Create issue ticket

考えれる79県の原因 巨大脾腫

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 原発性骨髄線維症

    貧血、末梢血への赤芽球、骨髄芽球の出現、巨大などの所見がある場合は、骨髄線維症を鑑別疾患に挙げる。 骨髄生検を行い骨髄の広範な線維化を伴う巨核球の増殖と異形成、骨梁の増加を認めて確定する。[clinicalsup.jp] 巨大を起こす事が多く、中には腹腔の大半を占めるような巨脾もある [8] 。 髄外造血の結果、末梢血中に 赤芽球 、 骨髄芽球 が認められるようになる。健康な人の末梢血では見られない 赤芽球 、 骨髄芽球 が現れる現象は白赤芽球症と称される [4] 。[ja.wikipedia.org] *末梢血で白赤芽球症、涙滴赤血球などの奇形赤血球、芽球、巨大血小板、巨核球 の出現をみる. *他に原因を認めない血清LDHの上昇. *画像検査で著明な肝を認める. *骨髄シンチグラフィーで、肝脾への取り込み増加を認める.[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 慢性リンパ性白血病

    CLLの病態は様々で、無症状のため健康診断で偶然発見されるような早期症例から、貧血や感染症、血小板減少による易出血性、リンパ節の大に伴う圧迫症状や巨大に伴う腹部の圧迫症状などを示すような進行期症例があります。[medical.radionikkei.jp] 19世紀半ば、ドイツの病理学者ルドルフ・ルートヴィヒ・カール・ウィルヒョー(ウィルヒョウ,フィルヒョウ)が巨大を伴い、血液が白色がかって死亡した(今で言う慢性骨髄性白血病)患者を調べて報告したのが白血病の血液疾患としての最初の認知であるが、ウィルヒョーの報告ののち、白血病は経過が比較的ゆっくりなものを慢性白血病、早いものを急性白血病と[ja.wikipedia.org]

  • ゴーシェ病

    常染色体劣性遺伝により,細胞内リソソームに存在するβ‐グルコシダーゼ(グルコセレブロシダーゼともいう)という糖脂質の分解排出に必要な酵素が欠損する結果,脾臓,肝臓,骨髄を主とする全身の網内系細胞にグルコセレブロシドという脂質が異常に沈着蓄積して巨大,肝腫,病的骨折,骨疼痛,貧血や白血球減少,血小板減少などを呈する疾患である。[kotobank.jp]

  • リンパ腫

    基礎知識 検査 治療 療養 更新・確認日:2019年04月26日 [ 履歴 ] 履歴 2019年04月26日 「5.疫学・統計」の項目名を「5.患者数(がん統計)」に変更し、内容を更新しました。 2017年09月13日 がんの冊子「悪性リンパ腫」2017年第3版の内容を反映するとともに、4タブ形式に変更しました。 2015年11月26日 タブ形式に変更しました。「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」「造血器腫瘍取扱い規約 2010年3月(第1版)」より内容を更新しました。 2011年02月21日 更新しました。 2006年10月19日 「悪性リンパ腫の診断と治療」を掲載しました。[…][ganjoho.jp]

  • サルコイドーシス

    サルコイドーシス (Sarcoidosis) とは、非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫が臓器に認められる疾患。厚生労働省が認定する特定疾患の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性骨髄性白血病

    19世紀半ば、ドイツの病理学者ルドルフ・ルートヴィヒ・カール・ウィルヒョー(ウィルヒョウ,フィルヒョウ)が巨大を伴い、血液が白色がかって死亡した(今で言う慢性骨髄性白血病)患者を調べて報告したのが白血病の血液疾患としての最初の認知であるが、ウィルヒョーの報告ののち、白血病は経過が比較的ゆっくりなものを慢性白血病、早いものを急性白血病と[ja.wikipedia.org]

  • 骨髄増殖性疾患

    Abstract 骨髄増殖性腫瘍(myeloproliferative neoplasms;MPN)は,融合遺伝子の形成や遺伝子変異によりチロシンキナーゼが恒常的に活性化され,好中球,赤血球,血小板,肥満細胞などの骨髄系細胞のうち1 系統以上の細胞が,末梢血あるいは骨髄においてクローナルに増殖する造血器腫瘍である.髄外造血や,それに伴う肝脾腫が高頻度にみられ,主として真性赤血球増加症 (polycythemia vera;PV),本態性血小板血症 (essential thrombocythemia;ET)と原発性骨髄線維症 (primary myelofibrosis;PMF)の3[…][pieronline.jp]

  • マントル細胞リンパ腫

    マントル細胞リンパ腫(マントルさいぼうリンパしゅ、英: mantle cell lymphoma, MCL)は、B細胞性悪性リンパ腫の一分類で、t(11:14)(q13:q32)によるサイクリンD1(CCND1)の過剰発現で特徴づけられる。 日本においては悪性リンパ腫の約3%を占め、中年から高年層(年齢中央値65歳)の男性(男女比2 3:1)に多い。欧米ではやや頻度が高い(3 10%)。 他の悪性リンパ腫と症状は同じ(悪性リンパ腫#症状も参照)で、マントル細胞リンパ腫に特有の症状はない。 約7割に節外病変を認め、消化管が2[…][ja.wikipedia.org]

  • ホジキン病

    抄録 症例は29歳,女性.乾性咳嗽が出現し,炎症反応の高値と胸部X線写真で右中肺野の浸潤影を指摘された.胸部CTにて右S3に腫瘤影を認めた. CTガイド下肺生検と縦隔鏡によるリンパ節生検にてホジキン病と診断された.肺の腫瘤がリンパ節と比べ大きいことより,肺原発のホジキン病で,アンアーバー分類でStage IIEと診断した. ABVD療法を施行したところ腫瘍は消失した.肺原発ホジキン病は稀であり文献的考察を加え報告する.[jstage.jst.go.jp]

さらなる症状