Create issue ticket

考えれる71県の原因 左肩痛

  • 狭心症

    痛みは前胸部が最も多いが他の部位にも生じる事がある(心窩部から、頸部や左肩へ向かう放散など)。発作は大体15分以内には消失する。他に動悸・不整脈、呼吸困難、頭痛、嘔吐など。症状を放置した場合、心筋梗塞、心室細動などを引き起こす場合がある。 心電図一般的には発作時にST部の、上に向かい凸状の上昇または下降が見られる。[ja.wikipedia.org] 痛みの場所も胸・左肩・顎・心窩部と幅広いのが特徴です。そのため心臓の痛みと自覚しない人も少なくありません。医師は、心臓病による痛みかどうかはっきりしない時には、心臓病に準じて検査を行っていきます。特に不安定狭心症や心筋梗塞が否定できない時は、確実に否定できるまで経過観察を行います。[fukuda-c.com] 時に上腹部や左肩、または首や顎に広がる症状を呈することがあり、放散と言います。このため患者さんによっては「胃が痛い」、「歯が痛い」と言う症状で病院に来院されて、狭心症の診断を受けることもあります。 検査 冠動脈に狭窄があっても安静では必要な血流が確保されているため、安静時に行う心電図などの検査では異常を検出できないことが多いです。[osaka.hosp.go.jp]

  • 心筋梗塞

    狭心症や心筋梗塞いずれの場合も痛みを、背中や左肩、左腕、下顎で感じたり、あるいは心窩部(みぞおちあたりの痛み)や上腹部痛のこともあり(放散痛)、他の病気とまぎらわしい場合があります。 このような症状が出た場合は、早く医師の診察を受けるべきです。特に、心筋梗塞を思わせる重篤な症状の場合は直ちに受診してください。[otemae.gr.jp] 発症したものは消化器疾患と誤診されることがある.同時に左肩,左上腕,頸部,下顎に関連をみることもある.[kotobank.jp] 狭心症が不安定化した後に急性心筋梗塞を発症している例が,梗塞前狭心症を有する例の約半数にみられる.急性心筋梗塞発症時の典型的な症状は胸骨下部ないし左前胸部を中心とした激烈な疼痛で,押しつぶされる,締めつけられる,棒をねじ込まれる,焼かれるなどと表現され,30分から数時間持続する.左胸,胸部全体,心窩部,背部の痛みで発症することもあり,上腹部[kotobank.jp]

  • 急性心筋梗塞

    発症したものは消化器疾患と誤診されることがある.同時に左肩,左上腕,頸部,下顎に関連をみることもある.[kotobank.jp] 狭心症が不安定化した後に急性心筋梗塞を発症している例が,梗塞前狭心症を有する例の約半数にみられる.急性心筋梗塞発症時の典型的な症状は胸骨下部ないし左前胸部を中心とした激烈な疼痛で,押しつぶされる,締めつけられる,棒をねじ込まれる,焼かれるなどと表現され,30分から数時間持続する.左胸,胸部全体,心窩部,背部の痛みで発症することもあり,上腹部[kotobank.jp]

  • 五十肩

    五十肩(ごじゅうかた、英: frozen shoulder)は、肩の痛みと運動制限をきたす疾患。四十肩とも。正式には肩関節周囲炎(英: shoulder periarthritis)という疾患群のことで、肩関節の周囲に起こる炎症のこと。従来は腱板損傷や石灰沈着性腱板炎なども含めて五十肩と呼んでいたが、近年では原因のあきらかな疾患は五十肩に含めない。すなわち、肩に疼痛(痛み)と運動障害がある、患者の年齢が40歳以降である、明らかな原因がないという3条件を満たすものを五十肩と呼ぶ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肩インピンジメント症候群

    や外傷の既往はなし。 夜中寝ていて突然左肩が痛くなり、寝られず、救急車で来院。 ROM(関節可動域)は痛みのため障害され、他動的に外転させることができない。 えも) 診断は? Dr.M) 他動的に外転できないほどの関節可動域障害は、普通は癒着性腱板炎か脱臼でしか起こらない。普通は痛いながらもある程度他動的に動かせる。[kaita-hospital.jp]

