Create issue ticket

考えれる39県の原因 局所浮腫

  • 虫刺症

    虫刺症(ちゅうししょう)とは、昆虫類を含む虫に刺された時にできる傷であり、外傷の一つである。この他に刺咬症(しこうしょう)、蜂の場合は蜂刺症(はちししょう)ともよばれる。症状が日常的には「虫刺され」といわれることが多い。便宜上、刺された場合のみではなく咬まれた場合も下記に記す。 蚊・ブヨ・ダニ・アブなどに刺されたり、毛虫や毒蛾にかぶれた場合、ステロイド外用剤(軟膏、クリーム)を塗ると効果的である。また冷たいタオルなどで患部を冷やすと、かゆみや痛みが和らぐ(局所冷罨法)。ひどい場合は、ステロイドの内服や注射を行うこともある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 筋挫傷
  • 打撲傷

    痣(あざ)は皮膚に現れる赤や青などの変色のこと。 皮膚の色素細胞の異常増殖や、皮膚の内出血によって、皮膚が赤紫色などに変色する。 外傷によりできた後天性(紫斑)の痣の場合は放置していけば自然と元の色に戻っていくが、先天性(母斑)の場合は元々の色素異常が原因であるのでずっとそのままである。 水滸伝の登場人物楊志のように、痣が武勇の象徴として扱われるケースも古から存在する。 内出血に伴う赤血球、筋肉などの破壊により遊離のヘムが生成される。[…][ja.wikipedia.org]

  • リンパ水腫

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動 リンパ水腫 ( - すいしゅ、 英 : lymphedema )または リンパ浮腫 ( - ふしゅ)とは局所の リンパ 増多に起因する 水腫 。[ja.wikipedia.org]

  • 皮下膿瘍
  • 癤腫症
  • 静脈瘤

    1. 下肢静脈瘤とは? 体のすみずみに行きわたった血液が、心臓に戻る血管を静脈といい、足の静脈が太くなって瘤(こぶ)状に浮き出て見えるようになった状態を下肢静脈瘤といいます。 静脈瘤が下肢に起こりやすいのは、心臓から遠い位置にあることや、人が立って生活していることが関係しています。足の静脈の中の血液が心臓に戻るには、重力に逆らって上昇しなければなりません。歩くことで「ふくらはぎの筋肉」が収縮して静脈の中の血液を押し上げ、途中にある「静脈弁」が下に逆流しないように支えています。[…][ncvc.go.jp]

  • 血栓性静脈炎

    血栓性静脈炎(けっせんせいじょうみゃくえん、英語: thrombophlebitis)とは、血液凝塊が原因となって静脈の血管が詰まり、静脈とその周囲の皮膚が炎症を起こす病気である。血管中にできた血栓が肺や心臓に詰ると重大な事態になる場合もあるため、循環器内科や心臓血管外科の専門医による診断と治療を受けることが望ましい。 深部の静脈に血栓ができる病気は、静脈血栓塞栓症と呼ばれ、該当項目を参照のこと。 静脈の上の圧痛 患部に痛みを感じる 皮膚の発赤、黒ずみ、炎症など 感染症など原因がある場合は、原疾患の治療も並行して行う。 抗凝固剤や血栓溶解剤を投与して血液凝塊が出来るのを防ぐ。[…][ja.wikipedia.org]

  • 丹毒

    丹毒(たんどく、erysipelas)とは、溶連菌による皮膚の化膿性炎症である。 表皮基底層および真皮浅層が、病変の主座である。そのレベルを水平方向に急速に拡大する浮腫性紅斑と腫脹を特徴とする。浮腫性紅斑には菌体および菌産生毒素に対する免疫アレルギーが関与しているといわれている。疼痛を伴うこともあるが、比較的少ない。人畜共通の病気でもあり発熱・頭痛など全身症状を伴うこともある。また、治癒したと思っても再発再燃をおこす場合があり、それを習慣性丹毒(しゅうかんせいたんどく)という。 顔面に好発する。 蜂窩織炎が下肢に多いのに比べると下肢の丹毒は少ない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 蜂窩織炎

    蜂巣炎(ほうそうえん)は皮膚の内層におこる感染症である。具体的には真皮と皮下脂肪に影響する。徴候と症状は感染部が赤くなり数日で拡大する。一般的に赤み部分は腫れるが境目ははっきりと見えない。赤み部分は圧力を加えると白く変色するが必ずしもそうとは限らない。通常、感染した箇所は痛みを伴う。リンパ管に感染した場合は、発熱や疲労感がでる。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状