Create issue ticket

考えれる29県の原因 帝王切開

  • 妊娠

    妊娠高血圧症候群、前置胎盤、帝王切開や子宮手術の既往、子宮奇形、骨盤位(逆子)、重症の母体合併症では帝王切開を好まれる。また長期不妊後の分娩も帝王切開となりやすい。 妊娠22週未満に子宮収縮または子宮収縮による下腹部痛を認められるが、子宮口の拡大といった頸管の熟化が認められない場合は切迫流産の可能性がある。[ja.wikipedia.org] 帝王切開のことである。異常分娩の際は様々な理由によって帝王切開の適用となることが多い。児頭骨盤不適合や胎位、胎勢、回旋異常、遷延分娩の場合は経腟分娩困難ということで適用となり、子宮切迫破裂、常位胎盤早期剥離や子癇、過強陣痛、胎児ジストレスでも同様である。そのほか、経腟分娩が母児に危険をもたらすと考えられる病態もある。[ja.wikipedia.org] 破水をしていて、子宮内感染または胎児ジストレスがある場合は帝王切開の適応となる。未破水で胎児が安全である場合は安静を保ち、妊娠の継続を行う。そのため子宮収縮抑制薬やウリナスタチンなどを用いることがある。早産で生まれた子はいわゆる、未熟児となりやすい。 42週以降の妊娠を過期妊娠という。胎盤機能不全を起こしやすい。[ja.wikipedia.org]

  • 貧血

    カイザー 帝王切開。ドイツ語のKaiserschnittより。Keiserは「帝王(皇帝)」、schnittは「切開」の意味である。 回復期 患者の容態が危機状態(急性期)から脱し、身体機能の回復を図る時期のこと。合併症などを予防しつつ、リハビリを行っていく。[job.nikken-mc.jp]

  • 産褥期

    妊娠高血圧症候群、前置胎盤、帝王切開や子宮手術の既往、子宮奇形、骨盤位、重症の母体合併症では帝王切開を好まれる。また長期不妊後の分娩も帝王切開となりやすい。 産褥 子宮が元の大きさに戻るまでには4 6週間かかる。[ja.wikipedia.org] 一般的に、帝王切開のことである。異常分娩の際は様々な理由によって帝王切開の適応となることが多い。児頭骨盤不均衡や胎位、胎勢、回旋異常、遷延分娩の場合は経腟分娩困難にて適応となり、子宮切迫破裂、常位胎盤早期剥離や子癇、過強陣痛、胎児ジストレスでも帝王切開は適応となる。その他、経腟分娩が母児に危険をもたらすと考えられる病態もある。[ja.wikipedia.org] 愛育病院(神奈川県大和市)の井沢秀明理事長は「40歳以上の妊婦は、無痛分娩の方が(帝王切開でなく)経膣分娩できる可能性が高くなる」と指摘する。痛みがないと緊張が少ないため産道が柔らかく、赤ちゃんが下りて来やすいという。[ja.wikipedia.org]

  • 出生

    妊娠高血圧症候群、前置胎盤、帝王切開や子宮手術の既往、子宮奇形、骨盤位、重症の母体合併症では帝王切開を好まれる。また長期不妊後の分娩も帝王切開となりやすい。 産褥 子宮が元の大きさに戻るまでには4 6週間かかる。[ja.wikipedia.org] 一般的に、帝王切開のことである。異常分娩の際は様々な理由によって帝王切開の適応となることが多い。児頭骨盤不均衡や胎位、胎勢、回旋異常、遷延分娩の場合は経腟分娩困難にて適応となり、子宮切迫破裂、常位胎盤早期剥離や子癇、過強陣痛、胎児ジストレスでも帝王切開は適応となる。その他、経腟分娩が母児に危険をもたらすと考えられる病態もある。[ja.wikipedia.org] 愛育病院(神奈川県大和市)の井沢秀明理事長は「40歳以上の妊婦は、無痛分娩の方が(帝王切開でなく)経膣分娩できる可能性が高くなる」と指摘する。痛みがないと緊張が少ないため産道が柔らかく、赤ちゃんが下りて来やすいという。[ja.wikipedia.org]

