Create issue ticket

考えれる22県の原因 平らな骨幹端の異常な上腕, 骨端

  • 骨折

    病的骨折に至る疾病としては、骨肉腫、多発性骨髄腫、転移性腫瘍などが典型例である。 幹部骨折 の中央付近における骨折を指す。 部骨折 部における骨折を指す。1つのにつきは2つあるので、遠位骨折及び近位骨折として区別される。上下肢(手足)においては体幹に近い方のを近位、遠い方のを遠位とする。[ja.wikipedia.org] 線損傷:成長期の部においてズレなどが生じたもの。転位を認める場合は線離開とも呼ぶ。 大腿骨幹部骨折 上腕骨顆上骨折 上腕骨外顆骨折 老人の場合、潜在的な骨塩量の低下による骨の脆弱化(骨粗鬆症)や筋力の衰えによる歩行不安定から、転倒などによって以下のような骨折を起こしやすい。[ja.wikipedia.org] の骨折 上腕幹部骨折 肘の骨折 上腕顆上骨折 上腕外顆骨折 橈頭骨折 肘頭骨折(尺近位骨折) 前腕の骨折 橈幹部骨折 尺幹部骨折(パレ骨折、モンテジア骨折を含む) 手首の骨折 橈遠位骨折(コーレス骨折、スミス骨折、バートン骨折など) 舟状骨折 手の骨折 中手骨骨折(ボクサー骨折を含む) 母指中手骨基部骨折(ベネット[ja.wikipedia.org]

    不足: 平らな骨幹端の異常な上腕
  • 高尿酸血症

    まず、痛みが起こる場所(発作の箇所)が、まるで風が吹くように足・膝・腰・肩・肘・手・胸骨など、全身の関節や部を移動し、なおかつ、風が強くなったり穏やかになったりするように痛みが酷くなったり和らいだりを繰り返すことから命名されたという説がある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 平らな骨幹端の異常な上腕
  • 痛風

    まず、痛みが起こる場所(発作の箇所)が、まるで風が吹くように足・膝・腰・肩・肘・手・胸骨など、全身の関節や部を移動し、なおかつ、風が強くなったり穏やかになったりするように痛みが酷くなったり和らいだりを繰り返すことから命名されたという説がある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 平らな骨幹端の異常な上腕
  • コーレス骨折

    の遠位部すなわち手関節に近い部位の骨折にはいろいろなパターンがあり、コーレス骨折はその中のひとつである。 転倒して手掌をついた際に橈遠位に強い力が加わり発生するといわれる。腕を伸ばした状態で手掌をつくと体重が橈にかかり、手掌からの力が橈遠位に加わる。橈遠位部に強い屈曲力が働いて骨折に至る。[ja.wikipedia.org] コーレス骨折(コーレスこっせつ、英: Colles' fracture)または橈遠位部伸展型骨折は、橈遠位部の定型的骨折のひとつ。橈の、手関節に近い部分で骨折し、遠位骨片が手背方向へ転位する。 前腕には2本の骨、橈骨と尺骨がある。橈骨は親指側ので、手根との間に手関節を構成する。もう一方の尺は小指側のである。[ja.wikipedia.org] 遠位片(体幹から遠い方の骨片)が手背方向、親指方向へ移動する。 骨片の移動にともない、骨折部分が変形する。 前腕から手にかけて腫脹がみられる。 疼痛 機能障害 W. PLATZER 『分冊 解剖学アトラスⅠ』第5版 文光堂、2002[ja.wikipedia.org]

    不足: 平らな骨幹端の異常な上腕
  • デュピュイトラン拘縮

    ヘバーデン結節 ブシャール結節 変形性母指手根中手関節症 上腕二頭筋長頭腱炎 肘内障 大腿頭辷り症(大腿頭骨線離開) 骨折 脱臼 捻挫 腫瘍 骨巨細胞腫 骨肉腫 軟骨肉腫 ユーイング肉腫 脊髄腫瘍 骨折 外科学 リウマチ学 Washington University Orthopedics Oxford Clinic for Specialist[ja.wikipedia.org]

