Create issue ticket

考えれる33県の原因 尿閉骨盤, 腎炎, 血中尿素窒素の増加

つまり: 尿閉,, 腎炎, 血中尿素窒素の増加

  • 尿路閉塞

    他に発熱を起こす病気が見当たらず、膿尿のため尿培養検査を行い、腎盂と診断して、抗生物質で治療し一旦改善しましたが、数日後再び発熱、右尿管に結石の閉塞所見を超音波検査で確認したので、結石除去手術を行いました。3mmの石を取り除いた後に腎臓側の尿管からたまっていた膿が10mlほど取れました. 術後すぐ熱が下がり、食欲が出てきました。[harue-vet.com] 重度の便秘時に尿が併発する機序に関してご教示下さい。 (東京都 S) 【A】 尿は,急性尿と慢性尿に分類され,ご質問の症例は急性尿に該当するものと思われます。 急性尿は,救急外来を受診する泌尿器科疾患としては頻度の高いものであり,米国の調査では年間受診者数は人口1000人当たり4.5 8.3人と報告されています(文献1,2)。[jmedj.co.jp] 腎泌尿器外科 先進的尿路結石治療法「f-TUL」に関するご案内 尿路結石の診断 尿路結石症は、しばしば「疝痛(せんつう)」といわれる発作性の激痛、血尿、嘔気・嘔吐などの症状が出て、時に尿路閉塞による機能の低下(不全)や重症感染症(結石性腎盂、全身に細菌が巡り、敗血症となって生命に危険が及ぶこともあります)を引き起こす疾患です。[hospital.iuhw.ac.jp]

  • 膀胱頚部硬化症

    対象とするおもな病気や体の部位 悪性腫瘍(腎がん、尿管がん、膀胱がん、前立腺がん など) 排尿障害(前立腺肥大症、膀胱頚部硬化症、過活動膀胱 など) 尿路結石(結石、尿管結石、膀胱結石 など) 尿路感染症(腎盂、膀胱炎、精巣炎、副睾丸炎、前立腺炎、尿道炎 など) 尿路結石において、体外衝撃波(ESWL)で砕石できない硬い結石に対して経尿道的[kamifukuoka.or.jp] しかし、退院直後はスムーズな排尿が出来ましたが、20日も経たないうちに、尿にはいかないまでも以前と同様な排尿困難に戻りました。 昔、膀胱頚部硬化症切開手術をしたこと、排尿困難の改善はなかったことなどを話し、排尿改善の方法はないかと質問しました。[qa.itmedia.co.jp] (勃起不全) 、包茎、パイプカットの治療、漢方薬治療、セカンドオピニオンなど 尿の出が悪い、トイレが近い、夜トイレに起きる、尿がもれる時 ・ 前立腺肥大症、前立腺がん、 ・ 過活動膀胱、尿失禁、膀胱 血尿が出る時 ・ 腎臓がん、膀胱がん、前立腺がん等の泌尿器がん ・ 膀胱、急性・慢性前立腺、腎盂等の尿路感染症 ・ 尿路結石 ・ 生理的血尿[e-doctors-net.com]

  • 急性腎盂腎炎

    概要 腎盂とは、腎臓の根元の部分である 腎盂 ( じんう ) に細菌が付着して炎症を起こす細菌感染症です。腎臓の片側だけに起こることが多いですが、両側に起こることもあります。急性腎盂の場合、十分な治療を行わなければ慢性に移行しやすく、注意が必要です。[medicalnote.jp] 侵入した菌がどこで増殖し、人に害を与えるかにより、尿道、膀胱、腎盂などに分類されます。 これらの尿路感染症で一番症状が強く、時には敗血症の原因となるのが急性腎盂です。 急性腎盂は通常膀胱で増えた細菌が尿管を通して腎盂まで達して発病します。 尿路感染症は尿道が短い女性で高い頻度に発症します。[naoru.com] 尿路に異常がなければ、急性腎盂が治った後の経過はきわめてよく、腎臓の機能の低下といった後遺症を残すことはほとんどありません。 出典 小学館 家庭医学館について 情報 世界大百科事典 内の 急性腎盂 の言及 【腎盂】より … 腎盂は急性のものと慢性のものに大別される。[kotobank.jp]

