Create issue ticket

考えれる1,030県の原因 尿閉骨盤, 腎炎, 腹痛

つまり: 尿閉,, 腎炎, 腹痛

  • 急性膀胱炎

    結石性腎盂、いわゆる膿症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] 強いときには腹痛も伴うことがある。背中の中央を軽くたたくだけでも、響くような痛みがある。これも上部尿路感染症を示唆する。 頻尿 尿が少ししかたまっていなくても排尿したくなる。膀胱炎に特徴的。 排尿痛 排尿時に、焼け付くような痛みがある。膀胱炎のほか、尿道炎の主症状である。 血尿 出血性膀胱炎では、鮮血の混じった肉眼的血尿を呈する。[ja.wikipedia.org] 急性腎盂 急性巣状細菌性 下部尿路感染症とは、膀胱以下の尿路の感染症である。発熱は通常伴わない。(急性前立腺炎は例外である。) 膀胱炎 尿道炎 急性前立腺炎 細菌による尿路感染症が頻度が高く、重要である。年齢層によって起炎菌となる細菌は異なってくる。[ja.wikipedia.org]

  • 尿路感染症

    結石性腎盂、いわゆる膿症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] 強いときには腹痛も伴うことがある。背中の中央を軽くたたくだけでも、響くような痛みがある。これも上部尿路感染症を示唆する。 頻尿 尿が少ししかたまっていなくても排尿したくなる。膀胱炎に特徴的。 排尿痛 排尿時に、焼け付くような痛みがある。膀胱炎のほか、尿道炎の主症状である。 血尿 出血性膀胱炎では、鮮血の混じった肉眼的血尿を呈する。[ja.wikipedia.org] 急性腎盂 急性巣状細菌性 下部尿路感染症とは、膀胱以下の尿路の感染症である。発熱は通常伴わない。(急性前立腺炎は例外である。) 膀胱炎 尿道炎 急性前立腺炎 細菌による尿路感染症が頻度が高く、重要である。年齢層によって起炎菌となる細菌は異なってくる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 尿閉骨盤
  • 膀胱炎

    発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。 多くは細菌感染症である。原因となる細菌がはっきりしていれば、感受性や薬剤の組織移行性を考え処方を行う。[ja.wikipedia.org]

  • レンサ球菌感染

    ただし、溶連菌の中でもリウマチ熱や急性糸球体を起こしやすい株があることが知られているため、リウマチ熱患者や急性糸球体の患者と接触した家族などには、溶連菌保菌の検査を行ったうえで、保菌者に対しては除菌のための抗菌薬投与を行うことがある。[ja.wikipedia.org] 主症状は発熱・咽頭痛で、その他、頭痛・腹痛・嘔気・鼻閉などを伴うことも少なくないが、咳や鼻汁などの気道症状には乏しい。咽頭は著しく発赤し、口蓋扁桃(いわゆる扁桃腺)は腫脹して黄白色の滲出物が付着することが多く、所属リンパ節である前頚部リンパ節が圧痛を伴って腫脹することが多い。[ja.wikipedia.org] 特に四肢に多い皮下出血(紫斑)が主症状で、その他限局性の浮腫、腹痛・嘔吐、関節痛、などがみられる。 急性糸球体 英: Acute glomerulonephritis 溶連菌による呼吸器感染からは1 - 2週間後、皮膚感染からは3 - 6週間後に発症することがある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 尿閉骨盤
  • 腎不全

    まれに上気道(とくに扁桃)を起こす細菌感染ではが再燃したり、増悪することがあります。手洗い・うがいなど予防が最も大切ですが、風邪をひいた場合は、すぐ受診しましょう。強力な鎮痛解熱剤は、腎臓を悪化させる危険性が強いので、服用を避け、主治医の指示に従って下さい。[ncvc.go.jp] 後者は血液透析と比較し、患者の拘束時間が圧倒的に少ないというメリットがあるが、患者自身や家族が腹膜内の透析液交換を行わねばならないため、雑菌混入等による腹膜を起こしやすく、長期にわたると腹膜そのものを傷める可能性がある。 その他、根本療法としては移植がある。[ja.wikipedia.org] 症状 あくび、眠くなる、目がかすむ、動悸、脈が速くなる、吐き気ひどくなると顔面蒼白、冷汗、息苦しい、胸痛、腹痛、筋痙攣、意識がなくなる。 予防 体重を増やし過ぎると、多量の除水が必要となり血圧下降を招くので、体重を増やし過ぎない。 透析スケジュールに合わせて降圧剤の量や服用方法の調整が必要となるため、医師の指示に従って内服しましょう。[ncvc.go.jp]

