Create issue ticket

考えれる375県の原因 巨人症

  • 下垂体腺腫

    例えば、プロレスラーの故ジャイアント馬場さんは、成長ホルモンを多く出す下垂体腫瘍(しゅよう)のため、2mを超す巨人になりました。視力障害を生じたため手術を要し、プロ野球を辞めざるを得ませんでした。[hosp.u-fukui.ac.jp] ホルモンを過剰に分泌するホルモン産生腺腫とホルモンを分泌しない非機能性腺腫に分けられ、ホルモン産生腺腫には、成長ホルモン産生腺腫(先端巨大巨人)、プロラクチン産生腺腫(プロラクチノーマ)、副腎皮質刺激ホルモン産生腺腫(クッシング病)などがあります。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 機能性下垂体腺腫の代表的なものに、プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)産生下垂体腺腫(プロラクチノーマ、無月経・乳汁漏出症候群)、成長ホルモン産生下垂体腺腫(先端巨大巨人)、副腎皮質刺激ホルモン産生下垂体腺腫(クッシング症候群、ネルソン症候群)があり、まれに甲状腺刺激ホルモン産生下垂体腺腫(バセドウ病に似た症状)、性腺刺激ホルモン産生下垂体腺腫[kotobank.jp]

  • マルファン症候群

    巨人などでは手も大きく,すでに松浦静山《甲子(かつし)夜話》には手首より中指先まで約29cmある身長7尺3寸(約2m20cm)の釈迦嶽(しやかがたけ)という力士の手形の話がある。… ※「マルファン症候群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報[kotobank.jp]

  • クラインフェルター症候群

    クラインフェルター症候群(クラインフェルターしょうこうぐん、英: Klinefelter syndrome)とは、男性の性染色体にX染色体が一つ以上多いことで生じる一連の症候群。1942年にハリー・クラインフェルターによって初めて報告された。この症候群の男性は通常、生殖能力が無く他の男性と比較して糖尿病、慢性肺疾患、静脈瘤、甲状腺機能低下症、乳がんを発症しやすい傾向にあるとされている。 通常の男性の性染色体は「XY」であるが、これにX染色体が過剰で「XXY」となっている。一般に「47 XXY」やモザイク型の「47XY/47XXY[…][ja.wikipedia.org]

  • 腺腫

    ホルモンを過剰に分泌するホルモン産生腺腫とホルモンを分泌しない非機能性腺腫に分けられ、ホルモン産生腺腫には、成長ホルモン産生腺腫(先端巨大巨人)、プロラクチン産生腺腫(プロラクチノーマ)、副腎皮質刺激ホルモン産生腺腫(クッシング病)などがあります。[kompas.hosp.keio.ac.jp] プロラクチン産生下垂体腺腫:高プロラクチン血により乳汁分泌や無月経で発症する。 成長ホルモン産生下垂体腺腫:先端巨大巨人で発症する。高血圧、糖尿病、悪性腫瘍の原因となる。 副腎皮質刺激ホルモン産生下垂体腺腫:クッシング病とも呼ばれる。中心性肥満、多毛、高血圧、糖尿病などを併発する。[hama-med.ac.jp] 成長ホルモン産生下垂体腺腫:先端巨大巨人,糖尿病,高血圧,睡眠時無呼吸,癌 プロラクチン産生下垂体腺腫:乳汁分泌,無月経 副腎皮質刺激ホルモン産生下垂体腺腫:肥満,多毛,ニキビ,糖尿病,高血圧,うつ病 甲状腺刺激ホルモン産生下垂体腺腫:頭痛,痩せ,手の振戦,動悸, 非機能性下垂体腺腫:視力視野障害 下垂体卒中と呼ばれ,腫瘍内に突然出血[kantoh.johas.go.jp]