  • 腎前性高窒素血症

    尿中の白血球数の増加や白血球円柱、尿中好酸球の存在は、尿細管・間質性(主として薬剤性)の存在を疑わせる。尿中のα1-・β2 ミクログロブリンやN-アセチル-β-D-グルコサミニダーゼ(NAG)は、尿細管・間質障害の程度を評価するのに有用である。[naoru.com] また、尿以外にも腫瘍などの場合には大掛かりな手術を行わなければならないこともあります。 【慢性腎臓病について(原因/検査・診断)】 慢性腎臓病(慢性腎不全 CKD)とは、腎臓の組織が数週間 数年をかけて障害を受け、不可逆性の機能不全に陥る状態です。[matsunami.co.jp] 2つ目の「性」は、腎臓そのもののはたらきが悪くなっていることで起こるものです。急性、慢性不全、腎盂がん、腎硬化症などが考えられ、腎前性と比べると比較的高い値を示します。 3つ目は「腎後性」で、尿路や膀胱に問題があることで起こるタイプで、腎結石、尿管結石、膀胱がんなどで高い値になります。[kango.career-tasu.jp]

  • IgA腎症

    感染後に発症するので、急性発症した場合のIgA症との鑑別診断に迷うことがあります。 また、その他の(膜性増殖性糸球体、ループス)でも急性糸球体と同様の生検所見(管内増殖性糸球体)を呈することがあり、臨床経過と併せた鑑別が必要です。[twmu.ac.jp] 主な疾患・障害 [ 編集 ] 前立腺癌 、 膀胱癌 、 腎細胞癌 、 前立腺肥大症 、 尿路結石症 、 間質性膀胱炎 、 腹圧性尿失禁 、 骨盤臓器脱 、男子 性機能障害 が泌尿器科の主要な疾患として挙げられる [1] 。心因性 尿 や Paruresis など原因が解明されていない泌尿器の障害もある [2] 。[ja.wikipedia.org] 慢性糸球体((1) IgA症,(2) 膜性症,(3) 紫斑病性) 概要 糸球体の慢性的な炎症によって,蛋白尿や血尿が出る疾患を総称して,慢性糸球体といいます。IgA症(下記(1)),膜性症(下記(2)),紫斑病性(下記(3))などの疾患が含まれ,病気の種類により,症状や治療方法が異なります。[aichi-med-u.ac.jp]

  • 放射線腎炎

    抄録 腎臓は放射線に感受性が高く,大量の暴露にて放射性または放射性症とよばれる障害を容易にきたす.通常20Gy以上で発症するが,臨床的には急性放射線と慢性放射性の経過があり,ともに機能低下を来たし末期腎不全に至る.発症したら治療困難であり,予防的な放射線からの腎保護が大切である.[jstage.jst.go.jp] おしっこが少なくなった、あるいはおしっこがでない 腎炎、腎不全、尿などの可能性があります。 おしっこが泡立つ ネフローゼ症候群の可能性があります。 おしっこの色がかわった 腎炎や泌尿科疾患の可能性があります。 健康診断で蛋白尿を指摘された ネフローゼ症候群や慢性腎炎症候群の可能性があります。[seiwa-mc.jp] 両方とも出ている場合に最も疑われるのが「」です。 から慢性不全、さらに血液透析治療を必要とするまでには5年、10年、あるいは20年と長期を要しますので、まずは軽いの状態で完治させることが大切です。[tokatsu-clinic.jp]

  • 慢性腎盂腎炎

    家庭医学館 の解説 まんせいじんうじんえん【慢性腎盂 Chronic Pyelonephritis】 [どんな病気か] 慢性腎盂には、不十分な治療で急性腎盂(「 急性腎盂 」)が慢性化したもの、急性腎盂の再発をくり返したもの、ほとんど無症状で長期間経過した腎盂などがあります。[kotobank.jp] 3).泌尿器:(頻度不明)クレアチニン上昇、血尿、BUN上昇、尿蛋白陽性、頻尿、尿、無尿。 4).肝臓:(頻度不明)AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、LDH上昇、肝機能異常、Al P上昇、γ GTP上昇、血中ビリルビン増加。[medical.nikkeibp.co.jp] 抄録 慢性腎盂は,尿細管の拡張・萎縮,間質の炎症・線維化を病理形態学的な主座とする慢性尿細管間質性症(chronic tubulointerstitial nephropathy)のうち,その成立に一般細菌感染が大きく関与したと考えられる疾患と理解される,本稿では,この観点に基づいて慢性腎盂の病態と治療について述べることにする.[jstage.jst.go.jp]

