Create issue ticket

考えれる73県の原因 左房拡大

  • 心房細動

    表1 心房細動アブレーション治療の適応 (カテーテルアブレーションの適応と手技に関するガイドライン 2012) クラス Ⅰ 高度の拡大や高度の室機能低下を認めず、かつ重症肺疾患のない薬物治療抵抗性の有症候性の発作性心房細動で、年間50例以上の心房細動アブレーションを実施している施設で行われる場合 クラス Ⅱa 薬物治療抵抗性の有症候性[do-yukai.com] と肺静脈の解剖を把握後、2本のリング状カテーテルを上下肺静脈開口部に留置し(左上の図:拡大肺静脈隔離焼灼時、左下の図:拡大右肺静脈隔離焼灼時)、房後壁に関してはストレートラインを基礎とした解剖学的焼灼。[jhf.or.jp] の発作性および持続性心房細動 パイロットや公共交通機関の運転手など職業上制限となる場合 薬物治療が有効であるが心房細動アブレーション治療を希望する場合 クラス Ⅱb 高度の拡大や高度の室機能低下を認める薬物治療抵抗性の有症候性の発作性および持続性心房細動 無症状あるいはQOLの著しい低下を伴わない発作性および持続性心房細動 クラス Ⅲ[do-yukai.com]

  • うっ血性心不全

    〔例〕心不全 ①室機能不全により、拡大をきたし、4弓が突出する。 ②室圧の上昇は圧の上昇をもたらし、拡大をきたし、3弓が突出する。左圧の上昇は、肺静脈圧の上昇をもたらし、肺野にうっ血の所見が出現する(肺血流の再分布が見られる)。 ③肺静脈圧の上昇が、肺動脈圧の上昇をもたらし、2弓が突出する。[citec.kenkyuukai.jp] ・僧帽弁狭窄症 :と上肺野血管の拡大 ・僧帽弁閉鎖不全 :室、および肺動脈の拡大 ・大動脈弁狭窄症 :左室心尖部の突出と上行大動脈の拡大 参考文献 ・循環器画像技術研究会 『カテーテルスタッフのための心血管画像学テキスト 』 医歯薬出版 ・永井良三 『循環器研修医ノート』 診断と治療社[citec.kenkyuukai.jp] 〔例〕右心不全④肺動脈圧の上昇は、右室負荷となり、右拡大をもたらし、右2弓が突出する。 【注意】室拡大を伴わない右室拡大は、左4弓の凸の突出として認められるが(心尖部がもち上がる所見)日常多く認められるものは・左心不全に右心不全を合併したものであり、左室拡大が、X線写真上、前面に出る。[citec.kenkyuukai.jp]

  • 高拍出性心不全

    〔例〕心不全 ①室機能不全により、拡大をきたし、4弓が突出する。 ②室圧の上昇は圧の上昇をもたらし、拡大をきたし、3弓が突出する。左圧の上昇は、肺静脈圧の上昇をもたらし、肺野にうっ血の所見が出現する(肺血流の再分布が見られる)。 ③肺静脈圧の上昇が、肺動脈圧の上昇をもたらし、2弓が突出する。[citec.kenkyuukai.jp] ・僧帽弁狭窄症 :と上肺野血管の拡大 ・僧帽弁閉鎖不全 :室、および肺動脈の拡大 ・大動脈弁狭窄症 :左室心尖部の突出と上行大動脈の拡大 参考文献 ・循環器画像技術研究会 『カテーテルスタッフのための心血管画像学テキスト 』 医歯薬出版 ・永井良三 『循環器研修医ノート』 診断と治療社[citec.kenkyuukai.jp] 〔例〕右心不全④肺動脈圧の上昇は、右室負荷となり、右拡大をもたらし、右2弓が突出する。 【注意】室拡大を伴わない右室拡大は、左4弓の凸の突出として認められるが(心尖部がもち上がる所見)日常多く認められるものは・左心不全に右心不全を合併したものであり、左室拡大が、X線写真上、前面に出る。[citec.kenkyuukai.jp]

  • 急性心房梗塞

    表1 心房細動アブレーション治療の適応 (カテーテルアブレーションの適応と手技に関するガイドライン 2012) クラス Ⅰ 高度の拡大や高度の室機能低下を認めず、かつ重症肺疾患のない薬物治療抵抗性の有症候性の発作性心房細動で、年間50例以上の心房細動アブレーションを実施している施設で行われる場合 クラス Ⅱa 薬物治療抵抗性の有症候性[do-yukai.com] (心房細動に対するカテーテルアブレーションの適応) 当院における心房細動のカテーテルアブレーションの基本的な適応基準としては、1)自覚症状の強い再発性の心房細動例、2)抗不整脈薬抵抗性心房細動例、3)75 歳以下、除外基準としては、1)自覚症状のない慢性心房細動例、2)拡大が著明な例、3)抗凝固薬の内服が不可能な症例としています。[cvi.or.jp] の発作性および持続性心房細動 パイロットや公共交通機関の運転手など職業上制限となる場合 薬物治療が有効であるが心房細動アブレーション治療を希望する場合 クラス Ⅱb 高度の拡大や高度の室機能低下を認める薬物治療抵抗性の有症候性の発作性および持続性心房細動 無症状あるいはQOLの著しい低下を伴わない発作性および持続性心房細動 クラス Ⅲ[do-yukai.com]