  • 先端巨大症

    (C)法研 「先端巨大巨人)」に関連する記事 治療 研究・その他 シリーズ[yomidr.yomiuri.co.jp] 【MixOnline】パンくずリスト 【MixOnline】記事詳細 ノバルティス 先端巨大、下垂体性巨人用薬パシレオチドを承認申請 公開日時 2015/08/05 03:50 ノバルティス ファーマはこのほど、ソマトスタチンアナログ(SSA)製剤のパシレオチドパモ酸塩(一般名、開発コード:SOM230)について、先端巨大および下垂体性巨人[mixonline.jp] 先端巨大および下垂体性巨人は、脳下垂体にできた腫瘍から過剰に分泌される成長ホルモンが原因で、鼻、口唇、手足など身体の先端部や心臓の肥大、高身長や手足の異常な成長など、さまざまな症状を引き起こす疾病です。[teijin-pharma.co.jp]

  • ウィルソン病

    全体的にでかいのが巨人、骨端閉鎖後に骨のはしっこのみ成長してしまったのが末端肥大( アントニオ猪木 の様に目の上の眉弓が張り出しあごがしゃくれあがる)。また、 ジャイアント馬場 も巨人患者であった。治療としては外科的に腺腫を切除する(Hardyの手術など)。[ja.wikipedia.org] プラダー・ウィリー症候群 ローレンス・ムーン・ビードル症候群 下垂体 [ 編集 ] 下垂体性巨人 ・ 先端巨大 : 成長ホルモンが異常に放出される(GH )事により起きる疾患で下垂体巨大腺腫が原因。[ja.wikipedia.org]

  • 思春期早発症

    必ずしも3徴候を示している必要はなく、また3徴候以外にも、甲状腺機能亢進、Cushing症候群、下垂体性巨人、副甲状腺機能亢進症、低リン血性くる病などの多彩な内分泌機能異常の合併が報告されている。早期に思春期早発症を呈することが特徴である。 ゴナドトロピンの分泌は抑制されているのに性ホルモンの上昇がみられる。[tanaka-growth-clinic.com]

  • 内分泌機能不全

    血糖を上げる ホルモンの種類 関連する ホルモンの病気 特徴 成長ホルモン 下垂体性巨人 先端巨大症 脳の下垂体という小さな臓器から成長ホルモンがたくさん分泌される病気です。お子さんの場合は、骨が伸びる最中に成長ホルモンがたくさん分泌されるため、身長がとても高くなる特徴があり、下垂体性巨人と呼ばれます。[dmic.ncgm.go.jp] 全体的にでかいのが巨人、骨端閉鎖後に骨のはしっこのみ成長してしまったのが末端肥大( アントニオ猪木 の様に目の上の眉弓が張り出しあごがしゃくれあがる)。また、 ジャイアント馬場 も巨人患者であった。治療としては外科的に腺腫を切除する(Hardyの手術など)。[ja.wikipedia.org] 原発性・二次性)/副甲状腺機能低下(本態性・偽性) ・先端肥大巨人/成長ホルモン欠損症(小児・成人/原発性・二次性) ・プロラクチノーマ/乳汁漏出症候群 ・尿崩症(中枢性・腎性・心因性)/不適切抗利尿ホルモン分泌症候群/低Na血症 ・汎下垂体機能低下症/シーハン症候群 ・単独下垂体ホルモン(ACTH・LH/FSH・GH)欠損症 ・思春期早発症[saitama-med.ac.jp]

  • VIP産生腫瘍

    下垂体性巨人(外科的処置、他剤による治療で効果が不十分な場合又は施行が困難な場合) 進行・再発癌患者の緩和医療における消化管閉塞に伴う消化器症状の改善[kegg.jp] 2.先端巨大・下垂体性巨人: 1).先端巨大・下垂体性巨人には、用量は、成長ホルモン濃度、インスリン様成長因子 1/ソマトメジン C濃度及び臨床症状により10mg単位で適宜増減できる。 2).先端巨大・下垂体性巨人には、40mgの投与にあたっては、20mgずつを異なる2箇所に注射する。[medical.nikkeibp.co.jp] 次の疾患における成長ホルモン,ソマトメジン-C分泌過剰状態及び諸症状の改善/先端巨大・下垂体性巨人(外科的処置,他剤による治療で効果が不十分な場合又は施行が困難な場合)。[medpeer.jp]

  • 下垂体腫瘍

さらなる症状