Create issue ticket

考えれる1県の原因 左腎臓発育不全

  • 線状皮膚障害症候群がある小眼球症

    骨・筋肉の病気 肘突起分離症 肘の関節の病気で、始めは前肢が軽度に破行、だんだんと状態は悪くなる。通常は1歳以降に発症し、多くは両側性に起こる。 椎間板ヘルニア 椎間板が変性し、腰の神経を圧迫するため、運動障害や、後肢の麻痺や失禁などが生じます。症状がひどいと、俗に言う腰抜けの症状となります。 椎間板疾患 椎間板が変性し、腰の神経を圧迫するために、運動障害や、後肢の麻痺・失禁などが生じます。 軟骨形成不全 先天的な奇形により、脚が変形し、歩行障害を起こします。 骨化石症 子犬で骨が異常に石灰化され、脚が外側に広がり、起立できない疾患です。原因は不明です。 眼の病気 眼瞼内反症[…][pet-hospital.org]

さらなる症状