  • 急性肺性心

    〔例〕心不全 ①室機能不全により、拡大をきたし、4弓が突出する。 ②室圧の上昇は圧の上昇をもたらし、拡大をきたし、3弓が突出する。左圧の上昇は、肺静脈圧の上昇をもたらし、肺野にうっ血の所見が出現する(肺血流の再分布が見られる)。 ③肺静脈圧の上昇が、肺動脈圧の上昇をもたらし、2弓が突出する。[citec.kenkyuukai.jp] X線検査では、僧帽弁閉鎖不全症で最も早期に現れる拡大や重度になるに連れて現れる心拡大などを評価します。うっ血性心不全に伴う肺水腫の診断にもとても役立ちます。 超音波検査では、僧帽弁の形態の評価や逆流血流の存在の評価をして僧帽弁閉鎖不全症の確定診断を行います。[narukawa-ah.com] ・僧帽弁狭窄症 :と上肺野血管の拡大 ・僧帽弁閉鎖不全 :室、および肺動脈の拡大 ・大動脈弁狭窄症 :左室心尖部の突出と上行大動脈の拡大 参考文献 ・循環器画像技術研究会 『カテーテルスタッフのための心血管画像学テキスト 』 医歯薬出版 ・永井良三 『循環器研修医ノート』 診断と治療社[citec.kenkyuukai.jp]

  • 中程度に区別された胸腺神経内分泌癌

    僧帽弁閉鎖不全症では著明な拡大によって球状を呈する。 側面像 通常はRL像(左側面像)で評価する。右拡大は胸骨後腔の狭小化や右室流出路の拡大によって評価できる。拡大室後縁と下大静脈の交点が横隔膜下にくることで確認ができる。拡大気管支幹の右上方への圧迫や明らかな後方突出で確認できる。[ja.wikipedia.org] 右心不全など右拡大する疾患では突出が認められる。右室拡大でも右を右方に偏位させるため突出する。拡大が著明な僧帽弁疾患では右の内側に房辺縁が観察されることがある。これをdouble shadowという。 左第1弓 正常では大動脈弓が写っている影である。高齢者、動脈硬化、高血圧で拡大する。[ja.wikipedia.org] 逆に肺血流が低下する疾患、例えば 完全大血管転位症 (Ⅲ型)や ファロー四徴症 では第2弓の消失、平坦化が認められる。 第3弓 正常では心耳による影である。拡大で膨隆する。正常ではほとんど弓として認められない。心房細動などの基礎疾患がある場合は確認できることがある。 第4弓 正常では左室による影である。[ja.wikipedia.org]

  • 徐脈性不整脈

    (心房細動に対するカテーテルアブレーションの適応) 当院における心房細動のカテーテルアブレーションの基本的な適応基準としては、1)自覚症状の強い再発性の心房細動例、2)抗不整脈薬抵抗性心房細動例、3)75 歳以下、除外基準としては、1)自覚症状のない慢性心房細動例、2)拡大が著明な例、3)抗凝固薬の内服が不可能な症例としています。[cvi.or.jp] 当院ではより効果の高い、肺静脈周囲の前庭部を含む領域を隔離する拡大肺静脈隔離術に加え、必要に応じてその間に挟まれたの後壁領域を隔離する方法(左房後壁隔離)を行っております。また、持続性心房細動(7日以上停止しない心房細動)や心臓疾患に伴う心房細動では、さらに必要に応じて線状焼灼や低電位領域の焼灼を必要に応じて加えております。[nms.ac.jp]

  • 慢性右側うっ血性心不全

    〔例〕心不全 ①室機能不全により、拡大をきたし、4弓が突出する。 ②室圧の上昇は圧の上昇をもたらし、拡大をきたし、3弓が突出する。左圧の上昇は、肺静脈圧の上昇をもたらし、肺野にうっ血の所見が出現する(肺血流の再分布が見られる)。 ③肺静脈圧の上昇が、肺動脈圧の上昇をもたらし、2弓が突出する。[citec.kenkyuukai.jp] ・僧帽弁狭窄症 :と上肺野血管の拡大 ・僧帽弁閉鎖不全 :室、および肺動脈の拡大 ・大動脈弁狭窄症 :左室心尖部の突出と上行大動脈の拡大 参考文献 ・循環器画像技術研究会 『カテーテルスタッフのための心血管画像学テキスト 』 医歯薬出版 ・永井良三 『循環器研修医ノート』 診断と治療社[citec.kenkyuukai.jp] 〔例〕右心不全④肺動脈圧の上昇は、右室負荷となり、右拡大をもたらし、右2弓が突出する。 【注意】室拡大を伴わない右室拡大は、左4弓の凸の突出として認められるが(心尖部がもち上がる所見)日常多く認められるものは・左心不全に右心不全を合併したものであり、左室拡大が、X線写真上、前面に出る。[citec.kenkyuukai.jp]

  • 心房性不整脈

    当院ではより効果の高い、肺静脈周囲の前庭部を含む領域を隔離する拡大肺静脈隔離術に加え、必要に応じてその間に挟まれたの後壁領域を隔離する方法(左房後壁隔離)を行っております。また、持続性心房細動(7日以上停止しない心房細動)や心臓疾患に伴う心房細動では、さらに必要に応じて線状焼灼や低電位領域の焼灼を必要に応じて加えております。[nms.ac.jp]

  • 後壁心筋梗塞

    P波の高さが0.25mV以上で右負荷となります。 僧帽P 心房が拡大してくると、P波の電気軸は左に傾き、Ⅱ誘導でのP波の幅が広くなります。 P波の幅が0.11msec以上で左房負荷と診断できます。 高さ幅ともにP波は、二目盛り半、とんがり右房に幅広左房と覚えるといいです。[citec.kenkyuukai.jp]

さらなる症状