Create issue ticket

考えれる14県の原因 幅広い足指

  • 幼児の痙攣と舞踏病アテトーゼ

    2歳未満の幼児には普通にみられる反射であり、新生児の神経系異常を発見する検査としてこの反射の確認が幅広く行われている。 年齢を重ねるにつれが足の裏側(足底)に曲がる(屈曲)反応になる、もしくは現れなくなるが、成長後もバビンスキー反射がみられると 錐体路障害 が疑われる。[shiga-med.ac.jp]

  • 腱鞘巨細胞腫瘍

    、合症等の先天異常まで幅広く治療しています。[otsu.jrc.or.jp] 外科については、外反母趾、リウマチ足、糖尿病足、先天異常(多合趾症等)を主に治療しています。 代表的な疾患はこちらもご参照ください。[otsu.jrc.or.jp] 前骨間神経麻痺、後骨間神経麻痺等)、手指、手関節、肘関節の変形性関節症等の変性疾患(へバーデン結節、ブシャール結節、母指CM関節症、キーンベック病、TFCC損傷、尺骨突き上げ症候群、上腕骨外側上顆炎、変形性肘関節症等)、野球肘(離断性骨軟骨障害、内側側副靭帯損傷)等のスポーツ障害、腫瘍性疾患(腱鞘巨細胞腫、グロームス腫瘍、神経鞘腫等)、母[otsu.jrc.or.jp]

  • ハラーホルデン・スパッツ症候群

    2歳未満の幼児には普通にみられる反射であり、新生児の神経系異常を発見する検査としてこの反射の確認が幅広く行われている。 年齢を重ねるにつれが足の裏側(足底)に曲がる(屈曲)反応になる、もしくは現れなくなるが、成長後もバビンスキー反射がみられると 錐体路障害 が疑われる。[shiga-med.ac.jp]

  • 腱付着部症

    原因 [ 編集 ] の裏には、底筋膜と呼ばれる、膜のように薄く幅広い腱が、かかとの骨からの付け根まで張っている。足の甲の骨は、弓状(アーチ)になって体重を支えているが、アーチを弓の弦のようにピンと張って支えているのが、足底筋膜である [2] 。[ja.wikipedia.org]

  • ワイバーン・メゾン症候群

    いβ疾患(Broad β Disease)、広い親指(Broad Thumb)症候群、幅広い親指および大きな特徴顔貌および精神薄弱、広い親指-足の母指、ブロカ(Broca)の失語症、ブロック-デューリング(Brocq-Duhring)病、青銅色糖尿病、ブロンズ製のシルダー(Bronze Schilder)病、茶色の白化症、遺伝茶色のエナメル[ekouhou.net] 耳‐腎症候群、鰓・眼・顔面症候群(Branchiooculofacial)症候群、ブランチオーチック(Branchiootic)症候群、ブラント(Brandt)症候群、ブランデーワイン(Brandywine)型遺伝性象牙質形成不全症、ブランデーワイン型遺伝性象牙質形成不全症、乳癌、BRIC症候群、もろい骨(Brittle Bone)疾患、幅広い[ekouhou.net]

  • 足底腱裂傷

    出典 小学館 デジタル大辞泉について 情報 凡例 日本大百科全書(ニッポニカ) の解説 足底腱膜炎 そくていけんまくえん 足の裏にある腱膜(底腱膜)の炎症。底腱膜は薄い膜状の腱組織で、のかかと部分からの付け根までの幅広い部分をカバーし土ふまずを形成している。[kotobank.jp] 底筋膜ともいい、この部分が脆弱 (ぜいじゃく) になって断裂が起きると炎症を伴い足底腱膜炎となる。おもに朝起きて歩こうとするときに、かかとの骨の前方内側あたりにしばらく痛みを伴うがそのうちに軽減する。また、ずっと座っていていざ歩きだそうとすると痛む。日中は痛まないことが多いが、夕方になってふたたび痛みだすことがある。[kotobank.jp]

  • 常染色体劣性パーキンソン病 14

    初発症状は一側性の,手またはの震えが最も多い.そのほか,手指の巧緻性の障害,歩行時の足のひきずりなどで,症状に左右差があるのが特徴である.症状は片側上肢または下肢から始まり,緩徐に進行して,反対側の上下肢が侵され両側性となる.症状の進行後も病初期からの症状の左右差は残る.[kotobank.jp] がはかられている.また,グルコセレブロシド(常染色体劣性であるGaucher病の原因遺伝子)の変異やLRRK2,SNCA,microtuble-associated protein TAU (MAPT)遺伝子の多型が遺伝的危険因子としてあげられている.臨床症状 発症年齢は50歳代後半から60歳代にかけてが最も多いが,20歳代から80歳代まで幅広い[kotobank.jp]

  • 中脚異形成、Savarirayan型

    さらに、手足が短く、胴が長い、手のも短い。 はO脚で、太もも部分が短く、太く、膝の骨も幅広い。歩くとちょっと体が左右にゆれる。 そして、なぜかとても筋力が発達している。 こんな身体的特徴をもつ息子を、ドイツの専門医に診てもらうべく、今までいくつもの医者をハシゴした。 まず、地元の小児科医から、地元の整形外科医へ。[ameblo.jp]

  • 錐体路障害

    2歳未満の幼児には普通にみられる反射であり、新生児の神経系異常を発見する検査としてこの反射の確認が幅広く行われている。 年齢を重ねるにつれが足の裏側(足底)に曲がる(屈曲)反応になる、もしくは現れなくなるが、成長後もバビンスキー反射がみられると 錐体路障害 が疑われる。[shiga-med.ac.jp]

  • シングルトン・メルテン症候群

    いβ疾患(Broad β Disease)、広い親指(Broad Thumb)症候群、幅広い親指および大きな特徴顔貌および精神薄弱、広い親指-足の母指、ブロカ(Broca)の失語症、ブロック-デューリング(Brocq-Duhring)病、青銅色糖尿病、ブロンズ製のシルダー(Bronze Schilder)病、茶色の白化症、遺伝茶色のエナメル[ekouhou.net] 耳‐腎症候群、鰓・眼・顔面症候群(Branchiooculofacial)症候群、ブランチオーチック(Branchiootic)症候群、ブラント(Brandt)症候群、ブランデーワイン(Brandywine)型遺伝性象牙質形成不全症、ブランデーワイン型遺伝性象牙質形成不全症、乳癌、BRIC症候群、もろい骨(Brittle Bone)疾患、幅広い[ekouhou.net]

さらなる症状