Create issue ticket

考えれる67県の原因 左下腹部痛, 敗血症性血栓性静脈炎

つまり: 左下腹部痛, 敗血, , 血栓性静脈炎

  • 尿路感染症

    上部尿路感染症は敗血症の原因として頻度が高く、ひとたび敗血症となると播種性血管内凝固症候群や多臓器不全に陥る危険性もあるため、高齢者や免疫不全患者の上部尿路感染症には特に注意しなければならない。結石性腎盂腎炎、いわゆる膿腎症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] 治療法 1歳未満では上部尿路感染症に敗血症を合併する事が多いので、原則としては入院の上で、抗菌薬(抗生物質)の点滴投与を行います。有効な抗菌薬の使用で、2日以内に解熱し全身状態も改善します。静脈と経口の抗菌薬の治療期間はあわせて1 2週間が目安ですが、年長児ではそれよりも短く済むことがあります。[kmu.ac.jp] 特に、 腎盂腎炎は、生死に影響する様な、重症化する状態(敗血症)となる可能性があるため、早期の受診が望ましいです。[ome-clinic.com]

  • 急性胃腸炎

    細菌性腸炎は実質臓器の細菌感染や敗血症と異なり、自然軽快傾向が強いからである。 代表的な止痢薬であるロペラミドは乳幼児では腸閉塞を合併しうるため使用に注意が必要であり、細菌性腸炎では病原体の排泄を遅らせ重症化させる危険があるため禁忌である。[ja.wikipedia.org] 【治療の方法】 細菌感染が原因の急性胃腸炎では、年長児では下痢による自然除菌も期待できますが、乳幼児では発熱など全身症状も強く、敗血症を併発している危険性もあり、抗生剤(ホスミシンなど)による治療を併用することもあります。止痢剤は、腸内にたまった細菌が増殖し、症状が悪化することがあるので積極的には使いません。[yomidr.yomiuri.co.jp] 時に、菌血症・敗血症を併発し、その結果胆嚢炎・骨髄炎・脳炎・ 関節炎を続発することがある。小児(特に新生児)は成人よりも重症になりやすい。 輸液と抗生剤の投与が必要。[nms.co.jp]

  • 骨盤内炎症性疾患

    感染が血液に広がり敗血症を起こすと、命にかかわることがあります。 骨盤内炎症性疾患は膿状の液体を生じることが多く、これが原因で生殖器内や腹部臓器の間に瘢痕や癒着(異常な瘢痕組織による結合)が生じます。その結果、不妊になることもあります。炎症の期間が長く重症度が高いほど、また、再発を繰り返すほど、不妊などの合併症のリスクが高くなります。[aioi23.exblog.jp] この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用) 主な副作用として、下痢、嘔吐、吐き気、腹痛、血栓静脈、カンジダ症、発疹、じんましん、かゆみ、アトピー性皮膚炎悪化、光線過敏性反応(光にあたった部分が赤くなる)、紅斑、水疱、皮膚剥離、多形紅斑、寝汗、多汗症、皮膚乾燥、皮膚変色、脱毛などが報告されています。[rad-ar.or.jp] 主な副作用又は臨床検査値異常は、下痢(9.21%)、注入部位疼痛(4.74%)、悪心(2.63%)、血栓静脈(1.84%)、カンジダ症(1.32%)、腹痛(1.32%)、発疹(1.32%)等であった。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 腸閉塞

    症状の程度にはかなり個人差があり、腸が壊死して命にかかわる腹膜炎や敗血症を合併し、緊急手術が必要になる場合もまれにあります。 一昔前に比べると、腸閉塞の頻度は少なくなってきているようです。手術技術の進歩に加え、癒着防止シートの使用など、手術の際に腸閉塞を予防するためのさまざまな工夫がこらされるようになってきたためでしょう。[medical.nikkeibp.co.jp] 絞扼性イレウスの場合は、腸管の血流が障害されており、放置すれば腸管が壊死 穿孔 腹膜炎 敗血症性ショックとなり死に至ることから、速やかな手術が必要です。 いずれの腸閉塞であっても、適切な対応がなされれば予後は良好です。しかしながら、特に癒着性イレウスの場合、保存的治療、手術療法のいずれにおいても、高率に再発することが知られています。[nishimuranaika-cl.com] 先天性腸閉鎖・狭窄 先天性食道閉鎖 先天性十二指腸閉鎖・狭窄 先天性小腸閉鎖・狭窄 直腸・肛門形成異常 直腸肛門奇形 機能的閉塞 大腸運動機能異常 ヒルシュスプルング病 ヒルシュスプルング病類縁疾患 (腸管の神経節細胞は存在するが,腸管の動きがヒルシュスプルング病のように悪い疾患群) その他 全身性疾患 周産期胎児循環異常 低出生体重児 敗血症[jsps.gr.jp]

  • 憩室膿瘍

    卵巣は子宮の左右に一つずつありますが、左の卵巣に異常が生じた場合には左下腹部が起こり、卵巣茎捻転、卵巣出血では激しい下腹部が特徴で早期の治療を要します。また、子宮外妊娠でも左下腹部が起こることがあります。[c-takinogawa.jp] 年齢階級別退院患者数 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 成人市中肺炎の重症度別患者数等 脳梗塞の患者数等 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) 年齢区分 0 10 20 30 40[kyoto-keishinkai.or.jp] 左下腹部出現し、S状結腸憩室炎、微小穿孔疑われ入院となった。保存的に治療していたが第5病日に膿瘍増大を認め、緊急結腸切除、人工肛門造設術施行された。病理所見で粘膜や膿瘍内に結晶様構造物が多数認められ、セベラマー塩酸塩による憩室炎、穿孔と考えられた。 【症例2】60歳代男性。[myschedule.jp]

