Create issue ticket

考えれる42県の原因 左室駆出率減少

  • 三尖弁閉鎖不全症
  • ビタミンD欠乏症

    うっ血性心不全 うっ血性心不全(心機能不全)は、脈拍が上がりその後に心室肥大になることが特徴である。心不全は、心エコー検査(心臓超音波検査)で評価される(LVEF)の減少を伴う。心不全の患者には、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬(「 血圧調整 」の項参照)が、第一選択治療薬として現在使用される。[lpi.oregonstate.edu]

  • うっ血性心不全

    ,徐波睡眠の割合は4.1 1.5%から16.5 8.3%に増加,心エコー上のは24.4 2.3%から34.3 3.3%に増加した(p 0.05).持続気道陽圧は,うっ血性心不全患者のチェーン・ストークス呼吸,睡眠の質および心機能を改善し,その非薬物治療として有用と思われた.[journal.kyorin.co.jp] 鈴鹿市加佐登3-2-1 国立療養所鈴鹿病院内科 要旨 うっ血性心不全の男性患者6例(心エコー上左室駆出率 30%)を対象に,3カ月間の持続気道陽圧の効果を検討した.全例にチェーン・ストークス呼吸(中枢型の無呼吸4例,低呼吸2例)が認められた.5cmH 2 Oの持続気道陽圧による治療後,無呼吸・低呼吸指数は34.7 21.4から6.0 7.0に減少[journal.kyorin.co.jp]

  • 心筋疾患

    心収縮能の低下 は、通常、減少として定義され、心エコー、血管造影検査、RI検査ないしは機能MRIによって測定される。50%以下のは、収縮不全が考慮される。 注釈: LMNA 関連DCMは、大抵、心不全の症状の進行よりも先に刺激伝導障害や不整脈を呈する。[plaza.umin.ac.jp] 拡張型心筋症の診断基準を満たさないが,心臓に異常所見(収縮機能は正常だが拡大を認める場合,の大きさは正常だが減少を認める場合,心電図は正常だが顕著な伝導障害や不整脈がある場合など)を呈する無症状のリスクのある血縁者に,心エコーや心電図で曖昧な所見が現れた場合,他の原因が除外できるならば,初期の拡張型心筋症の可能性がある.このような[grj.umin.jp] DCMの基準に適合しない検査結果であったが、異常を認める場合(例:正常に機能しないの拡大。心室が正常な大きさではなく減少した)は、その親族の LMNA 関連DCMの症状の多様性を反映していると思われる。[plaza.umin.ac.jp]

  • 左心室の心筋障害

    現在、最も広く利用されている左室駆出の低下の定義は、が50%未満に低下した場合か、あるいは化学療法施行前のベースラインの値よりも10%を超える減少がある場合である(Common Terminology Criteria for Adverse Events[CTCAE v4.0])。[medical.nikkeibp.co.jp] 症状がなくても、が低下した場合は速やかに抗がん剤を中止する。しかしながら、初期には収縮機能障害に先行して拡張機能障害が出現するが、心エコーでは評価が難しい場合も多い。左室駆出率の低下が指摘された時にはすでに不可逆な状態になっているともいわれている。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 常染色体優性肢帯型筋ジストロフィー 1D型

    心収縮能の低下 は、通常、減少として定義され、心エコー、血管造影検査、RI検査ないしは機能MRIによって測定される。50%以下のは、収縮不全が考慮される。 注釈: LMNA 関連DCMは、大抵、心不全の症状の進行よりも先に刺激伝導障害や不整脈を呈する。[plaza.umin.ac.jp] DCMの基準に適合しない検査結果であったが、異常を認める場合(例:正常に機能しないの拡大。心室が正常な大きさではなく減少した)は、その親族の LMNA 関連DCMの症状の多様性を反映していると思われる。[plaza.umin.ac.jp]

  • 拡張型心筋症

    心収縮能の低下 は、通常、減少として定義され、心エコー、血管造影検査、RI検査ないしは機能MRIによって測定される。50%以下のは、収縮不全が考慮される。 注釈: LMNA 関連DCMは、大抵、心不全の症状の進行よりも先に刺激伝導障害や不整脈を呈する。[plaza.umin.ac.jp] 拡張型心筋症の診断基準を満たさないが,心臓に異常所見(収縮機能は正常だが拡大を認める場合,の大きさは正常だが減少を認める場合,心電図は正常だが顕著な伝導障害や不整脈がある場合など)を呈する無症状のリスクのある血縁者に,心エコーや心電図で曖昧な所見が現れた場合,他の原因が除外できるならば,初期の拡張型心筋症の可能性がある.このような[grj.umin.jp] DCMの基準に適合しない検査結果であったが、異常を認める場合(例:正常に機能しないの拡大。心室が正常な大きさではなく減少した)は、その親族の LMNA 関連DCMの症状の多様性を反映していると思われる。[plaza.umin.ac.jp]

  • 心ブロック

    心収縮能の低下 は、通常、減少として定義され、心エコー、血管造影検査、RI検査ないしは機能MRIによって測定される。50%以下のは、収縮不全が考慮される。 注釈: LMNA 関連DCMは、大抵、心不全の症状の進行よりも先に刺激伝導障害や不整脈を呈する。[plaza.umin.ac.jp] DCMの基準に適合しない検査結果であったが、異常を認める場合(例:正常に機能しないの拡大。心室が正常な大きさではなく減少した)は、その親族の LMNA 関連DCMの症状の多様性を反映していると思われる。[plaza.umin.ac.jp]

  • 大動脈弁疾患

    時間の経過とともに,心室による代償が破綻すると,二次的な腔の拡大が惹起され,が低下し,心拍量も減少し,大動脈弁圧較差が判断を誤らせるほど低い値となる(圧較差の低い重症AS)。[msdmanuals.com] 拡大および低下をもたらす他の疾患(例,心筋梗塞,内因性の心筋症)を有する患者では,硬化した弁を完全に開口させるには心拍出量が不十分で,そのためASが特に重症でない場合にも弁口面積が顕著に小さくなる場合がある(pseudosevere AS)。[msdmanuals.com]

  • 大動脈弁狭窄症

    時間の経過とともに,心室による代償が破綻すると,二次的な腔の拡大が惹起され,が低下し,心拍量も減少し,大動脈弁圧較差が判断を誤らせるほど低い値となる(圧較差の低い重症AS)。[msdmanuals.com] 拡大および低下をもたらす他の疾患(例,心筋梗塞,内因性の心筋症)を有する患者では,硬化した弁を完全に開口させるには心拍出量が不十分で,そのためASが特に重症でない場合にも弁口面積が顕著に小さくなる場合がある(pseudosevere AS)。[msdmanuals.com]

さらなる症状