Create issue ticket

考えれる30県の原因 常染色体劣性遺伝質も示された

  • 脳血栓症

    高血圧を伴わず細動脈硬化によって生じる白脳症であり染色劣性遺伝示す疾患である。 白脳症 と30歳代から進行する認知症はCARASILと類似するが、反復性の腰痛や変形性脊椎症、禿頭はCARASILに特徴的な所見である。HTRA1遺伝子の機能喪失から生じるTGFβファミリーシグナル伝達系の抑制不全が細動脈硬化に関与している。[ja.wikipedia.org]

  • 前大脳動脈梗塞

    高血圧を伴わず細動脈硬化によって生じる白脳症であり染色劣性遺伝示す疾患である。 白脳症 と30歳代から進行する認知症はCARASILと類似するが、反復性の腰痛や変形性脊椎症、禿頭はCARASILに特徴的な所見である。HTRA1遺伝子の機能喪失から生じるTGFβファミリーシグナル伝達系の抑制不全が細動脈硬化に関与している。[ja.wikipedia.org]

  • 脳幹梗塞

    高血圧を伴わず細動脈硬化によって生じる白脳症であり染色劣性遺伝示す疾患である。 白脳症 と30歳代から進行する認知症はCARASILと類似するが、反復性の腰痛や変形性脊椎症、禿頭はCARASILに特徴的な所見である。HTRA1遺伝子の機能喪失から生じるTGFβファミリーシグナル伝達系の抑制不全が細動脈硬化に関与している。[ja.wikipedia.org]

  • 後大脳動脈閉塞

    高血圧を伴わず細動脈硬化によって生じる白脳症であり染色劣性遺伝示す疾患である。 白脳症 と30歳代から進行する認知症はCARASILと類似するが、反復性の腰痛や変形性脊椎症、禿頭はCARASILに特徴的な所見である。HTRA1遺伝子の機能喪失から生じるTGFβファミリーシグナル伝達系の抑制不全が細動脈硬化に関与している。[ja.wikipedia.org]

  • 後大脳動脈の血栓症

    高血圧を伴わず細動脈硬化によって生じる白脳症であり染色劣性遺伝示す疾患である。 白脳症 と30歳代から進行する認知症はCARASILと類似するが、反復性の腰痛や変形性脊椎症、禿頭はCARASILに特徴的な所見である。HTRA1遺伝子の機能喪失から生じるTGFβファミリーシグナル伝達系の抑制不全が細動脈硬化に関与している。[ja.wikipedia.org]

  • 家族性または散在性片麻痺性片頭痛

    高血圧を伴わず細動脈硬化によって生じる白脳症であり染色劣性遺伝示す疾患である。 白脳症 と30歳代から進行する認知症はCARASILと類似するが、反復性の腰痛や変形性脊椎症、禿頭はCARASILに特徴的な所見である。HTRA1遺伝子の機能喪失から生じるTGFβファミリーシグナル伝達系の抑制不全が細動脈硬化に関与している。[ja.wikipedia.org]

  • 脳塞栓症

    高血圧を伴わず細動脈硬化によって生じる白脳症であり染色劣性遺伝示す疾患である。 白脳症 と30歳代から進行する認知症はCARASILと類似するが、反復性の腰痛や変形性脊椎症、禿頭はCARASILに特徴的な所見である。HTRA1遺伝子の機能喪失から生じるTGFβファミリーシグナル伝達系の抑制不全が細動脈硬化に関与している。[ja.wikipedia.org]

  • 二次パーキンソン症

    症例によっては 網膜色素変性 、視神経萎縮、小脳失調、痙攣、筋萎縮、認知症などを示す。病理所見では鉄が淡蒼球と黒に溜まるのが特徴である。染色劣性遺伝でありPANK2の変異が原因である。PANK2はアセチルCoAの生合成の酵素の遺伝子である。[ja.wikipedia.org]

  • ラーセン症候群

    我々の遺伝暗号は非常に複雑で、ほとんどの重大な故障は連鎖反応を引き起こし、最良の面からではなく人に影響を与える可能性があります。科学者は絶えず新しい病気を見つけていますが、言い換えれば、遺伝子の90%は未踏のままです。 説明 ラーセン症候群(ICD 10-コードM89)はまれである広い範囲の表現型症状を有する一般的な遺伝性疾患である。最も特徴的な徴候は、大きな関節の転位および亜脱臼、顔面頭骨の骨の奇形の存在および四肢の機能に関する問題である。副徴候には、脊柱側弯症、内反足、低成長および呼吸困難が含まれる。[…][ja.garynevillegasm.com]

  • 白質脳症を伴う常染色体劣性痙攣性運動失調

    2.原因 一部の例外を除き、基本的に全て染色遺伝性疾患である。皮質下嚢胞をもつ大頭型白脳症は MLC1 遺伝子変異による染色劣性遺伝示すものと、 HEPACAM 遺伝子の染色優性あるいは劣性遺伝形式により発症する。両遺伝子に変異がなく、原因不明例も少なからず存在する。[nanbyou.or.jp] 消失病は EIF2B 遺伝子の1から5までのサブタイプにおけるホモあるいは複合ヘテロ変異による染色劣性遺伝示す。遺伝子変異が不明な例も存在する。卵巣機能障害を伴う進行性白脳症は AARS2 遺伝子のホモあるいは複合ヘテロ変異による染色劣性遺伝示す。遺伝子変異が不明な例も存在する。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状

類似した症状