Create issue ticket

考えれる551県の原因 尿道疾患

  • 尿道炎

    前立腺の大きさは栗の実やクルミ程度で、尿道を囲むように存在しています。 前立線肥大症 概要 前立腺肥大症は男性にとても多い泌尿器疾患です。加齢とともに前立腺は少しずつ肥大する傾向があります。自覚症状があまり無いケースもあります。前立腺は尿道を囲むようにあるため、肥大すると尿道が圧迫されて排尿障害を起こすことがあります。[kidoclinic.jp] 内山 武司 クラミジア尿道炎は、Chlamydia trachomatisという病原体による疾患であり、多くは性行為により感染する。尿道以外にも咽頭や結膜にも炎症を起こすことがある。女性の場合には子宮頚管炎、子宮内膜炎、卵管炎から骨盤内炎症性疾患、稀には肝周囲炎をおこすこともある。[niigatashi-ishikai.or.jp] 膀胱炎 女性に多い疾患です。 女性は尿道が短く膣や肛門に近く開口しているため、尿を我慢した時などにその付近の細菌が膀胱に侵入して繁殖する事により発症します。 排尿痛、頻尿、残尿感などが主な症状で血尿となる場合もありますが、発熱はありません。 発熱と腰痛がある場合には、炎症が腎臓まで広がり腎盂腎炎を起こしている事が考えられます。[ichikawaiin.com]

  • 女性の尿道狭窄

    、経尿道的電気凝固、DMSO膀胱内注入療法 尿失禁:骨盤底筋体操、干渉低周波治療(ウロマスター)、薬物療法、手術療法(TVT) 膀胱瘤、直腸瘤:TVM手術 神経因性膀胱、膀胱炎 前立腺疾患:前立腺癌:PSA監視療法、内分泌療法、根治手術 前立腺肥大症:薬物療法、内視鏡手術 尿道疾患尿道炎(淋病、クラミジア)尿道狭窄 陰茎疾患:ED(勃起不全[ritsurin.jcho.go.jp] 3.尿道下裂術後 先天性疾患のために小児期に皮膚などで尿道をつくった後に、成人になってから狭くなることがあります。狭窄が発生する部位は振子部です。 4.その他の尿道疾患 硬化性苔癬という皮膚疾患尿道に進展して狭窄をおこすことがあります。狭窄が発生する部位は振子部からときには尿道全長に亘ります。[hyo-med.ac.jp] 泌尿器科は、尿路(腎臓・尿管・膀胱・尿道)の疾患、男性性器(精巣・精巣上体・精管・陰嚢・前立腺・精嚢・陰茎)に発生する疾患を診療する科です。その他、副腎(腎臓の上にあるホルモンを分泌する臓器)の疾患、女性の尿道の病疾患や尿失禁や骨盤臓器脱(膀胱脱など)なども泌尿器科の対象疾患です。[onomichi-gh.jp]

  • 膀胱頚部硬化症

    1)排尿筋の収縮障害(尿を押し出す力が弱い) 核下型神経因性膀胱、薬剤性排尿障害 2)括約筋の弛緩障害(排尿時に括約筋が開きにくい) DSD(排尿筋・括約筋協調不全) 3)尿道の通過障害(膀胱より先の尿の通り道が狭い) 膀胱頚部硬化症 尿道狭窄 前立腺疾患(前立腺肥大症、前立腺癌) 外尿道口狭窄 膀胱におしっこがいっぱい溜まっているのに出ない[kyumed.jp] 尿道炎による尿道狭窄症にかわって注目を浴びるようになってきたのが 硬化性苔癬(Lichen sclerosus) という疾患です 21 。硬化性苔癬は30歳から60歳前後に好発する慢性の炎症性皮膚疾患です。[square.umin.ac.jp] 前立腺肥大症、神経因性膀胱、その他排尿障害に対する治療 ― 膀胱留置カテーテル管理、自己導尿、尿道ステント ― 前立腺疾患(前立腺肥大症、前立腺がん)や膀胱頚部硬化症、神経因性膀胱(脳出血、脳梗塞、パーキンソン病、脊髄損傷、糖尿病などが原因による排尿に関する神経の障害)が理由で、自分で排尿できなくなれば、多くの場合、膀胱留置カテーテルで尿管理[myclinic.ne.jp]

