤、子宮脱、直腸瘤、膣断脱などで、女性特有の疾患です。 脱出がない場合を0期とし、ある場合は脱出の先頭部分の位置を処女膜面を基準にI期からIV期に分類します。[urol.or.jp]

    不足: 平らな骨幹端の異常な大腿
  • 子宮断端脱

    2.骨盤臓器脱の種類 3.骨盤臓器脱の原因 4.骨盤臓器脱の頻度 5.骨盤臓器脱の症状 6.膀胱瘤 7.直腸瘤 8.子宮脱 9.子宮摘出後の膣断脱 子宮筋腫などの理由で子を摘出したあとに、膣の一番奥の部分が脱出しているもの を膣断脱といいます。[gogourogyne.net] 何かが下がってきた 骨盤臓器脱とは 骨盤臓器脱とは、膣前壁、膣後壁、膣円蓋(子宮頸部/子宮)または膣子宮摘出後の膣断の下垂と定義づけられています。具体的には、膀胱瘤、直腸瘤、子宮脱、直腸瘤、膣断脱などで、女性特有の疾患です。 脱出がない場合を0期とし、ある場合は脱出の先頭部分の位置を処女膜面を基準にI期からIV期に分類します。[urol.or.jp] 腸瘤・腟断脱 腟の最奥部の腟壁がゆるんで脱出する場合は腸瘤、子宮筋腫などの理由で子宮を摘出したあとに腟のもっとも奥の部分(子宮を切断した個所)が脱出するものを腟断脱といいます。腟断脱の場合子宮を摘出しているのに何か腟外にでてくるはずがないなど誤解をもたれることがありますが、腟断もその支えが緩んでいれば脱出することがあります。[akashi-shiminhosp.jp]

    不足: 平らな骨幹端の異常な大腿
  • 手首骨折

    転倒などで手をついたときには、橈骨の遠位(一番遠い所、つまり手関節に近い所)で骨折が多くみられます。また尺骨の先端の骨折を合併することもあります。 橈骨遠位骨折は、すべての年齢層の患者さんにみられます。小児では、男児に多くスポーツ外傷や遊具からの転落などで起こります。[tokyobay-mc.jp] 当院整形外科には3名の手外科専門医が常勤しており、橈骨遠位骨折の治療に精通しております。[ogoridaiichi.jp] 原因と病態 手のひらをついて転んだり、自転車やバイクに乗っていて転んだりしたときに、前腕の2本の骨のうちの橈骨(とうこつ)が手首のところ(遠位)で折れる 骨折 です。 特に閉経後の中年以降の女性では 骨粗鬆症 で骨が脆くなっているので、簡単に折れます。[joa.or.jp]

    不足: 平らな骨幹端の異常な大腿
  • 骨盤臓器脱

    近年、経膣的メッシュ手術であるtension-free vaginal mesh (TVM)手術が行われ、子宮脱に対して子宮を摘出せずに修復できるほか、子宮摘出術後の膣断脱に対しても膣閉鎖を行わずに修復することができ、比較的再発も少なく良好な成績が得られています。[twmu-mce.jp] また、子宮を摘出された方でも腟が残っている場合は、腟断が脱出することもあります(腟断脱)。膣の前方が弱くなると膀胱瘤が、膣の後方が弱くなると直腸瘤が、そして膣の上部が弱くなれば子宮脱や膣断脱(子宮を摘出された女性の場合)が起こってきます。頻度としては膣の前方の壁が弱くなって起こる膀胱脱が最も多く、ついで直腸脱や子宮脱が続きます。[med.akita-u.ac.jp] 膣断脱 子宮を摘出した後に膣壁が下がる。 症 状 会陰部に何か触れる 歩行時や排便時などお腹に力がかかった時の会陰部の不快感 排尿障害、排便障害、尿失禁(尿漏れ)を伴うことも多い これらの症状がきつくなると旅行にも出られなくなります。[kahns.org]

    不足: 平らな骨幹端の異常な大腿
  • 骨肉腫

    長幹骨、特に脛骨や上腕骨の近位側および大腿骨遠位側の、骨幹のが好発部である。X線検査では、骨膜反応 骨表面から垂直に外側へ伸びている、濃い不規則な陰影を認める。 組織病理学的には、腫瘍細胞は多形性の強い核を有し、しばしば巨細胞を交え、異常有糸分裂像に富む。[ja.wikipedia.org] 長管骨 の 骨幹 が好発部位であり、50%が 膝 周辺に発生する。以下、特に断りのない限り、ここでは「骨内通常型骨肉腫」について記す。 罹患率 [ 編集 ] 小児期の腫瘍の5%であると言われている。二峰性の分布を持ち、75%が20歳未満の患者で起こる。[ja.wikipedia.org] 長管骨の骨幹が好発部位であり、50%が膝周辺に発生する。以下、特に断りのない限り、ここでは「骨内通常型骨肉腫」について記す。 小児期の腫瘍の5%であると言われている。二峰性の分布を持ち、75%が20歳未満の患者で起こる。2番目のピークは初老期にあり、骨パジェット病、骨髄梗塞の様な骨の症状や以前の被曝に関係することが多い。[ja.wikipedia.org]

    不足: 平らな骨幹端の異常な大腿

さらなる症状