Create issue ticket

考えれる28県の原因 尿路膨張

  • ウォルフラム症候群

    眼科臨床としては、 ウォルフラム症候群は10歳で起きるインスリン依存性の糖尿病で起こり、これに続く視神経萎縮による視力障害を見たらこれを疑う、ぞして内分泌代謝系、精神神経系障害、尿崩症、難聴、尿路異常などをチェックする。遺伝は常染色体劣性遺伝性疾患と記憶しておき、WFS1蛋白を規定する原因遺伝子WFS1の欠損を調べる。 ーーーーーーー Wolfram症候群 (ウォルフラム症候群)、DIDMOAD (Diabetes Insipidus, Diabetes Mellitus, Optic Atrophy, and Deafness), 1. 概要[…][kiyosawa.or.jp]

  • 十二指腸憩室

    腎盂拡張 尿に生じた通過障害によって、腎臓内部の腎盂が膨張している状態をいいます。原因としては、尿管結石や尿管腫瘍などが考えられます。確認のための精密検査が 必要です。 腎石灰化 腎臓にできたカルシウムの沈着のことです。 腎臓結石 腎臓にできた結石のことです。 腎臓腫瘤 腎臓にできた腫瘍のことです。[nakanohp.com] 水腎症 尿に生じた通過障害によって、腎臓の中の腎盂・腎杯が膨張した状態になったものです。その原因としては、尿管結石、尿管腫瘍などがあります。 膵管拡張 膵臓から十二指腸へ通じている膵管が拡張しています。膵管内に結石や腫瘤があるとその部分に通過障害起こって生じるもので、慢性膵炎などでも見られる所見です。[nakanohp.com]

  • 腎結石症

    衝撃波が音響学的インピーダンスの異なる相に達すると進入面と脱出面に圧縮波と膨張波が生じ、機械的破壊が起こります。 この性質を利用した衝撃波による尿結石の破砕治療は治療にともなう合併症も少なく安全な治療法といえます。 ESWLの治療適応について 尿路結石の部位を問わず腎結石、尿管結石にESWLによる治療が可能です。[sagamidai.com]

  • 下部尿路感染症

    ほとんどの場合急性腎不全を伴っているため、尿道にカテーテルを挿入して閉塞を解除し尿を確保します。さらに、輸液を併せて行います。緊急性が高い場合には、膨張した膀胱を穿刺して注射器で尿を抜き取った後に尿の確保を行う場合もあります。犬では尿道に詰まった結石を膀胱内に押し戻した時には、膀胱切開で結石を取り除きます。[matsunami.co.jp]

  • 上部尿路感染症

    ほとんどの場合急性腎不全を伴っているため、尿道にカテーテルを挿入して閉塞を解除し尿を確保します。さらに、輸液を併せて行います。緊急性が高い場合には、膨張した膀胱を穿刺して注射器で尿を抜き取った後に尿の確保を行う場合もあります。犬では尿道に詰まった結石を膀胱内に押し戻した時には、膀胱切開で結石を取り除きます。[matsunami.co.jp]

  • 腎盂結石

    衝撃波が音響学的インピーダンスの異なる相に達すると進入面と脱出面に圧縮波と膨張波が生じ、機械的破壊が起こります。 この性質を利用した衝撃波による尿結石の破砕治療は治療にともなう合併症も少なく安全な治療法といえます。 ESWLの治療適応について 尿路結石の部位を問わず腎結石、尿管結石にESWLによる治療が可能です。[sagamidai.com]

  • 尿失禁

    尿が閉塞しているために完全に尿を出し切ることができず、残尿が発生します。膀胱が尿によって大きく膨張し、尿を抑える機能が圧力に耐えられなくなって尿もれを起こす症状です。 膀胱筋が衰えたり弛緩したりするために収縮できない状態も、よくみられる原因のひとつです。[tena.co.jp]

  • 遺伝性腎細胞癌

    ほとんどの場合急性腎不全を伴っているため、尿道にカテーテルを挿入して閉塞を解除し尿を確保します。さらに、輸液を併せて行います。緊急性が高い場合には、膨張した膀胱を穿刺して注射器で尿を抜き取った後に尿の確保を行う場合もあります。犬では尿道に詰まった結石を膀胱内に押し戻した時には、膀胱切開で結石を取り除きます。[yamane-amc.com]

  • 水腎症

    ほとんどの場合急性腎不全を伴っているため、尿道にカテーテルを挿入して閉塞を解除し尿を確保します。さらに、輸液を併せて行います。緊急性が高い場合には、膨張した膀胱を穿刺して注射器で尿を抜き取った後に尿の確保を行う場合もあります。犬では尿道に詰まった結石を膀胱内に押し戻した時には、膀胱切開で結石を取り除きます。[yamane-amc.com]

  • 膵萎縮

    2、腎盂の拡大 尿に生じた通過障害によって、腎臓内部の腎盂が膨張している状態をいいます。原因としては、尿管結石や尿管腫瘍などが考えられます。確認のための精密検査が必要です。 3、腎血管筋脂肪腫 血管や平滑筋、脂肪などからなる腫瘍で通常、単発で良性です。全受診者の約1%にみられ、超音波検査で比較的特長的な所見を認めます。[yaesu-health-support.com]

さらなる症状