Create issue ticket

考えれる74県の原因 巨大骨端

  • 高尿酸血症

    全体的にでかいのが巨人症、閉鎖後に骨のはしっこのみ成長してしまったのが末端肥大症( アントニオ猪木 の様に目の上の眉弓が張り出しあごがしゃくれあがる)。また、 ジャイアント馬場 も巨人症患者であった。治療としては外科的に腺腫を切除する(Hardyの手術など)。[ja.wikipedia.org] プラダー・ウィリー症候群 ローレンス・ムーン・ビードル症候群 下垂体 [ 編集 ] 下垂体性巨人症 ・ 先端巨大症 : 成長ホルモンが異常に放出される(GH )事により起きる疾患で下垂体巨大腺腫が原因。[ja.wikipedia.org]

  • 乳糖不耐症

    全体的にでかいのが巨人症、閉鎖後に骨のはしっこのみ成長してしまったのが末端肥大症( アントニオ猪木 の様に目の上の眉弓が張り出しあごがしゃくれあがる)。また、 ジャイアント馬場 も巨人症患者であった。治療としては外科的に腺腫を切除する(Hardyの手術など)。[ja.wikipedia.org] プラダー・ウィリー症候群 ローレンス・ムーン・ビードル症候群 下垂体 [ 編集 ] 下垂体性巨人症 ・ 先端巨大症 : 成長ホルモンが異常に放出される(GH )事により起きる疾患で下垂体巨大腺腫が原因。[ja.wikipedia.org]

  • 骨粗鬆症

    全体的にでかいのが巨人症、閉鎖後に骨のはしっこのみ成長してしまったのが末端肥大症( アントニオ猪木 の様に目の上の眉弓が張り出しあごがしゃくれあがる)。また、 ジャイアント馬場 も巨人症患者であった。治療としては外科的に腺腫を切除する(Hardyの手術など)。[ja.wikipedia.org] プラダー・ウィリー症候群 ローレンス・ムーン・ビードル症候群 下垂体 [ 編集 ] 下垂体性巨人症 ・ 先端巨大症 : 成長ホルモンが異常に放出される(GH )事により起きる疾患で下垂体巨大腺腫が原因。[ja.wikipedia.org]

  • 高カリウム血症

    全体的にでかいのが巨人症、閉鎖後に骨のはしっこのみ成長してしまったのが末端肥大症( アントニオ猪木 の様に目の上の眉弓が張り出しあごがしゃくれあがる)。また、 ジャイアント馬場 も巨人症患者であった。治療としては外科的に腺腫を切除する(Hardyの手術など)。[ja.wikipedia.org] プラダー・ウィリー症候群 ローレンス・ムーン・ビードル症候群 下垂体 [ 編集 ] 下垂体性巨人症 ・ 先端巨大症 : 成長ホルモンが異常に放出される(GH )事により起きる疾患で下垂体巨大腺腫が原因。[ja.wikipedia.org]

  • 内分泌機能不全

    2.先端巨大症 GH産生下垂体腺腫からGHが自律的に過剰分泌されることによって生じる病気で、顔貌の変化(眉弓部の膨隆、鼻・口唇肥大、下顎突出など)、手足の容積の増大、巨大舌などの特徴的な変化をきたします。線が閉じる前に発症すると下垂体性巨人症となります。[todai-jinnai.com] 全体的にでかいのが巨人症、閉鎖後に骨のはしっこのみ成長してしまったのが末端肥大症( アントニオ猪木 の様に目の上の眉弓が張り出しあごがしゃくれあがる)。また、 ジャイアント馬場 も巨人症患者であった。治療としては外科的に腺腫を切除する(Hardyの手術など)。[ja.wikipedia.org] 線の閉鎖前に成長ホルモンの過剰な分泌が生じる場合を巨人症、閉鎖後に生じる場合を先端巨大症といいます。後者では前述の特徴的な顔つきと皮膚の変化、骨の変化より比較的容易に診断がつきます。副甲状腺機能亢進症では椎骨の圧迫骨折が多発して身長が低くなったり骨・関節の変形をきたすことがあります。[tch.pref.toyama.jp]

