Create issue ticket

考えれる51県の原因 巧緻動作障害

  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性アルコール依存症

    某人気グループのメンバーが書類送検されたことが大きなニュースになってます。国政やら南北朝鮮やら重要な問題がたくさんあるときに、それほど大騒ぎすることでもあるまい、という気がしつつも、つい見てしまう自分が恥ずかしい。 飲酒で酩酊状態になったことが原因のようだが、う ん、それってアルコール依存症とちゃうんか。[…][sumufumulab.jp]

  • アルコール性認知症

    アルコール性認知症とは、アルコールを多量に飲み続けた事により、脳梗塞などの脳血管障害などを起こし、その結果発症する認知症です。 ここでは、そのアルコール性認知症について、症状やや対応の仕方、改善策について説明します。 この記事の目次 アルコール性認知症について アルコールを多量に飲む事で障害が起こり認知症になります 高齢者にも多く、他の認知症と合併する場合もあります アルコール性認知症の症状 記憶障害、見当識障害、作話などが起こります アルコール依存症と同じ様な症状 アルコール性認知症の方への対応の仕方 症状を見逃さないで早めの受診を 周りが関わり孤独にさせない[…][info.ninchisho.net]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    多発性硬化症(MS)を有する人々の推定85%が最初に再発寛解型MS(RRMS)と診断されている。これらの人々の大部分は、最終的に二次進行型MS(SPMS)を発症します。これはより安定した症状と障害の進行およびより少ないまたは全く再発しないことを特徴とします。 疾患修飾治療が広く利用可能になる前は、RRMS患者の約90%が25年以内にSPMSを発症し、10年以内に約半分を発症しました。疾患修飾療法がMSの進行にどのような影響を与えるかは現在不明であるが、この割合がより低いこと、そしてSPMSの開発がより遅いことを仮定している(そして望んでいる)。 誰が危険にさらされている[…][ja.diphealth.com]

  • パーキンソン病

    基礎知識と療養のポイント 監修;兵庫県立尼崎総合医療センター 脳神経内科 パーキンソン病は神経難病の中で最も患者さんが多く、研究が進んでいる疾患です。研究の歴史も古く、1817年にイギリスのジェームス・パーキンソンが最初に患者を報告しました。この疾患は厚生労働省の指定難病です。 1.パーキンソン病はどんな病気? どのくらいの患者さんがいるのでしょうか?人口10万人あたり100 120人の患者さんがおられます。発症年齢は50 60歳代で日本では男性よりも女性のほうが多いとされています。家族性(遺伝性)は5-10%で、大半は非遺伝性です。 2.パーキンソン病の主な症状[…][agmc.hyogo.jp]

  • パーキンソン病 3型

    PDpedia 進行期のパーキンソン病治療に求められるもの 2016/03/08 16:37 に 全国パーキンソン病友の会本部事務局 が投稿 ーパーキンソン病の治療と自己管理の基本ー より個別性の高い治療のために重要となる患者と主治医の意思疎通について、患者はどのような点に注意すべきか、国立病院機構相模原病院神経内科医長・長谷川一子先生にお伺いした記事が、 マックス第41号(企画・制作/リノ・メディカル(株)、提供/協和発酵キリン(株))に掲載されていましたので紹介します。 「進行期では、個々の病態に合わせたオーダーメイドの治療が必要」 1.[…][sites.google.com]

  • 多発梗塞性認知症

    糖尿病 、 高血圧症 、喫煙、 脂質異常症 などの 動脈硬化症 の危険因子があり、 脳梗塞 をくり返すことによって認知症があらわれ、進んでいきます。 アルツハイマー病 との鑑別診断が重要になりますが、多発梗塞性認知症ではCT(コンピュータ断層撮影)やMRI(磁気共鳴画像法)で脳梗塞の多発がみられ、病気の進行はゆっくりで、階段状に一歩一歩わるくなっていきます。CTでみて脳の100g以上に梗塞が起こると、認知症がはじまると考えられています。[…][medical.jiji.com]

  • 悪性貧血

    悪性貧血 (あくせいひんけつ)とは、胃粘膜の萎縮による 内因子 の低下により ビタミンB 12 が欠乏することで生じる 貧血 。 巨赤芽球性貧血 の一種。 概念 [ 編集 ] 胃粘膜が萎縮することでビタミンB 12 の吸収に必要な内因子が低下するために DNA の合成が障害されるために起こる。内因子の欠乏は他にも胃全摘後などにも起こるが、悪性貧血と呼ばれるのは 萎縮性胃炎 によるものだけである。「悪性」と呼ばれるのはビタミンB 12 が発見されるまでは治療法がなく致死的な経過をたどったため。 病態 [ 編集 ] 回腸 末端には内因子受容体が存在し、ビタミンB 12[…][ja.wikipedia.org]

  • 大麻乱用

    秋元才加とJOYがパーソナリティを務め、生活に身近な情報や政府の取り組みをわかりやすく伝えるTOKYO FMの番組「秋元才加とJOYのWeekly Japan!!」。6月30日(土)の放送では、厚生労働省 監視指導・麻薬対策課の牧角一信さんに、「身近にひそむ薬物乱用」について伺いました。 左から秋元才加、JOY、牧角一信さん[…][excite.co.jp]

  • 片側不全麻痺

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動 片麻痺 分類および外部参照情報 診療科・ 学術分野 神経学 ICD - 10 G 80.2 , G 81 ICD - 9-CM 342 - 343 , 438.2 MeSH D006429 片麻痺 (へんまひ、かたまひ、hemiplegia)とは、一側性にみられる上下肢の運動 麻痺 。いわゆる半身不随の状態といえる。 不完全な麻痺(障害が部分的であるか、筋力低下にとどまる)を不全麻痺(ふぜんまひ、paresis)と呼ぶ。原因となる障害部位は 脳 の 大脳皮質 及び 内包 や 脳幹 部から 脊髄[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状