Create issue ticket

考えれる65県の原因 左室壁運動異常

  • 心筋炎

    その他、心エコーでの運動異常、ガリウム・テクネシウムピロリン酸を用いたシンチグラフィが診断に有用である。 心筋炎の確定診断は心筋生検・組織診断による。発症2週間以内の早期に、心エコーでの異常部位から採取する。心筋生検で陰性であっても心筋炎が否定されたことにはならず、その他の所見から心筋炎が疑わしい場合には繰り返し心筋生検を行う。[med.toaeiyo.co.jp] 劇症型心筋炎では患者周囲に多くの輸液ルート,人工呼吸器,補助循環関連機器やモニターが存在するため,心エコーはベッドサイドでの非侵襲的検査として簡便かつ有用性の高い検査である.補助循環療法からの離脱評価のためにも必須の検査である.収縮能の低下,運動異常腔の拡大,左室心筋の肥厚,房室弁逆流および心膜液貯留に着目することが必要である[jpccs.jp]

  • 甲状腺好酸性細胞型濾胞癌

    著明な肝機能異常を認めた薬物性肝障害の1例(症例報告) 緊急帝王切開術の術後鎮痛に腹横筋膜面ブロックの併用が有用であった1例(症例報告) 血流解析ソフト“Flow Insight”を用いて術中に脳循環動態が確認できた浅側頭動脈-中大脳動脈吻合術の1例(症例報告) 広範囲に被膜浸潤を認めた甲状腺好酸性細胞型濾胞癌の1例(症例報告) 明らかな運動異常[nagano-matsushiro.or.jp]

  • 心房性不整脈

    心筋梗塞に合併した心室頻拍では、心室瘤あるいは運動異常に起因する心不全や血栓塞栓症に対する心室瘤切除術や形成術等と同時に心室頻拍に対しても手術を行う場合があります。 虚血性心室頻拍(陳旧性心筋梗塞に合併した心室頻拍)に対する手術 この手術の代表として、心内膜切除と凍結凝固と左室形成術を組み合わせたDor手術があります。[jpats.org]

  • 後壁心筋梗塞

    が存在する.運動異常は責任冠動脈病変の部位に応じて現れるため,を16分画し運動を評価することで冠動脈病変部位の想定が可能である.ただ超音波検査では,検出された壁運動異常が急性心筋梗塞によるものか陳旧性心筋梗塞の瘢痕によるものか,あるいは一過性の虚血によって生じているものかの区別は不可能である.このほか,右室梗塞,心室内血栓, 心室瘤[kotobank.jp] 菲薄化,壁運動異常などが認められる 3)不整脈: 慢性期の心筋梗塞後不整脈で重要なのは心室性不整脈,特に心室頻拍の有無である.心機能低下例での6連発以上の速い(レート150/分以上)非持続性心室頻拍については,薬物療法だけでなく植え込み型除細動器を含めた非薬物療法も考慮されるため,標準12誘導心電図に加えて定期的にHolter心電図を行[kotobank.jp] められるまでには至っていない. e)非特異的炎症マーカー:急性心筋梗塞発症後,梗塞部での炎症性変化に伴い,白血球数やCRPなどの非特異的炎症マーカーも上昇し,ときに1週間以上持続することがある. 3)画像診断: a) 心臓超音波検査 :急性心筋梗塞の画像診断法として現在最も汎用されている検査法である.急性心筋梗塞ではすべてといってよい症例で運動異常[kotobank.jp]

  • 心筋梗塞

    が存在する.運動異常は責任冠動脈病変の部位に応じて現れるため,を16分画し運動を評価することで冠動脈病変部位の想定が可能である.ただ超音波検査では,検出された壁運動異常が急性心筋梗塞によるものか陳旧性心筋梗塞の瘢痕によるものか,あるいは一過性の虚血によって生じているものかの区別は不可能である.このほか,右室梗塞,心室内血栓, 心室瘤[kotobank.jp] 菲薄化,壁運動異常などが認められる 3)不整脈: 慢性期の心筋梗塞後不整脈で重要なのは心室性不整脈,特に心室頻拍の有無である.心機能低下例での6連発以上の速い(レート150/分以上)非持続性心室頻拍については,薬物療法だけでなく植え込み型除細動器を含めた非薬物療法も考慮されるため,標準12誘導心電図に加えて定期的にHolter心電図を行[kotobank.jp] められるまでには至っていない. e)非特異的炎症マーカー:急性心筋梗塞発症後,梗塞部での炎症性変化に伴い,白血球数やCRPなどの非特異的炎症マーカーも上昇し,ときに1週間以上持続することがある. 3)画像診断: a) 心臓超音波検査 :急性心筋梗塞の画像診断法として現在最も汎用されている検査法である.急性心筋梗塞ではすべてといってよい症例で運動異常[kotobank.jp]