  • 尿管周囲炎

    対象疾患 泌尿器科の診療する疾患は、腎臓・副腎、尿管、膀胱、前立腺、尿道、精巣・精巣上体、陰茎などの臓器に関連した疾患や、女性泌尿器疾患(頻尿、尿失禁、骨盤臓器脱、間質性膀胱炎など)、男性更年期(LOH症候群)、ED、尿失禁などの生活の質に関連した疾患を診ております。 ・腎臓 腎臓腫瘍(癌)、腎盂腫瘍(癌) などの腫瘍性疾患。[shiseikai-daini-hosp.jp] 対象臓器・疾患 主な泌尿器科受診の症状と疾患 対象臓器・疾患 1. 尿路(腎、腎盂尿管、膀胱、尿道等)、男性生殖器(精巣、前立腺等)の炎症、腫瘍、結石、機能障害の一部(図 1.)。 2. 一部の内分泌疾患(副腎疾患、男性性機能障害)。[kobari.or.jp] 淋菌感染症の病態 淋菌が原因となる疾患 1) 尿道炎 2) 精巣上体炎 3) 子宮頸管炎 4) 骨盤内感染症(PID) 5) 咽喉頭炎 6) 結膜炎 7) 直腸炎 8) 播種性淋菌感染症(DGI) 臨床症状 【男性】 淋菌性尿道炎 ・ 感染機会から2 7日の潜伏期間の後、尿道口より濃い黄白色の膿性の分泌物が多量に排出され、排尿痛や尿道口の発赤[y-cn.jp]

  • 尿道閉塞

    3.尿道下裂術後 先天性疾患のために小児期に皮膚などで尿道をつくった後に、成人になってから狭くなることがあります。狭窄が発生する部位は振子部です。 4.その他の尿道疾患 硬化性苔癬という皮膚疾患尿道に進展して狭窄をおこすことがあります。狭窄が発生する部位は振子部からときには尿道全長に亘ります。[hyo-med.ac.jp] 小児泌尿器科疾患 上部尿路疾患 水腎症、膀胱尿管逆流、腎腫瘍(ウィルムス腫瘍など)、多嚢胞性異形成腎、腎結石、巨大尿管症、重複腎盂尿管、異所開口尿管、尿管瘤 下部尿路疾患 尿道下裂、夜尿症、神経因性膀胱、後部尿道弁、総排泄腔奇形、総排泄腔外反症、膀胱外反症、膀胱腫瘍、過活動膀胱、尿道上裂、前部尿道弁、尿道脱、尿道外傷 生殖器疾患 停留精巣、[kompas.hosp.keio.ac.jp] 代表的な疾患として、尿路系疾患では水腎症、巨大尿管、尿道狭窄疾患などの閉塞性尿路疾患や膀胱尿管逆流症、性器系疾患では停留精巣、尿道下裂、性分化異常症、泌尿生殖洞異常、その他の疾患として総排泄腔外反症などがあります。 特殊な医療 成人で一般的となっている低侵襲的な治療(腹腔鏡手術など)を積極的に行っています。[ncchd.go.jp]

  • 傍尿道腺感染症

    尿道がんについての一般的な情報 尿道がんは、尿道組織の中に悪性(がん)細胞ができる疾患です。 尿道 とは、 膀胱 と体外とをつなぐ管のことで、 尿 が排出される際の通り道です。女性の尿道は、長さが約4cm(約1.5インチ)で、 膣 口のすぐ上に開口しています。[cancerinfo.tri-kobe.org] 原因 慢性複雑性膀胱炎では、膀胱胆石や前立腺肥大症、尿路胆石、膀胱腫瘍、糖尿病、尿道の狭窄などの基礎疾患、膀尿道カテーテルの留置によって尿の流れが悪くなり、細菌が膀胱内に侵入して起きた炎症が続きます。 非細菌性の若年型慢性膀胱炎の原因ははっきりしていません。[gohongi-clinic.com] 淋菌感染症咽頭・喉頭炎,尿道炎,子宮頸管炎,直腸炎には1g,単回静注又は単回点滴静注。精巣上体炎,骨盤内炎症性疾患には1日1回1g,静注又は点滴静注。〔小児〕1日20 60mg/kg,1 2回分割静注又は点滴静注。難治性・重症感染症には1日120mg/kgまで増量,2回分割投与。[medpeer.jp]