  • 子宮内膜症

    医原性直接移植 帝王切開 後の腹壁や会陰切開創に発生することから、手術によって移植されてしまったと考えられている。 免疫学的機序 子宮内膜症では細胞性免疫に異常があること、自己抗体が存在することから 自己免疫 などの免疫異常があるのではないかと考えられている。 症状 [ 編集 ] 月経痛と月経困難症が主要な症状。[ja.wikipedia.org]

  • 子宮筋腫

    手術によっては次回の分娩が帝王切開になることがある。なお、手術以外の治療法としては子宮動脈塞栓術や集束超音波療法などが知られている。 子宮筋腫と子宮腺筋症は治療が異なるため、画像による鑑別が重要である。子宮筋腫は高頻度で変性をきたすが、あくまでもT2WIでは境界明瞭な低信号腫瘤である。[ja.wikipedia.org]

  • 帝王切開

    過去に帝王切開での分娩を経験した妊婦は、以後大抵は普通の「経膣分娩」は行わずに帝王切開による分娩となる。過去に帝王切開での分娩を経験した妊婦の経膣分娩試行を「既往帝王切開後の経腟分娩試行(TOLAC: trial of labor after cesarean section)」といい、分娩中の子宮破裂の頻度がやや高くなる。[ja.wikipedia.org] これが「帝王切開」による出産です。どの妊婦さんにも帝王切開を行う可能性があるといえます。 このウェブサイトは帝王切開を受けるお母さんやご家族の方に、正しい知識を得ることにより、安心して出産に臨んで頂くためのものです。 さまざまな理由で帝王切開が選ばれますが、赤ちゃんを産むことには変わりありません。[cs-navi.com] この状況は発展途上国でも先進国でも同様に「まん延」している一方、帝王切開手術が必要なのに手術を受けることができない妊婦も多いという。 医学界では1980年代半ば以降、帝王切開の割合は全出産例の10 15%が望ましいとされてきた。この割合については現在、見直しが進められている。[afpbb.com]

  • 塞栓症

    抄録 羊水塞栓症はまれな疾患ではあるが,その致死率は高い.本症の正確な診断は剖検によってなされることが多く,生存例での診断は確実とはいえない.突然発症し急激な経過をたどるため治療は困難をきわめる.今回報告した2症例も,死産直後と帝王切開術中に発症し,急激な全身状態の悪化に引き続きDICを併発し母体死亡に至った.今回の2症例と本邦における過去[doi.org] その報告によると、羊水塞栓症のリスクは35才以上、誘発分娩、帝王切開、吸引分娩、鉗子分娩、羊水過多症、頸管裂傷、子宮破裂、前置胎盤、胎盤早期剥離、子癇、胎児機能不全であった。オッズ比が5倍以上のものは帝王切開、鉗子分娩、子癇であった。なかでも頭位の帝王切開は自然経腟分娩と比較し12.5倍、羊水塞栓症になりやすいことが報告されている。[jsognh.jp] 羊水塞栓症 帝王切開術中、子宮内胎児死亡、稽留流産、常位胎盤早期剥離、前期破水などが基礎疾患となり、胎児の皮脂等の胎児成分や胎便成分が母体内血中に流入し、肺の微小血管に詰まることにより発症する説と、羊水中の化学活性物質を原因とする説がある。非凝固性の性器出血が特徴で、帝王切開におけるリスク増大の調査結果も報告されている。[ja.wikipedia.org]

  • 常位胎盤早期剥離

    外診 子宮底の上昇、緊張、膨大、圧痛 腹壁緊張し、胎児部分を触れにくい 内診 卵膜の緊張 超音波断層法 胎盤後血腫像 胎児ジストレス ショックの治療 帝王切開術 但し、子宮口開大で児頭が骨盤腔内に存在するときは、吸引・鉗子分娩を行う。 妊娠高血圧症候群 前置胎盤 胎児ジストレス[ja.wikipedia.org]

  • 子宮腺筋症

    医原性直接移植 帝王切開後の腹壁や会陰切開創に発生することから、手術によって移植されてしまったと考えられている。 免疫学的機序 子宮内膜症では細胞性免疫に異常があること、自己抗体が存在することから自己免疫などの免疫異常があるのではないかと考えられている。 月経痛と月経困難症が主要な症状。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状