  • 急性心筋梗塞

    が存在する.運動異常は責任冠動脈病変の部位に応じて現れるため,を16分画し運動を評価することで冠動脈病変部位の想定が可能である.ただ超音波検査では,検出された壁運動異常が急性心筋梗塞によるものか陳旧性心筋梗塞の瘢痕によるものか,あるいは一過性の虚血によって生じているものかの区別は不可能である.このほか,右室梗塞,心室内血栓, 心室瘤[kotobank.jp] 菲薄化,壁運動異常などが認められる 3)不整脈: 慢性期の心筋梗塞後不整脈で重要なのは心室性不整脈,特に心室頻拍の有無である.心機能低下例での6連発以上の速い(レート150/分以上)非持続性心室頻拍については,薬物療法だけでなく植え込み型除細動器を含めた非薬物療法も考慮されるため,標準12誘導心電図に加えて定期的にHolter心電図を行[kotobank.jp] められるまでには至っていない. e)非特異的炎症マーカー:急性心筋梗塞発症後,梗塞部での炎症性変化に伴い,白血球数やCRPなどの非特異的炎症マーカーも上昇し,ときに1週間以上持続することがある. 3)画像診断: a) 心臓超音波検査 :急性心筋梗塞の画像診断法として現在最も汎用されている検査法である.急性心筋梗塞ではすべてといってよい症例で運動異常[kotobank.jp]

  • サルコイドーシス

    Q波のいずれかの所見 b)心エコー図:局所的な運動異常あるいは形態異常(心室瘤、心室壁肥厚) c)核医学検査:心筋血流シンチグラム(thallium-201chlorideあるいはtechnetium-99m methoxy isobutyl-isonitrile、technetium-99m tetrofosmin)での灌流異常 d[nmp.co.jp] 又は致死的心室性不整脈(持続性心室頻拍、心室細動など) b)心室中隔基部の菲薄化又は心室壁の形態異常(心室瘤、心室中隔基部以外の菲薄化、心室の局所的肥厚) c)収縮不全(駆出率50%未満)又は局所的心室運動異常 d) 67 Ga シンチグラフィ又は 18 F-FDG/PETでの心臓への異常集積 e)ガドリニウム造影MRIにおける[nanbyou.or.jp] 心臓所見(表4) (1) 主徴候 (a) 高度房室ブロック(完全房室ブロックを含む)または持続性心室頻拍 (b) 心室中隔基部の菲薄化または心室壁の形態異常(心室瘤、心室中隔基部以外の菲薄化、心室肥厚) (c)収縮不全(駆出率50%未満)または局所的心室運動異常 (d)Gallium-67 citrateシンチグラムまたはfluorine[jssog.com]

  • 急性肺性心

    運動異常や心房・心室の拡大、弁膜症の有無などは心不全の有無を判断する決定的な要素となります。また下大静脈の拡大と呼吸性変動の有無をチェックすることにより容量過負荷の状態か判断できます。[jhf.or.jp]

  • 水疱性肺気腫

    運動異常や心房・心室の拡大、弁膜症の有無などは心不全の有無を判断する決定的な要素となります。また下大静脈の拡大と呼吸性変動の有無をチェックすることにより容量過負荷の状態か判断できます。[jhf.or.jp]

  • 原発性斑状特発性皮膚萎縮症

    (伝導障害、心室性不整脈) · 心臓超音波(局所的な運動異常、心室瘤、心室中隔基部の菲薄化、収縮不全) 神経 末梢神経障害、脳神経症状、痙攣、尿崩症、頭痛 · 造影 MRI :髄膜や脳硬膜の造影効果、髄膜/脳実質の腫瘤、水頭症、多発性白質病変 · 髄液:単核球上昇、蛋白上昇、 ACE 上昇 筋症状 筋力低下、筋痛、腫瘤 · 筋炎[ncgmrheu.com] ブロック、軸偏位、異常 Q 波 (b) 心臓超音波:局所的な運動異常あるいは形態異常(心室瘤、心室壁肥厚) (c) 心血流シンチでの潅流異常 (d) 造影 MRI での心筋遅延造影 (e) 心筋生検:心筋間質の線維化や単核細胞浸潤 除外項目 巨細胞性心筋炎 全患者の25%に合併するとされる 皮膚サルコイド ①結節型:隆起性病変で浸潤のある[ncgmrheu.com] 《心サルコイドーシスの診断基準》 心病変を強く示唆する所見 1) 主徴候4項目中 2 項目以上が陽性 2) 主徴候 1 項目、副徴候が 2 項目以上陽性 主徴候 (a) 高度房室ブロック (b) 心室中隔基部の菲薄化 (c)Ga シンチグラフィーでの心臓への異常集積 (d) 収縮不全( EF ) 副徴候 (a) 心電図:心室性不整脈、右脚[ncgmrheu.com]

さらなる症状