Create issue ticket

考えれる8県の原因 局所性不全麻痺

  • アルツハイマー病

    な神経症状(例,不全麻痺,同名半盲,失語) 2 局所的な神経学的徴候(例,一側の筋力低下,感覚消失,非対称性の反射,バビンスキー徴候) 2 *合計スコアを計算する: 4点未満は一次性の認知症(例,アルツハイマー病)。[msdmanuals.com] 突発の卒中様発症がなく、不全麻痺、知覚脱失、視野欠損、協調運動失調などの脳局所の損傷を示す神経学的徴候が病初期には認められないこと(しかし、これらの症状は後に重なることがある)。 一部の症例では、アルツハイマー病と血管性認知症の特徴が、共存することもある。[e-heartclinic.com] Ischemic Score 特徴 点数* 突然の発症 2 段階的な悪化(例,低下・安定・低下) 1 経過の変動 2 夜間の錯乱 1 パーソナリティは比較的保たれる 1 抑うつ 1 身体愁訴(例,身体の疼くような痛み,胸痛) 1 情緒不安定 1 高血圧の既往または存在 1 脳卒中の既往 2 併存する動脈硬化の所見(例,PAD,心筋梗塞) 1 局所[msdmanuals.com]

  • 異常感覚性大腿痛

    《続きを見る》 52 ethanol 49 一過反回神経麻痺、一過性局所疼痛、下痢症状、下腿腓腹領域こわばり、下腿腓腹領域浮腫、下腿腓腹領域発赤、下顎部疼痛、光アレルギー反応、刺激反応、反回神経麻痺、右胸水貯留、呼吸促拍、嗄声、嘔気、嚢胞内壁在結節出現、嚢胞内壁在結節増大、壊死部感染、多臓器不全、完全対麻痺、局所疼痛、排尿感覚鈍麻、接触皮膚炎[selimic.imic.or.jp] 上部消化管出血、下腸間膜動脈血栓塞栓症、下血、下顎骨歯槽堤萎縮、亜急性冠閉塞、亜急性閉塞、出血、出血性十二指腸潰瘍、出血性合併症、出血性胃潰瘍、出血性脳梗塞、十二指腸潰瘍、右下顎骨小臼歯部骨折、右大腿神経麻痺、右臀部疼痛、右臀部腫脹、右視力低下、呼吸器感染症状、咳嗽、嘔吐、多発性塞栓症、小脳出血、小腸壁内血腫、左前腕血腫、後腹膜腔出血、急性腎不全[selimic.imic.or.jp]

  • 大脳神経膠腫症

    壊死や嚢胞形成を伴うことがなく,腫瘍星細胞の増加のみを認めます。臨床的には,人格の変化や痴呆などで発症し,経過中に不全麻痺などの局所症状や,痙攣,うっ血乳頭も加わってきます。臨床症状のみでの診断は困難で,古くは剖検によってのみ確定診断がされていました。[plaza.umin.ac.jp]

  • 筋痙縮

    「眼瞼痙攣」で眼瞼下垂(2.19%)、兎眼・閉瞼不全(2.14%)、流涙(1.04%) 「片側顔面痙攣」で兎眼・閉瞼不全(2.19%)、局所筋力低下・顔面麻痺(1.82%)、流涙(0.94%) 「痙性斜頸」で嚥下障害(2.99%)、局所性筋力低下(1.16%)、発疹(0.35%) 「小児脳性麻痺における下肢痙縮に伴う尖足」で転倒(9%)、[rehab-med-hokudai.jp]

  • シルヴィウス水道除外

    DCIは、局所 神経障害 (例えば 片側不全麻痺 、 失語症 、 失行 、 半盲 、又は ネグレクト )の発生、及び/又は グラス ゴー コーマ スケール (全 スコア によるか又はその個々の構成要素[ 開眼 、両側の運動、言語]の1つ)の減少である。[astamuse.com] これらの合併症の中で、動脈瘤の再出血、 血管造影 脳血管攣縮 及び遅発 脳虚血 (DCI)が最も顕著である。[astamuse.com]

  • 悪性高熱-関節拘縮症-斜頸症候群

    《続きを見る》 36 ethanol 54 下顎神経痛、低Ca血症、刺激接触皮膚炎、反回神経麻痺、反回神経麻痺様症状、右側聴力低下、右声帯完全麻痺、呼吸不全、嗄声、嘔吐、嘔気、局所疼痛、局所腫脹、心室期外収縮、心筋梗塞、悪心、手掌部紫斑、気管粘膜壊死、注入時痛、潰瘍拡大、特発性全身性無汗症顕在化、疼痛、発熱、皮下播種、皮膚粘膜壊死、眩暈[selimic.imic.or.jp]

  • 遺伝性オトガイ筋運動障害

    1).過剰な筋弛緩作用:(0.5〜2%未満)兎眼、閉瞼不全局所筋力低下(頚部筋脱力、口角下垂等)、眼瞼下垂、顔面麻痺、(0.5%未満)眼瞼内反、(頻度不明)眼瞼外反。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 脳血管不全

    意識レベルの低下(傾眠程度)をきたすものもあるが,局所神経症状を欠くことが少なくない. ときに不全麻痺,複視が出現する.本症の特徴はこれらの症状が動揺で,しかも徐々に進行する. 頭蓋内圧亢進症状を呈するまで放置されることは今日稀になったが,老年者に比べて若年者では症状が出やすい.[yonago-kids.com]

さらなる症状