  • S状結腸炎

    穿孔して腹膜炎を起こすと敗血症やショックのおそれがあるため、緊急処置を要します。 原因 憩室は先天性または後天性の原因で腸管内圧が上昇することで形成されます。後天性の主な原因に、食物繊維の摂取量の不足があげられています。 合併症である大腸憩室出血は、憩室内の血管が脆くなり破綻することで起こります。[onaka-kenko.com] 虚血性大腸炎の症状 虚血性大腸炎の典型的な症状は、急に強い腹痛(多くは左下腹部)が起こります。冷や汗や悪心(おしん:吐き気)、嘔吐を認めることもあります。その後、便意を催しトイレにいき下痢を数回しますが、だんだん血性の下痢になってきます。[tyojyu.or.jp] 炎症を繰り返すうちに腸壁が肥厚し、とくにS状結腸部では腸管の狭窄や 短縮がみられ、排便困難、排便時左下腹部などの腸閉塞症状を呈するよ うになります。 下血もときどきみられる症状ですが、たいていの場合は絶食 して安静にしていれば自然に止血します。 しかし、まれに大量出血を起こし緊急手術を要することもあります。[chikubageka.jp]

  • 尿管結石症

    腎盂腎炎 敗血症 敗血症性ショック は特に注意が必要です。 尿路結石症の主な検査 尿検査 尿中に赤血球があるか? 血尿を疑います。 尿中に白血球があるか? 膿尿を疑います。 結石の結晶がみられることもあります。 超音波検査 腎臓に結石があるのか? 尿路が閉塞していないか? 水腎症の有無を調べます。[yamano-cl.jp] 細菌がついて熱を出した場合には、菌が血液の中に入って敗血症という重症感染症を引き起こす危険があり、緊急処置を必要とすることもあります。 検査 尿検査:血尿や膿尿(感染していないか)の有無を確認します。 血液検査:炎症の有無や腎機能の評価を行います。[shinonoi-ghp.jp] 結石の治療にはどうしても腎盂腎炎や敗血症のリスクが伴いますが、患者さんのために安全な治療を心掛けています。[med.nagasaki-u.ac.jp]

  • 幼児胃腸炎

    (下痢するまでは腸重積、髄膜炎、敗血症まで鑑別しながら経過をみます。) 嘔吐下痢症状を起こす代表的なものはノロウイルスとロタウイルスです。 ノロウイルスは乳児からお年寄りまで誰でもかかります。1 2日の短い潜伏期で3日間ほどで治ります。 ロタウイルスは乳児から小学校入学頃までの小児に多く、乳児健診 保育園、幼稚園などで流行します。[oita-min.or.jp] あり 稀 ない、または軽度(37 台) 多い 合併症 稀に 心臓 障害を起こすことがある 敗血症 、 髄膜炎 敗血症、 ギラン・バレー症候群 溶血性尿毒症症候群 (HUS)、 血栓性血小板減少性紫斑病 (TTP) 溶血性尿毒症症候群(HUS)、 ライター症候群 脱水症状 脱水症状、 腸重積症 、 肝炎 、 心筋炎 、 脳炎 、 ウイルス性急性脳症[ja.wikipedia.org]

  • 卵管・卵巣膿瘍

    下腹部に多い『便秘症』 お腹の左下にある大腸の一部のS状結腸に便が滞りやすいことから、左下腹部が現れることが多いと言われていますが、右下腹部痛が生じることもあります。 便秘とは一般的に「排便が順調に行われない状態」と言われています。[c-takinogawa.jp] ) 、胆道感染 (30%) (炎症・外傷) 腹膜炎 (80%) 、腹壁膿瘍 (94%) 敗血症 3)膣内常在嫌気性菌 (分娩・流産・帝王切開) 卵管炎・骨盤腹膜炎 (56%) 、卵管・卵巣膿瘍 (92%) 、外陰・膣膿瘍 (74%) 敗血症、IE 4)糞便・土壌 (創傷感染) 軟部組織感染症 Clostridium (経口感染) 食中毒 嫌気性菌感染症[hica.jp] 適切な治療をせず放置すれば、炎症が骨盤腔をこえて広がり、腹膜炎(「 腹膜炎とは 」)、敗血症(はいけつしょう)(「 敗血症 」)、まれに大腸や膀胱(ぼうこう)への穿孔(せんこう)(穴があくこと)をおこすことがあります。 卵管炎は卵管の通過性を阻害し、不妊の原因となることがあります。[kotobank.jp]

  • 左側虫垂炎

    虫垂炎は右下腹部をきたす疾患として有名であるが,本症例では無回転型の腸回転異常に伴い,虫垂が左下腹部に位置していたため,左下腹部を呈したものと考えられる.虫垂炎を伴う腸回転異常症は70%が無回転型であったと報告されている 2) .[yodosha.co.jp] そのままにしておいては、炎症がおなか全体に波及したり、細菌が血液に入り、全身の炎症疾患、敗血症になったりしますので、抗生剤の効果があまり認められない場合には、早い段階で手術を必要とします。 司会者:どのような手術を行うのでしょうか? 設 楽:基本的には虫垂そのものを切除します。[ib-ja.or.jp] 敗血症まで進行すると意識障害、ショックに陥る。 急性膵炎:突然の上腹部痛、腰背部痛、持続性。悪心・嘔吐、腹部膨満、食欲不振、発熱。疼痛は前屈位で軽減傾向。 慢性膵炎:初期は膵炎発作による繰り返す腹痛・背部痛。飲酒・過食・高脂肪食で誘発される。進行すると腹痛・背部痛は軽減する。さらに進行すると糖尿病を合併する。[kunichika-naika.com]

さらなる症状

類似した症状