Create issue ticket

考えれる33県の原因 左室壁運動異常

  • 甲状腺好酸性細胞型濾胞癌

    著明な肝機能異常を認めた薬物性肝障害の1例(症例報告) 緊急帝王切開術の術後鎮痛に腹横筋膜面ブロックの併用が有用であった1例(症例報告) 血流解析ソフト“Flow Insight”を用いて術中に脳循環動態が確認できた浅側頭動脈-中大脳動脈吻合術の1例(症例報告) 広範囲に被膜浸潤を認めた甲状腺好酸性細胞型濾胞癌の1例(症例報告) 明らかな運動異常[nagano-matsushiro.or.jp]

  • 心筋炎

    その他、心エコーでの運動異常、ガリウム・テクネシウムピロリン酸を用いたシンチグラフィが診断に有用である。 心筋炎の確定診断は心筋生検・組織診断による。発症2週間以内の早期に、心エコーでの異常部位から採取する。心筋生検で陰性であっても心筋炎が否定されたことにはならず、その他の所見から心筋炎が疑わしい場合には繰り返し心筋生検を行う。[med.toaeiyo.co.jp]

  • 急性肺性心

    運動異常や心房・心室の拡大、弁膜症の有無などは心不全の有無を判断する決定的な要素となります。また下大静脈の拡大と呼吸性変動の有無をチェックすることにより容量過負荷の状態か判断できます。[jhf.or.jp]

  • 水疱性肺気腫

    運動異常や心房・心室の拡大、弁膜症の有無などは心不全の有無を判断する決定的な要素となります。また下大静脈の拡大と呼吸性変動の有無をチェックすることにより容量過負荷の状態か判断できます。[jhf.or.jp]

  • 冬眠腺腫

    冠動脈支配領域と分画 4. 運動の評価法 5. 運動異常の重症度 6. 代表疾患と所見の読み方 7. 気絶心筋と冬眠心筋 III. 弁膜症 A. 僧帽弁逆流 1. 成因 2. 診断のポイント 3. 代表疾患と所見の読み方 4. 機能性僧帽弁逆流 5. 重症度評価 B. 大動脈弁逆流 1. 成因 2. 診断のポイント 3.[kanehara-shuppan.co.jp]

  • ウイルス性心筋炎

    その他、心エコーでの運動異常、ガリウム・テクネシウムピロリン酸を用いたシンチグラフィが診断に有用である。 心筋炎の確定診断は心筋生検・組織診断による。発症2週間以内の早期に、心エコーでの異常部位から採取する。心筋生検で陰性であっても心筋炎が否定されたことにはならず、その他の所見から心筋炎が疑わしい場合には繰り返し心筋生検を行う。[med.toaeiyo.co.jp]

  • 頸静脈怒張

    運動異常や心房・心室の拡大、弁膜症の有無などは心不全の有無を判断する決定的な要素となります。また下大静脈の拡大と呼吸性変動の有無をチェックすることにより容量過負荷の状態か判断できます。[jhf.or.jp]

  • サルコイドーシス

    又は致死的心室性不整脈(持続性心室頻拍、心室細動など) b)心室中隔基部の菲薄化又は心室壁の形態異常(心室瘤、心室中隔基部以外の菲薄化、心室の局所的肥厚) c)収縮不全(駆出率50%未満)又は局所的心室運動異常 d) 67 Ga シンチグラフィ又は 18 F-FDG/PETでの心臓への異常集積 e)ガドリニウム造影MRIにおける[nanbyou.or.jp] 心臓所見(表4) (1) 主徴候 (a) 高度房室ブロック(完全房室ブロックを含む)または持続性心室頻拍 (b) 心室中隔基部の菲薄化または心室壁の形態異常(心室瘤、心室中隔基部以外の菲薄化、心室肥厚) (c)収縮不全(駆出率50%未満)または局所的心室運動異常 (d)Gallium-67 citrateシンチグラムまたはfluorine[jssog.com]

  • 髄膜転移

    心臓所見(表4) (1) 主徴候 (a) 高度房室ブロック(完全房室ブロックを含む)または持続性心室頻拍 (b) 心室中隔基部の菲薄化または心室壁の形態異常(心室瘤、心室中隔基部以外の菲薄化、心室肥厚) (c)収縮不全(駆出率50%未満)または局所的心室運動異常 (d)Gallium-67 citrateシンチグラムまたはfluorine[jssog.com]

  • 腎盂類表皮癌

    又は致死的心室性不整脈(持続性心室頻拍、心室細動など) b)心室中隔基部の菲薄化又は心室壁の形態異常(心室瘤、心室中隔基部以外の菲薄化、心室の局所的肥厚) c)収縮不全(駆出率50%未満)又は局所的心室運動異常 d) 67 Ga シンチグラフィ又は 18 F-FDG/PETでの心臓への異常集積 e)ガドリニウム造影MRIにおける[nanbyou.or.jp] 心臓所見(表4) (1) 主徴候 (a) 高度房室ブロック(完全房室ブロックを含む)または持続性心室頻拍 (b) 心室中隔基部の菲薄化または心室壁の形態異常(心室瘤、心室中隔基部以外の菲薄化、心室肥厚) (c)収縮不全(駆出率50%未満)または局所的心室運動異常 (d)Gallium-67 citrateシンチグラムまたはfluorine[jssog.com]

さらなる症状