  • 尿路疾患

    おしっこの問題で最もよく見られる医学的原因は、FLUTD(猫の下部尿路疾患)です。 FLUTD(猫の下部尿路疾患)とは FLUTDとは、猫の下部尿路(膀胱または尿道)に影響する機能障害・疾患の総称です。尿道感染症または腎臓結石などの原因が該当しない場合に、この診断が下されます。[hills.co.jp] 猫の下部尿路疾患(FLUTD)とは? 膀胱から尿道にかけての下部尿路で起こる病気を総称して、下部尿路疾患(FLUTD)と呼んでいます。症状が進むと尿毒症にかかり、死に至ることもあります。 原因 年齢や肥満、食事内容、運動不足など、様々な原因で発症します。また、特発性膀胱炎、尿石、尿道栓子によって発症するケースが多いです。[nestle.jp] 尿道や膀胱に関する疾患を総称して下部尿路疾患と呼びます。 犬と猫の尿は腎臓から尿管を通って膀胱にたまり、尿道を通じて外に出されます。この尿路のうち、下部尿路(膀胱から尿道の出口)に起こる病気のことを下部尿路疾患といいます。[royalcanin.co.jp]

  • 慢性尿道炎

    診察案内 対象疾患 1.前立腺疾患:前立腺肥大症、前立腺癌 2.尿路結石: 腎結石、尿管結石、膀胱結石 3.尿路感染症:膀胱炎、尿道炎、腎盂腎炎、慢性前立腺炎、急性前立腺炎・前立腺膿瘍 4.腎臓疾患:腎臓癌、腎のう胞、水腎症、慢性腎不全 5.膀胱疾患:膀胱癌、膀胱憩室 6.尿道疾患尿道狭窄、尿道憩室 7.尿失禁 8.陰茎疾患:包茎、亀頭包皮炎[bethel-uc.jp] 前立腺肥大症、慢性腎臓病、 高脂血症、肥満、高血圧症 診療科 泌尿器科 、 腎臓内科 、 内科 尿道から膿が出る 可能性のある疾患 尿道炎、性感染症(STD) 診療科 泌尿器科 尿道に違和感がある・尿の出口がむずむずする 可能性のある疾患 尿道炎、前立腺炎 診療科 泌尿器科 検診などで(血清クレアチニン(Cr)や尿素窒素(BUN)が高い時[takasuhp.or.jp] 3 病態と疾患 1 前立腺・下部尿路の疾患・病態 前立腺,あるいは膀胱,尿道疾患や病態により下部尿路症状が発生する。前立腺肥大症が原因となった膀胱結石のように,原因が複合することも多い。[minds.jcqhc.or.jp]

  • 非淋病男性尿道炎

    泌尿器疾患については腎臓・膀胱・尿道・前立腺・睾丸の疾患をはじめとし・性病(性行為感染症)・クラミジア尿道炎・膀胱炎等の尿路感染症の診断・治療を積極的に行っています。 EDの相談、診察しED薬を処方しております。 手術としては包茎・パイプカット手術を予約制にて行っています。 AGA(男性型脱毛症)の治療・禁煙治療も行っています。[subaru-clinic.com] 4 尿道尿道炎は男性に多くみられる疾患です。原因のほとんどは性行為による淋菌やクラミジア菌などの感染で、尿道に急性の炎症を起こします。淋菌の感染では尿の出始めに焼け付くような強い痛みとともに、黄色い膿が混じります。クラミジア菌の感染では尿の出始めの軽い痛みやしみる感じとともに、淡黄色や白色の膿が少量排泄され尿がにごります。[takeda-kenko.jp] 排尿困難の原因 前立腺肥大症 男性が50歳を超えるころから増える疾患で、肥大化した前立腺が尿道を圧迫することで排尿困難が起こります。 膀胱結石・尿路結石・尿道結石 膀胱や尿路、尿道に結石ができる疾患です。尿の通り道にできる結石が障害になるため、尿がスムーズに流れなくなり、排尿に時間がかかる排尿困難が生じます。[sanseihospital.com]

  • 尿道周囲膿瘍

    手術なし 副傷病なし 12 3.33 5.39 0 55.33 11012xxx99xx0x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし - - 7.64 - - 11012xxx020x0x 上部尿路疾患尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし - - 5.75 -[seiunkaibyouin.jp] 通常、皮膚感染症、呼吸器感染症、尿道炎、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患などの感染症治療に用いられます。 次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。肝機能障害、心疾患がある。[rad-ar.or.jp] 診療内容 泌尿器 先天性水腎症・水尿管症(腎孟尿管移行部狭窄、重複腎孟尿管、尿管膀胱移行部狭窄) 先天性腎嚢胞性疾患、尿管痛、膀胱尿管逆流症、後部尿道弁、尿道下裂 呼吸器 肺分画症、先天性気管狭窄症、気管・気管支軟化症、先天性肺嚢胞性疾患 先天性嚢胞性腺腫様肺奇形(CCAM)、気胸、膿胸 形成外科 漏斗胸、臍突出症(でべそ) 救急 急性虫垂炎[tokushima-hosp.jp]

さらなる症状