  • 骨系統疾患

    (SEDC) 6.Kniest異形成症 7.Stickler異形成症 8.耳脊椎巨大異形成症 9.捻曲性骨異形成症 10.Schwartz-Jampel症候群 11.耳口蓋指(趾)症候群 12.Larsen症候群 13.軟骨外胚葉性異形成症 14.短肋骨異形成症 15.窒息性胸郭異形成症 16.変容性骨異形成症 17.偽性軟骨無形成症[molcom.jp] に役立つ. 2)巨大:Stickler症候群などでは核のサイズが正常に比し粗大であることが知られている. 3)点状石灰化:軟骨部分に一致した点状石灰化(stippled ossification)が認められた場合,点状軟骨石灰化症グループなど鑑別診断を絞ることができ診断に極めて重要な所見である( Fig. 7 ).一方点状軟骨石灰化は新生児[jstage.jst.go.jp] 骨系統疾患におけるその他のX線所見 3.遺伝子診断 A.骨系統疾患における遺伝子診断の有用性 B.骨系統疾患における疾患遺伝子 C.疾患遺伝子の解析 D.遺伝子診断(DNA解析) E.患者への説明 F.骨系統疾患の遺伝形式 4.国際分類の概説 II.各論 1.致死性異形成症 2.軟骨無形成症 3.軟骨低形成症 4.軟骨無発生症 5.先天性脊椎異形成症[molcom.jp]

  • 2型糖尿病

    全体的にでかいのが巨人症、閉鎖後に骨のはしっこのみ成長してしまったのが末端肥大症( アントニオ猪木 の様に目の上の眉弓が張り出しあごがしゃくれあがる)。また、 ジャイアント馬場 も巨人症患者であった。治療としては外科的に腺腫を切除する(Hardyの手術など)。[ja.wikipedia.org] プラダー・ウィリー症候群 ローレンス・ムーン・ビードル症候群 下垂体 [ 編集 ] 下垂体性巨人症 ・ 先端巨大症 : 成長ホルモンが異常に放出される(GH )事により起きる疾患で下垂体巨大腺腫が原因。[ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺機能低下症

    全体的にでかいのが巨人症、閉鎖後に骨のはしっこのみ成長してしまったのが末端肥大症( アントニオ猪木 の様に目の上の眉弓が張り出しあごがしゃくれあがる)。また、 ジャイアント馬場 も巨人症患者であった。治療としては外科的に腺腫を切除する(Hardyの手術など)。[ja.wikipedia.org] プラダー・ウィリー症候群 ローレンス・ムーン・ビードル症候群 下垂体 [ 編集 ] 下垂体性巨人症 ・ 先端巨大症 : 成長ホルモンが異常に放出される(GH )事により起きる疾患で下垂体巨大腺腫が原因。[ja.wikipedia.org]

  • 橋本甲状腺炎

    全体的にでかいのが巨人症、閉鎖後に骨のはしっこのみ成長してしまったのが末端肥大症( アントニオ猪木 の様に目の上の眉弓が張り出しあごがしゃくれあがる)。また、 ジャイアント馬場 も巨人症患者であった。治療としては外科的に腺腫を切除する(Hardyの手術など)。[ja.wikipedia.org] プラダー・ウィリー症候群 ローレンス・ムーン・ビードル症候群 下垂体 [ 編集 ] 下垂体性巨人症 ・ 先端巨大症 : 成長ホルモンが異常に放出される(GH )事により起きる疾患で下垂体巨大腺腫が原因。[ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病性腎症

    全体的にでかいのが巨人症、閉鎖後に骨のはしっこのみ成長してしまったのが末端肥大症( アントニオ猪木 の様に目の上の眉弓が張り出しあごがしゃくれあがる)。また、 ジャイアント馬場 も巨人症患者であった。治療としては外科的に腺腫を切除する(Hardyの手術など)。[ja.wikipedia.org] プラダー・ウィリー症候群 ローレンス・ムーン・ビードル症候群 下垂体 [ 編集 ] 下垂体性巨人症 ・ 先端巨大症 : 成長ホルモンが異常に放出される(GH )事により起きる疾患で下垂体巨大腺腫が原因。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状