Create issue ticket

考えれる71県の原因 尿酸の増加, 正球性正色素性貧血

  • 慢性腎不全
  • 多発性骨髄腫

    骨髄腫で認められる貧血は一般的には色素貧血である。骨髄における腫瘍細胞の浸潤とサイトカイン産生により、骨髄での赤血球産生が抑制されておこると言われている。 よくある問題として、高カルシウム血症による易疲労感・脱力感・意識障害がある。[ja.wikipedia.org]

  • 自己免疫性溶血性貧血

    血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org] これにより赤血球の平均容積は相殺され、一般に末梢血は色素貧血を呈する [2] 。また造血の亢進を反映して、骨髄は赤芽優位の過形成となる [2] 。 免疫学的には クームス試験 が重要である [2] 。この疾患において感作された赤血球の膜上には温式抗体(化学的には 免疫グロブリン という蛋白質)が付着している [2] 。[ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性球状赤血球症

    血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org]

  • ホジキン病
  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 正球性正色素性貧血
  • 貧血

    色素貧血 サラセミア 鉄芽貧血 鉄欠乏貧血 色素貧血 再生不良貧血 溶血貧血 遺伝球状赤血球症 発作夜間血色素尿症(PNH) 自己免疫溶血貧血貧血(大色素貧血) 巨赤芽性貧血 悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 赤血球数 ヘモグロビン濃度 鉄濃度 フェリチン濃度小球性低色素性貧血[ja.wikipedia.org]

    不足: 尿酸の増加
  • 痛風

    痛風を発症する患者では、少なくとも非発作時には血液検査での高尿血症が見られるが、25%の患者で発作時に尿値が正常である。 関節穿刺液検査における多形核細胞の増加尿結晶の証明(これが一番大事だが、感度は100%ではない。85%程度とする文献がある)。[ja.wikipedia.org] これは、たまねぎに多く含まれているクェルセチンの炎症抑制効果と、尿増加を抑制する効果のためではないかと言われている。ただし、生のたまねぎの摂取は、体質によって胃が痛むなどの副作用もあり、この点には注意が必要である。[ja.wikipedia.org] 最近の疫学的研究によると、蒸留酒である焼酎やウイスキーなどは、醸造酒と比べてプリン体の含有量が少ないことが知られているものの、エタノールは肝臓で尿酸が作られるのを促進し、尿濃度をあげてしまうため、痛風のリスクを高める。特にプリン体を多く含む上に、ホップが持つ食欲増進効果などによって食事量が増加しがちなビールは最もリスクが高い。[ja.wikipedia.org]

    不足: 正球性正色素性貧血
  • 本態性高血圧症
    不足: 正球性正色素性貧血
  • 痛風性関節炎

    痛風を発症する患者では、少なくとも非発作時には血液検査での高尿血症が見られるが、25%の患者で発作時に尿値が正常である。 関節穿刺液検査における多形核細胞の増加尿結晶の証明(これが一番大事だが、感度は100%ではない。85%程度とする文献がある)。[ja.wikipedia.org] これは、たまねぎに多く含まれているクェルセチンの炎症抑制効果と、尿増加を抑制する効果のためではないかと言われている。ただし、生のたまねぎの摂取は、体質によって胃が痛むなどの副作用もあり、この点には注意が必要である。[ja.wikipedia.org] 最近の疫学的研究によると、蒸留酒である焼酎やウイスキーなどは、醸造酒と比べてプリン体の含有量が少ないことが知られているものの、エタノールは肝臓で尿酸が作られるのを促進し、尿濃度をあげてしまうため、痛風のリスクを高める。特にプリン体を多く含む上に、ホップが持つ食欲増進効果などによって食事量が増加しがちなビールは最もリスクが高い。[ja.wikipedia.org]

    不足: 正球性正色素性貧血

さらなる症状