  • 虫垂炎

    消化器系 腸、大腸憩室、便秘、腸閉塞 生殖器系 卵巣、卵管 循環器系 大動脈解離 泌尿器系 腎盂 呼吸器系 肺炎 ほか 子宮内膜症 炎症が軽度であれば絶食・輸液管理を行い、セフェム系抗菌薬投与を行うことで快復することも多い。[ja.wikipedia.org] 症状は 腹痛 ,吐き気,嘔吐で,腹痛はまずみぞおちの部分に起り,次第に右下腹部に限局してくる。直接の病因は,起炎菌として 腸内細菌 が認められるので,腸内感染説が有力であるが,アレルギー説,あるいは精神的な要因も無視できず,さらに非特異的抗原抗体反応との関連も注目されている。急性虫垂炎の場合は白血球の増加がみられる。[kotobank.jp] 抄録 症例は46歳,女性.食事中に義歯がはずれ誤飲した.翌日腹痛が出現したため,当院外来を受診した.その際右下腹部痛および,同部の圧痛と腹膜刺激症状を認めた.腹部単純X線写真で右下腹部に金属性の異物を認めた.腹部CT検査上,虫垂内腔に金属性の異物を認め,虫垂周囲の炎症所見を認めた.義歯が原因の急性虫垂炎との診断で緊急手術を施行した.術中所見上虫垂[doi.org]

    不足: 尿閉骨盤
  • 帯状疱疹

    抄録 症例は66歳男性. 32歳から2型糖尿病, 52歳時に慢性C型肝炎による膜性増殖性糸球体からの末期不全で血液透析導入となった. X年2月, 腰痛の出現後から左下肢の筋力低下と両下肢痛が出現し歩行困難となったため入院となった.[jstage.jst.go.jp] 臀部下方や外陰部に水疱を形成した場合、稀であるが仙髄に影響が及び、膀胱直腸障害(排尿障害・尿・便秘)を来すことがある。また、まれに特徴的な発疹を生じずに脊髄炎を起こした例や、歯槽骨の壊死・歯の脱落が発生することもある。なお、歯槽骨以外の骨の壊死の報告はない。[ja.wikipedia.org] 経過は順調であったが,平成7年1月腹痛が出現したため,当科入院。腹痛の精査行うも原因不明で,その間に症状は徐々に増強した。入院4日目突然両側視力低下が出現した。翌日には全身に発赤を伴う丘疹が出現し,血液検査では重篤な肝機能障害を呈した。[doi.org]

  • 悪性腫瘍

    膵がん基礎知識 膵がん (膵ガン,すいがん, 膵癌 , 膵臓がん , すい臓がん , 膵臓癌 , 膵臓ガン , すい臓癌 , すい臓ガン )はいわゆる初期には自覚症状に乏しく,早期発見のみが良好な予後を期待できる方法です.初期の症状として腹痛(心窩部痛)があげられ,このとき検査で血清アミラーゼが上昇していることがあります(腰痛,背部痛,背中[kuhp.kyoto-u.ac.jp]

    不足: 腎炎
  • 急性胃腸炎

    下痢、嘔吐、腹痛が主な症状で、発熱および倦怠感を伴うこともある。一般的に、ウイルス性胃腸炎では嘔吐が激しく、細菌性腸炎では下痢が激しくなる傾向にある。[ja.wikipedia.org] 一般的にウイルス性胃腸炎よりも細菌性腸炎のほうが重症になりやすく、しばしば激しい腹痛、血便、38 以上の高熱を伴う。 ほとんどの場合、数日 1週間程度で自然軽快するが、脱水症状には注意が必要である。また、細菌性腸炎では、ときに重篤な合併症を起こすこともある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 尿閉骨盤 腎炎
  • 急性間欠性ポルフィリン症

    急性間欠性ポルフィリン症の最初の症状として、腹痛、便秘、筋脱力症などが現われてくる。 回復を手助けするためにグルコース10%液のような炭水化物の輸液が推奨される。もし薬剤が発作の引き金になったのなら、原因物質の服用を中止することが重要である。感染症が発作の一番多い原因であり、様々な治療が求められる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 腎炎

類似した症状