    不足: 平らな骨幹端の異常な上腕
  • 骨腫瘍

    巨細胞腫:膝の周りの部に好発する。骨膜反応が全くないのが特徴である。 軟骨肉腫:膝の周りの、骨幹に発生する。粗大な石灰化が特徴的である。 骨肉腫:膝の周りの骨幹に好発する。骨膜反応が非常に強く破壊像と造骨像が混在する。転移が非常に多い。 ユーイング肉腫:X線撮影で、骨破壊像と骨硬化像の混在や「玉葱様病巣」が認められる。[ja.wikipedia.org] 骨軟骨性外骨腫、多発性軟骨腫、巨細胞腫、多発性内軟骨腫は悪性化する傾向がある。 軟骨腫:脛骨近位骨幹に好発する。大腿下端では、きのこが生えたように成長する軟骨帽が特徴である。 内軟骨腫:指に発生するのが特徴的である。境界明瞭、円形の破壊像が特徴である。 類腫:硬化像が特徴である。夜間痛が強い。[ja.wikipedia.org] 骨腫瘍(こつしゅよう、英: bone tumor)とは組織に発生する腫瘍であり、原発性腫瘍と転移性腫瘍に分けられる。殆どの場合、長管の骨幹に発生する。原発性の場合、組織生検によって悪性か否かを判定する。腫瘍は若年者の発症が非常に多いので30歳未満の病的骨折をみたら一応は疑った方がよいと言われている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 平らな骨幹端の異常な上腕
  • 膝蓋骨骨折

    病的骨折に至る疾病としては、骨肉腫、多発性骨髄腫、転移性腫瘍などが典型例である。 幹部骨折 の中央付近における骨折を指す。 部骨折 部における骨折を指す。1つのにつきは2つあるので、遠位骨折及び近位骨折として区別される。上下肢(手足)においては体幹に近い方のを近位、遠い方のを遠位とする。[ja.wikipedia.org] 線損傷:成長期の部においてズレなどが生じたもの。転位を認める場合は線離開とも呼ぶ。 大腿骨幹部骨折 上腕骨顆上骨折 上腕骨外顆骨折 老人の場合、潜在的な骨塩量の低下による骨の脆弱化(骨粗鬆症)や筋力の衰えによる歩行不安定から、転倒などによって以下のような骨折を起こしやすい。[ja.wikipedia.org] の骨折 上腕幹部骨折 肘の骨折 上腕顆上骨折 上腕外顆骨折 橈頭骨折 肘頭骨折(尺近位骨折) 前腕の骨折 橈幹部骨折 尺幹部骨折(パレ骨折、モンテジア骨折を含む) 手首の骨折 橈遠位骨折(コーレス骨折、スミス骨折、バートン骨折など) 舟状骨折 手の骨折 中手骨骨折(ボクサー骨折を含む) 母指中手骨基部骨折(ベネット[ja.wikipedia.org]

    不足: 平らな骨幹端の異常な上腕
  • 女性化乳房症

    また、思春期における身長の伸びはエストロゲンの分泌が促進されることで起こされていると同時にエストロゲンは線を閉鎖させる作用もある。その結果女性の場合、思春期における身長の伸びは男性より早いが、線の閉鎖も男性より早いため結果的に成人男性より平均身長が低くなる。一方男性でエストロゲンが作用しない場合は高身長になりやすい。[ja.wikipedia.org]

    不足: 平らな骨幹端の異常な上腕
  • オスグッド・シュラッター病

    X線でも核の様々な乱れや遊離片の発生などが認められる。発症者としては外見からはあまり痛くなさそうでも本人からすればかなり痛いのにわかってもらえないのも発症者のネックになることが多い。 治療法としては、まず、安静にすることが第一である。また医薬品などの治療も可能ではある。しかし、現在は、リハビリなどを行う例が多い。[ja.wikipedia.org] 脛骨粗面の近くにいわゆる成長線(せいちょうせん、線:こったんせんともいいます)があるため、強度的に弱く、膝をのばす筋力に負けるため、脛骨粗面の剥離骨折(はくりこっせつ)を起こしているとの意見もありますが、剥離骨折ではなく、膝蓋腱の炎症であるとする報告もあります。[kodomoseikei.com] 関係者の話を総合すると膝(しつ)関節の慢性的な「オスグッド病」が痛みの原因で、部分を取り除いたとみられる。 将来を期待されるスラッガーが今季絶望となった。球団関係者は「痛みがあって追い込む練習をできなかった。まともに練習できないなら早く(手術を)した方がいい」と説明した。3月中旬から痛みを訴えており、全力プレーに支障をきたしていた。[nikkansports.com]

    不足: 平らな骨幹端の異常な上腕
  • 骨肉腫

    長幹、特に脛骨や上腕の近位側および大腿遠位側の、骨幹のが好発部である。X線検査では、骨膜反応 表面から垂直に外側へ伸びている、濃い不規則な陰影を認める。 組織病理学的には、腫瘍細胞は多形性の強い核を有し、しばしば巨細胞を交え、異常有糸分裂像に富む。[ja.wikipedia.org] その中で最も頻度が高いものが内通常型骨肉腫であり、予後が悪いものの1つである。長管の骨幹が好発部位であり、50%が膝周辺に発生する。以下、特に断りのない限り、ここでは「内通常型骨肉腫」について記す。 小児期の腫瘍の5%であると言われている。二峰性の分布を持ち、75%が20歳未満の患者で起こる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 平らな骨幹端の異常な上腕

さらなる症状