Create issue ticket

考えれる4県の原因 幅広く隙間がある歯

  • ムコ多糖症

    ムコ多糖症(ムコたとうしょう、Mucopolysaccharidosis、MPS)は、遺伝的な要因による先天性代謝異常症であるライソゾーム病の一種である。医学上の正式名はムコ多糖代謝異常症。日本では、特定疾患に指定されている。 リソソーム内の加水分解酵素の先天的欠損あるいは異常により、リソソーム内にムコ多糖の一種であるグリコサミノグリカン(GAG)が蓄積する疾患である。GAGは人体内で細胞間結合に寄与する役割がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • ムコ多糖症II型

    2007年10月19日 (金) “ 関連検索: ムコ多糖症 エラプレース ジェンザイム・ジャパン ジェンザイム・ジャパンは17日、遺伝子組換えムコ多糖症II型治療剤「エラプレース点滴静注液6mg(一般名:イデュルスルファーゼ・遺伝子組み換え)」を発売した。同日付で薬価基準に緊急収載されたことを受けたもので、4日の承認からわずか2週間という異例のスピード発売となった。[…][yakuji.co.jp]

  • 先端巨大症

    先端巨大症(せんたんきょだいしょう、acromegaly)は、脳の下垂体前葉の成長ホルモン分泌腺細胞がその機能を保ったまま腫瘍化し( 機能性腺腫)、成長ホルモンが過剰に産生され、手足や内臓、顔の一部分が肥大する病気。別名、末端肥大症もしくはアクロメガリー。また、「巨人症」と一般に称される状態はこの病気であることが多い。 成長ホルモンの過剰分泌により以下の症状が現れる。 唇が厚くなる。 額が突き出る。 下あごがせり出る。 四肢の異常な発達。 四肢以外の筋肉の収縮。[…][ja.wikipedia.org]

  • ムコ多糖症 4

    22才・19才の兄弟を残して命を絶つ 身体・知能の成長を阻害する‘ムコ多糖症’で 2人の息子は両親の助けなしには全く身動きができず 夫までケガをして基礎生活受給費で生活 ‘ムコ多糖症’(MPS)という稀少難治疾患の症状 去る2日、チョン・ソンオク(仮名・49)氏は自ら命を絶った。 自宅のトイレで首をくくった。 チョン氏は二人の息子を残した。 チョン氏の葬儀が行われた4日、2人の息子たちは5坪余りの部屋で横になっていた。 1人は内側に曲がって固まってしまった手足をバタバタしていた。 もう1人は "ウウウウム" とうめき声を発していた。 体重20 にもならない兄弟はせいぜい7才程度に見えた。[…][japan.hani.co.kr]

さらなる症状