Create issue ticket

考えれる50県の原因 巨大脾腫

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 原発性骨髄線維症

    貧血、末梢血への赤芽球、骨髄芽球の出現、巨大などの所見がある場合は、骨髄線維症を鑑別疾患に挙げる。 骨髄生検を行い骨髄の広範な線維化を伴う巨核球の増殖と異形成、骨梁の増加を認めて確定する。[clinicalsup.jp] 巨大を起こす事が多く、中には腹腔の大半を占めるような巨脾もある [8] 。 髄外造血の結果、末梢血中に 赤芽球 、 骨髄芽球 が認められるようになる。健康な人の末梢血では見られない 赤芽球 、 骨髄芽球 が現れる現象は白赤芽球症と称される [4] 。[ja.wikipedia.org] *末梢血で白赤芽球症、涙滴赤血球などの奇形赤血球、芽球、巨大血小板、巨核球 の出現をみる. *他に原因を認めない血清LDHの上昇. *画像検査で著明な肝を認める. *骨髄シンチグラフィーで、肝脾への取り込み増加を認める.[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 慢性リンパ性白血病

    CLLの病態は様々で、無症状のため健康診断で偶然発見されるような早期症例から、貧血や感染症、血小板減少による易出血性、リンパ節の大に伴う圧迫症状や巨大に伴う腹部の圧迫症状などを示すような進行期症例があります。[medical.radionikkei.jp] 19世紀半ば、ドイツの病理学者ルドルフ・ルートヴィヒ・カール・ウィルヒョー(ウィルヒョウ,フィルヒョウ)が巨大を伴い、血液が白色がかって死亡した(今で言う慢性骨髄性白血病)患者を調べて報告したのが白血病の血液疾患としての最初の認知であるが、ウィルヒョーの報告ののち、白血病は経過が比較的ゆっくりなものを慢性白血病、早いものを急性白血病と[ja.wikipedia.org]

  • リンパ腫

    悪性リンパ腫(あくせいリンパしゅ、ML: Malignant Lymphoma)は、血液のがんで、リンパ系組織から発生する悪性腫瘍である。 リンパ系組織は全身を巡っているため、肉腫及び癌腫の癌とは異なり、外科手術による切除は行わず(但し、腫大による圧迫などを緩和するため姑息手術を行うことはある)、主に放射線療法および化学療法を適応する。リンパ腫には「良性」はない為、必ず「悪性」ということになるが、日本語の病名としては明示的に「悪性リンパ腫」と呼び習わしている。診療科目は血液内科や耳鼻咽喉科などである。 悪性リンパ腫は、単一ではなく、多様な病型のリンパ系組織のがんの総称である[…][ja.wikipedia.org]

  • サルコイドーシス

    サルコイドーシス (Sarcoidosis) とは、非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫が臓器に認められる疾患。厚生労働省が認定する特定疾患の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性骨髄性白血病

    19世紀半ば、ドイツの病理学者ルドルフ・ルートヴィヒ・カール・ウィルヒョー(ウィルヒョウ,フィルヒョウ)が巨大を伴い、血液が白色がかって死亡した(今で言う慢性骨髄性白血病)患者を調べて報告したのが白血病の血液疾患としての最初の認知であるが、ウィルヒョーの報告ののち、白血病は経過が比較的ゆっくりなものを慢性白血病、早いものを急性白血病と[ja.wikipedia.org]

  • 骨髄増殖性疾患

    骨髄性増殖疾患は、骨髄内での造血幹細胞から血球細胞の前駆細胞、及び成熟血球細胞までが異常増殖を起こしてしまう骨髄家腫瘍疾患です。 主な骨髄増殖性疾患には「骨髄繊維症」や「新生赤血球増加症(真性多血症)」慢性骨髄性白血病」「本能性血小板血症」などがあり、それぞれの様々な症状が出ることがあります。 病気のことから治療法まで血液医療専門の 先生からわかりやすく解説して頂きます。 13:00 13:50 骨髄線維症の病態・診断・治療について 順天堂大学 血液内科 小松 則夫 先生 14:00 14:50 真性赤血球増加症と本能性血小板血症の病態・診断・治療について[…][cancerchannel.jp]

  • マントル細胞リンパ腫

    マントル細胞リンパ腫(マントルさいぼうリンパしゅ、英: mantle cell lymphoma, MCL)は、B細胞性悪性リンパ腫の一分類で、t(11:14)(q13:q32)によるサイクリンD1(CCND1)の過剰発現で特徴づけられる。 日本においては悪性リンパ腫の約3%を占め、中年から高年層(年齢中央値65歳)の男性(男女比2 3:1)に多い。欧米ではやや頻度が高い(3 10%)。 他の悪性リンパ腫と症状は同じ(悪性リンパ腫#症状も参照)で、マントル細胞リンパ腫に特有の症状はない。 約7割に節外病変を認め、消化管が2[…][ja.wikipedia.org]

  • ホジキン病

    ホジキン病 ホジキン-びょう 広辞苑より イギリスの医師ホジキン T.Hodgkin 1798 1866の名に因む。 悪性リンパ腫の一病型。ステルンベルグ-リード細胞と呼ばれる細胞の 出現が特徴的で、全身リンパ腫の腫脹、肝臓、脾臓、骨髄への病変の波及が 主症状。リンパ球優勢型・混合細胞型・リンパ球減少型および結節硬化型に 分類される。原因、本態とも不明。 僕の主治医に伺ったところ、小児ホジキン病というのはホジキン病と基本的に同じなのだそうです。 治療法が変わってくるため、15歳くらいまでのホジキン病患者を小児ホジキン病と呼ぶそうです。[…][www005.upp.so-net.ne.jp]

  • フィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病

    ※本情報は一般に公開されている 治験 ・ 臨床試験 情報を引用・抜粋しております 治験名 新規に 慢性期 (CP)の フィラデルフィア染色体 陽性 慢性骨髄性白血病 ( CML )と診断された患者に対するニロチニブ(商品名:タシグナ)の 有効性 と 安全性 を検証する第Ⅲ相試験 治験の概要 本治験は、慢性期(CP)のフィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病(CML)患者に対してイマチニブ(商品名:グリベック)投与後に抵抗性あるいは 不耐[…][oncolo.jp]

さらなる症状