Create issue ticket

考えれる482県の原因 局所神経障害

  • 脳血栓症

    診断基準 片麻痺・片側感覚障害などの局所神経兆候と、頭部のCTやMRI所見で診断をします。 また脳梗塞の前触れとして、一過性脳虚血発作が知られています。一時的に脳の血管が詰まるものの、すぐに血流が再開し、短い場合は5分、長くても24時間以内には消失する発作です。[himan.jp] 、脊髄、網膜の虚血のより生じる一過性神経学的機能障害で、画像上脳梗塞を認めない 2010年TIA研究班、日本脳卒中学会でも調査、研究 ABCD2 score A:age 60歳 0-1 B:blood pressure( 140/90mmHg ) 0-1 C:Clinical feature(weakness 2/speech distarbance[tokushukai.or.jp] NINDS-Ⅲでは局所性脳機能障害 TIA 脳卒中である。局所性脳機能障害とは脳の機能局在で説明できる神経脱落症状である。 失神 は脳の全般的な一過性虚血であり局所性脳機能障害である脳卒中ではない 。脳卒中で意識障害を起こすことはあるだろうが、その場合は広範な脳梗塞になったら起こるものである。[ja.wikipedia.org]

  • 脳卒中

    脳卒中センター 脳卒中センターのご案内 当院では、平成20年7月1日より脳卒中センター(38床)を開設致しました。 脳卒中とは 脳卒中とは、脳の血管が急に詰まったり破れたりして起こる病気のことです。具体的には、詰まる病気としては脳梗塞・一過性脳虚血発作(TIA)、破れる病気としては脳内出血・くも膜下出血が挙げられます。脳のどの部位が病気になるかにより、手足や顔の麻痺・しびれ、言語障害、視覚異常、めまい、頭痛など多彩な症状が出ます。 脳卒中の存在は大昔から知られており、「 卒 然として(突然に)、邪 風 (悪いカゼ)に 中[…][hoshigaoka.jcho.go.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    症状 昏睡、意識障害、錯乱など。 認識機能の障害などが強く、麻痺などの中枢神経の一部の障害による症状(局所脳症状)は、通常みられない。 検査と診断 意識障害時には血圧、血糖、麻痺の有無、意識レベルの確認などを行う。 脳血管障害との鑑別が重要となる。 血液検査:血糖、アンモニア、ビタミン(特にB1)、電解質、腎機能、血流ガスなど。[nurseful.jp]

  • 硬膜下血腫

    一方で、血腫量が多く、意識障害や片麻痺などの神経学的異常所見を認める場合は、穿頭(せんとう)洗浄術(局所麻酔下に小さな穴を頭蓋骨に開けて行う)と呼ばれる手術を行います。一般的なケースにおいては、穿頭洗浄術によって、脳を圧迫している血腫を除去できれば、麻痺などの神経学的異常所見は改善することが期待できます。[neuro.hospital.okayama-u.ac.jp]

  • 脳塞栓症

    NINDS-Ⅲでは局所性脳機能障害 TIA 脳卒中である。局所性脳機能障害とは脳の機能局在で説明できる神経脱落症状である。 失神 は脳の全般的な一過性虚血であり局所性脳機能障害である脳卒中ではない 。脳卒中で意識障害を起こすことはあるだろうが、その場合は広範な脳梗塞になったら起こるものである。[ja.wikipedia.org] 臨床病型としては1990年のNIND-III(NINDS: National Institute of Neurological Disorders and Stroke米国国立神経疾患・脳卒中研究所による分類)がよく知られている。 NIND-IIIの分類では局所性脳機能障害をTIAと脳卒中に分類する。[ja.wikipedia.org] 急性型は髄膜炎症状 局所症状を示し、ステロイド反応性良好である。慢性型は急性型の経過の後に神経障害、精神症状が進行する。脳幹、大脳、小脳の委縮を伴い、髄液IL-6 20pg/ml(SLEなどでも上昇する)などが特徴的な検査所見となる。ステロイド抵抗性でありMTX少量パルス療法が(7.5〜15mg/week)が有効とされている。[ja.wikipedia.org]