  • 肩腱板損傷

    肩関節系 肩・肘・手関節の検査 肩腱板損傷 棘上筋腱断裂 一ヶ月前より左肩関節・可動性障害ありレントゲンで異常無し、MRI検査にて棘上筋腱の断裂を認める レントゲンとMRIの比較 【主訴】 左肩の疼痛、運動 【レントゲン】 単純Xpでは(ひだり)肩関節に、骨折・脱臼、骨硬化、骨棘等は認めない。[ucc.or.jp] 診断 図1 左肩MRI 棘上筋腱の断裂を認める。 肩関節の可動(動かすと痛い)、引っかかり(impingement:動作の途中で引っかかる)が特徴的な症状です。症状が進行すれば筋力低下が生じ、目の高さに腕を挙上すると疼痛や脱力を自覚する場合もあります。適切な病歴の問診と診察が診断上非常に大切です。[hospital.luke.ac.jp]

  • 異型狭心症

    前胸部圧迫感や絞扼感、人によっては左腕や左肩からみぞおち・頸部・左肩への放散を感じる場合があります。それ以外にも喉の詰まり感を訴える場合もあります。また、同時に冷汗やしびれを感じることもあります。 異型狭心症の発作時は、 ニトログリセリン舌下錠 が大変有効です。[kango-oshigoto.jp] 症状 締め付けられるような痛みや圧迫感(狭心痛といいます)を自覚する事が殆どです.痛みを感じる場所は前胸部が最も多く,それ以外にも左肩への放散が認められることもあります.また稀には,胸部症状を認めずにみぞおちの痛み(心窩部痛)や,吐き気・嘔吐だけの場合もあります.その他に,呼吸困難感や左側胸部痛を認めることもあります.発作の持続は数分間であることが[ebina-heart.com] 前胸部の他にも狭心症と同様に顎や喉、左肩などに放散として現れる場合があります。 ただし注意しなければならないのは必ずしも典型的な症状を呈するわけではないということです。 糖尿病を患っている方や心筋梗塞の位置や範囲によっては、必ずしも胸痛を伴わないことがあります。 また消化器症状で発症する場合もあります。[oukai.or.jp]

  • 回旋腱板腱炎

    水泳や野球によって回旋腱板腱炎を発症し、肩を痛める危険性があることに注意が必要です。 回旋腱板腱炎(かいせんけんばんけんえん)とは、肩の内側にある回旋腱板("回旋筋腱板" とも表記)と呼ばれる部位が、炎症を起こす症状のこと。 回旋腱板腱炎が酷い場合には、就寝時や安静にしている時ですら 肩に突き刺すような鋭い痛みを感じ、日常生活にも大きな支障を及ぼします。 そんな回旋腱板腱炎の原因は、肩や腕を酷使することで回旋腱板が損傷してしまうため。そして、一度大きく損傷した回旋腱板は、手術ですら完治が難しいと言われています。(回旋腱板についての詳細は後述) 例えば、俗に「野球肩」と呼ばれ[…][hotnews8.net]

  • 不安定狭心症
  • 頸性脊椎炎

    概要 疾患のポイント: 化膿性脊椎炎は頚椎から仙椎にかけて、細菌が感染し、椎体や、椎間板を破壊していく病態である。その内訳は頚椎(9%)、胸椎(14%)、胸椎(11%)、腰椎(66%)と腰椎に多い。 感染経路の多くは血行感染であり、咽頭炎、慢性副鼻腔炎、消化管内感染、結核病巣などがその感染源と考えられる。 症状としては、背部痛、発熱を訴えることが多いが、高齢者の場合、発熱が顕著ではない場合もある。糖尿病、悪性腫瘍、肝硬変、透析、ステロイド歴、過去の感染の既往、高齢などが特に危険因子として挙げられる。[…][clinicalsup.jp]

さらなる症状