Create issue ticket

考えれる274県の原因 尿閉骨盤, 腎炎

つまり: 尿閉,, 腎炎

  • 急性膀胱炎

    結石性腎盂、いわゆる膿症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] 急性腎盂 急性巣状細菌性 下部尿路感染症とは、膀胱以下の尿路の感染症である。発熱は通常伴わない。(急性前立腺炎は例外である。) 膀胱炎 尿道炎 急性前立腺炎 細菌による尿路感染症が頻度が高く、重要である。年齢層によって起炎菌となる細菌は異なってくる。[ja.wikipedia.org] 菌にあった抗菌薬の投与。多くの種類の抗菌薬がから尿中に排泄され、濃縮されているために、尿路感染症は抗菌薬投与によって改善しやすい疾患である。しかし、抗菌薬の投与期間が不足していると、簡単に再発する場合もある。抗菌薬の副作用や細菌の薬剤耐性化、菌交代現象を避けるため、抗菌薬の選択は感受性検査に基づいて最適なものを選ぶことが望ましい。[ja.wikipedia.org]

  • 膀胱炎

    発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。 多くは細菌感染症である。原因となる細菌がはっきりしていれば、感受性や薬剤の組織移行性を考え処方を行う。[ja.wikipedia.org]

  • 腎不全

    まれに上気道(とくに扁桃)を起こす細菌感染ではが再燃したり、増悪することがあります。手洗い・うがいなど予防が最も大切ですが、風邪をひいた場合は、すぐ受診しましょう。強力な鎮痛解熱剤は、腎臓を悪化させる危険性が強いので、服用を避け、主治医の指示に従って下さい。[ncvc.go.jp] 後者は血液透析と比較し、患者の拘束時間が圧倒的に少ないというメリットがあるが、患者自身や家族が腹膜内の透析液交換を行わねばならないため、雑菌混入等による腹膜を起こしやすく、長期にわたると腹膜そのものを傷める可能性がある。 その他、根本療法としては移植がある。[ja.wikipedia.org] ところがなどの病気で血液を濾過する腎臓の機能がおちると、老廃物を十分排泄できなくなります。この結果、体内に不必要なものや体にとって有害なものがたまってきてしまいます。[ncvc.go.jp]

  • 尿路感染症

    結石性腎盂、いわゆる膿症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] 急性腎盂 急性巣状細菌性 下部尿路感染症とは、膀胱以下の尿路の感染症である。発熱は通常伴わない。(急性前立腺炎は例外である。) 膀胱炎 尿道炎 急性前立腺炎 細菌による尿路感染症が頻度が高く、重要である。年齢層によって起炎菌となる細菌は異なってくる。[ja.wikipedia.org] 菌にあった抗菌薬の投与。多くの種類の抗菌薬がから尿中に排泄され、濃縮されているために、尿路感染症は抗菌薬投与によって改善しやすい疾患である。しかし、抗菌薬の投与期間が不足していると、簡単に再発する場合もある。抗菌薬の副作用や細菌の薬剤耐性化、菌交代現象を避けるため、抗菌薬の選択は感受性検査に基づいて最適なものを選ぶことが望ましい。[ja.wikipedia.org]

    不足: 尿閉骨盤
  • アミトリプチリン

    児童青年 緑内障のある者 心筋梗塞の回復初期の者 尿(前立腺疾患等)のある者 モノアミン酸化酵素阻害剤(セレギリン)を服用中の者 抗うつ作用に関する詳細な作用機序は明らかにされていないが、脳内におけるノルアドレナリンおよびセロトニン再取り込みを抑制する結果、シナプス領域にこれらモノアミン量が増量することにより、抗うつ作用を示すと考えられている[ja.wikipedia.org]

  • 咽頭炎

    非化膿性合併症としてはレンサ球菌感染後糸球体やIgA症、急性リウマチ熱が重要である。化膿性合併症としては咽頭膿瘍、中耳、副鼻腔、壊死性筋膜がなどが知られている。糸球体、IgA症以外は抗菌薬投与によって予防が可能であるとされている。[ja.wikipedia.org] 咽頭後、翌日に肉眼的血尿が出現したらIgA症、2週間後ならば急性糸球体というところが小児科における典型的な病歴である。予防が特に重要な点はリウマチ熱である。リウマチ熱は抗菌薬が頻用されるようになってから激減した。[ja.wikipedia.org]

    不足: 尿閉骨盤
  • レンサ球菌感染

    ただし、溶連菌の中でもリウマチ熱や急性糸球体を起こしやすい株があることが知られているため、リウマチ熱患者や急性糸球体の患者と接触した家族などには、溶連菌保菌の検査を行ったうえで、保菌者に対しては除菌のための抗菌薬投与を行うことがある。[ja.wikipedia.org] 特に四肢に多い皮下出血(紫斑)が主症状で、その他限局性の浮腫、腹痛・嘔吐、関節痛、などがみられる。 急性糸球体 英: Acute glomerulonephritis 溶連菌による呼吸器感染からは1 - 2週間後、皮膚感染からは3 - 6週間後に発症することがある。[ja.wikipedia.org] リンパ節があるが化膿していない場合や、蜂窩織など直接検体を採取できない場合、または急性糸球体やアナフィラクトイド紫斑病など、急性感染症以外の合併症の場合にGAS感染を証明するには、血清診断が有用である。抗ストレプトリシン抗体価(ASLO)、抗ストレプトキナーゼ抗体価(ASK)がこの目的で使用される。 感染経路は飛沫感染である。[ja.wikipedia.org]

    不足: 尿閉骨盤
  • 悪性腫瘍

    悪性腫瘍(あくせいしゅよう、英: malignant tumor)は、遺伝子変異によって自律的で制御されない増殖を行うようになった細胞集団(腫瘍)のなかで周囲の組織に浸潤し、または転移を起こす腫瘍である。悪性腫瘍のほとんどは無治療のままだと全身に転移して患者を死に至らしめるとされる。 一般に癌(ガン、がん、英: cancer)、悪性新生物(あくせいしんせいぶつ、英: malignant neoplasm)とも呼ばれる。 「がん」という語は「悪性腫瘍」と同義として用いられることが多く、本稿もそれに倣い「悪性腫瘍」と「がん」とを明確に区別する必要が無い箇所は、同一語として用いている。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 腎炎
  • 良性前立腺肥大症

    また、膀胱や前立腺などの感染症では、尿意が亢進して頻尿になります。高血圧、心不全、機能障害では、夜間の尿量が多くなるために夜間頻尿がみられます。病気ではなくても、水分を摂りすぎることによって尿量が多くなるために頻尿となる場合もあります。[asahikasei-pharma.co.jp] 尿:尿がほとんど出なくなる。 腎機能低下:閉塞の影響により血清クレアチニンが0.3 30%の頻度で上昇。なお、前立腺肥大症は溢流性尿失禁(奇異性尿失禁)、すなわち、排尿障害があるために膀胱内の尿が少しずつ漏れ出すことの原因となる疾患の1つでもある。 診断のためには、排尿障害の程度、前立腺の大きさ、前立腺癌との区別が必要になる。[ja.wikipedia.org]

  • 虫垂炎

    消化器系 腸、大腸憩室、便秘、腸閉塞 生殖器系 卵巣、卵管 循環器系 大動脈解離 泌尿器系 腎盂 呼吸器系 肺炎 ほか 子宮内膜症 炎症が軽度であれば絶食・輸液管理を行い、セフェム系抗菌薬投与を行うことで快復することも多い。[ja.wikipedia.org]

    不足: 尿閉骨盤

さらなる症状

類似した症状