  • 内頸動脈塞栓

    脳神経血管内治療とは、『カテーテル』という非常に細い管を目的の病変部まで安全に挿入して治療を行う手術のことです。1980年代後半にマイクロカテーテルという非常に細いチューブが開発され、その後にこの治療法が飛躍的に発展しました。アメリカでは1991年にGDCというコイルが開発され、脳動脈瘤という病気に対して頭を開けることなく治療が可能となりました。日本でも1997年に使用できるようになりました。それから、15年が経過し、黎明期は過ぎたといえます。現在は使用できる道具や薬物の開発も進み、以前は治療困難な病気に対しても有効な治療がより安全に行えるようになりました。この治療の道具の開発は日進月歩[…][showa-u.ac.jp]

  • クモ膜下出血

    クモ膜下出血(クモまくかしゅっけつ、蜘蛛膜下出血、英: Subarachnoid hemorrhage; SAH)は、脳を覆う3層の髄膜のうち、2層目のクモ膜と3層目の軟膜の間の空間「クモ膜下腔」に出血が生じ、脳脊髄液中に血液が混入した状態をいう。脳血管障害の8%を占め、突然死の6.6%がこれに該当するといわれる。50歳から60歳で好発し、男性より女性が2倍多いとされる。 多くは脳動脈瘤の破裂(約80%)によるもので、その他に脳動静脈奇形、もやもや病、頭部外傷、脳腫瘍や脳動脈解離の破裂によるものなどがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳腫瘍

    脳腫瘍の新規治療法開発に向けた研究 1)局所投薬技術によるアプローチ 中枢神経系への薬剤送達は多くの場合、血液—脳関門(Blood-brain barrier; BBB)といういわゆるバリアの存在により障害されます。血液中に投与された薬剤はこのBBBの存在により脳組織内への移行が妨げられ、脳内治療標的部位へ到達することができません。[nsg.med.tohoku.ac.jp]

  • 細菌性髄膜炎

    脳神経麻痺や神経局所症状最も多い神経局所徴候は片麻痺や注視障害、脳神経障害である。片麻痺は脳梗塞、脳浮腫、硬膜下膿瘍、部分痙攣後のトッド麻痺のいずれかのためである。 意識、精神状態興奮、せん妄などの意識障害から昏睡に至るまで様々な程度の意識障害がみられる。脳浮腫や頭蓋内圧亢進が意識障害の主原因である。 痙攣約20〜40%で認められる。[ja.wikipedia.org] 局所神経脱落症状,意識障害,痙攣発作,または乳頭浮腫(頭蓋内圧亢進または腫瘤を示唆する)がある場合は,神経画像検査の結果が出るまで腰椎穿刺を延期する。 急性細菌性髄膜炎には,典型的でない場合と軽症である場合を除いて,確定診断を待つことなく,可及的速やかに治療を開始する。[msdmanuals.com] 所見から急性細菌性髄膜炎が疑われれば,以下のルーチン検査を行う: 髄液検査 血算および白血球分画 代謝パネル 血液培養に加えPCR(可能であれば) 腰椎穿刺 緊急腰椎穿刺の禁忌は,著明な頭蓋内圧亢進または腫瘤を示唆する徴候であり,典型的には局所脳機能障害,乳頭浮腫,意識状態の悪化,痙攣発作などがある。[msdmanuals.com]

  • 髄膜腫

    髄膜腫(ずいまくしゅ)または髄膜腫瘍(ずいまくしゅよう)は、脳と脊髄の周りの膜層である髄膜から発生し、非常にゆっくりと進行する腫瘍である。症状は発生箇所とその腫瘍によって圧迫される組織によって異なる。多くの場合、症状がない。時に発作、認知症、言語障害、視覚障害、半身の衰弱、尿失禁になることがある。 髄膜腫の主な要因には、放射線治療などによる電離放射線曝露、家系、神経線維腫症2型、などがあげられる。2014年には髄膜腫と携帯電話使用との関係性はないとされた。髄膜腫はいくつかの異なる種類の細胞から発生するとされ、その中にはクモ膜下細胞も含まれる。診断は一般的に医用画像による。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状