  • 急性腎不全

    慢性腎不全との違い、 要素 急性腎不全 慢性不全 発症までの期間 数時間から数週間 数ヶ月から数年 機能低下の速度 脱水、ショック、薬物、手術、急速進行性糸球体、急性間質性など 慢性不全:糖尿病性症、慢性糸球体硬化症など 腎機能の可逆性 回復が期待できる 回復が期待できない 治療目標 腎機能の回復 腎機能のそれ以上の[ja.wikipedia.org] 主な疾患・障害 [ 編集 ] 前立腺癌 、 膀胱癌 、 腎細胞癌 、 前立腺肥大症 、 尿路結石症 、 間質性膀胱炎 、 腹圧性尿失禁 、 骨盤臓器脱 、男子 性機能障害 が泌尿器科の主要な疾患として挙げられる [1] 。心因性 尿 や Paruresis など原因が解明されていない泌尿器の障害もある [2] 。[ja.wikipedia.org] 主に糸球体が急激に傷害される病気として 急性糸球体 や 溶血性尿毒症症候群 (一時期全国的に多発した O-157大腸菌感染 によることが多く、糸球体だけではなく尿細管も傷害される)などがあり、やはり急性腎不全の原因となります。[plaza.umin.ac.jp]

  • 腎梗塞

    このサインは,腎被膜動脈や腎盂・尿管周囲動脈からの側副血行路によって梗塞部の被膜下皮質の血流が保たれていることを示す所見であり,楔状の非造影領域を呈する腎盂との鑑別に有用である。 2ページ目以降は、紙版または電子版購入者か有料会員のみご覧いただけます。[jmedj.co.jp] 凝血塊を伴う場合は尿をきたすこともあり注意が必要になるね。一方,顕微鏡的血尿は健診やスクリーニング目的の検尿で見つかることが多く,救急外来で最後まで扱うことは少ないね( Check point2 )。 河田 今回ははじめての症状とのことなので尿路結石を疑って腹部CTを撮りました。これなら大動脈瘤や悪性腫瘍もついでにわかりますから。[igaku-shoin.co.jp] 本症以外にほかの因子が見つかることもあれば、同様の臨床経過ながら他疾患(急性間質性)である場合もあります。 病理所見 本症の特徴である、まだら状病変を確認するため、開放生検の方が有用です。[blogs.yahoo.co.jp]

  • 先天性水腎症

    は大きく分けると、急性と慢性の2つのタイプがあります。急性はA群β溶血連鎖球菌(溶連菌)感染後に生ずることが多く発症時期が推定でき、炎症障害も強いので肉眼的血尿、蛋白尿や血液濾過不全(機能低下)のための水分貯留(浮腫)、高血圧という症状が見られるのが特徴です。急性の炎症は自然治癒傾向が強くの予後は良好です。[glico.co.jp] 尿の処置が安全にできる(恥骨上穿刺を含む)。 尿道留置カテーテルの適切な管理ができる。 尿路変向後のストーマ、カテーテル管理ができる。 救急疾患の診断・処置 急性尿、慢性尿の病態の違いを理解し、安全に処置、管理(輸液の必要性の有無を含む)ができる。 腰背部疼痛発作の適切な診断(鑑別診断を含む)・処置ができる。[ryukyu-urology.jp] 腎盂腎炎 腎膿瘍 膀胱炎 腎結核 尿路結石 膀胱結石 腫瘍 腎細胞癌 腎盂腫瘍 尿管腫瘍 前立腺肥大症 前立腺癌 精巣腫瘍 陰茎癌 腎芽腫 性器 の疾患 前立腺炎 停留精巣 精巣捻転 包茎 勃起不全 病態・症状 腎不全 急性腎不全 急性尿細管壊死 慢性腎臓病 慢性腎不全 尿毒症 尿所見異常 乏尿 無尿 多尿 頻尿 血尿 タンパク尿 尿円柱 尿[ja.wikipedia.org]

類似した症状