Create issue ticket

考えれる77県の原因 尿路感染症, 脊髄精神的外傷

  • 尿路感染症

    上部尿感染とは、膀胱よりも上流の尿感染である。臨床的には、発熱を伴う尿感染が上部尿感染を疑わせる。 急性腎盂腎炎 急性巣状細菌性腎炎 下部尿感染とは、膀胱以下の尿感染である。発熱は通常伴わない。(急性前立腺炎は例外である。) 膀胱炎 尿道炎 急性前立腺炎 細菌による尿感染が頻度が高く、重要である。[ja.wikipedia.org] 以上の経路を、尿と呼ぶ。男性の場合、精巣上体や前立腺も尿に含む場合がある。 尿感染は、上記の尿に細菌、ウイルス、真菌などが感染することによって起こる感染である。 尿感染は、病原体と感染の部位により分類される。ここでは、感染部位からの分類について述べる。病原体については、「病原体」を参照のこと。[ja.wikipedia.org] 尿感染のうち、解剖学的あるいは機能的な尿の異常(先天性・後天性は問わない)を伴うものを複雑性尿感染と呼ぶ。複雑性尿感染は単純性と比べ、反復しやすい、上部尿感染が多い、起炎菌が抗菌薬に耐性となりやすいといった特徴があり、治療・管理上の問題点となる。 尿の異常の例として、以下のようなものがある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 膀胱炎

    発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿感染と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。 多くは細菌感染症である。原因となる細菌がはっきりしていれば、感受性や薬剤の組織移行性を考え処方を行う。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 尿路疾患
    不足: 脊髄精神的外傷
  • 膣炎

    膣炎(ちつえん、英語: Vaginitis)とは、女性の膣に炎症を生じた病態。 細菌性膣炎 カンジダ膣炎 トリコモナス膣炎 萎縮性膣炎(老人性膣炎)[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 急性膀胱炎

    上部尿感染とは、膀胱よりも上流の尿感染である。臨床的には、発熱を伴う尿感染が上部尿感染を疑わせる。 急性腎盂腎炎 急性巣状細菌性腎炎 下部尿感染とは、膀胱以下の尿感染である。発熱は通常伴わない。(急性前立腺炎は例外である。) 膀胱炎 尿道炎 急性前立腺炎 細菌による尿感染が頻度が高く、重要である。[ja.wikipedia.org] 以上の経路を、尿と呼ぶ。男性の場合、精巣上体や前立腺も尿に含む場合がある。 尿感染は、上記の尿に細菌、ウイルス、真菌などが感染することによって起こる感染である。 尿感染は、病原体と感染の部位により分類される。ここでは、感染部位からの分類について述べる。病原体については、「病原体」を参照のこと。[ja.wikipedia.org] 尿感染のうち、解剖学的あるいは機能的な尿の異常(先天性・後天性は問わない)を伴うものを複雑性尿感染と呼ぶ。複雑性尿感染は単純性と比べ、反復しやすい、上部尿感染が多い、起炎菌が抗菌薬に耐性となりやすいといった特徴があり、治療・管理上の問題点となる。 尿の異常の例として、以下のようなものがある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 便秘

    記事一覧 連載: 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 2018/6/27 田中 由佳里(東北大学医学系研究科行動医学助教) 実際の臨床で、「先生、最近便秘なんです」と相談されることはよくあります。このとき注意すべきなのは、患者さんごとに「便秘」の定義が違うことです。「最近はずっとコロコロ便が出ます」「1週間に1 2回しか排便しません」「ストレスがかかると、腹痛と一緒に硬い便になります」など、「便秘」という言葉に含まれる症状は多岐にわたります。 ログインして全文を読む 新規に会員登録する 会員登録すると、記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。[…][medical.nikkeibp.co.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 大腸菌

    敗血症の原因(明らかになる場合)として最も多いのは尿感染であるが、大腸菌は尿感染の原因菌として最も多いものである。 大腸菌の株は多数報告されており、一部では動物に害となりうる性質を持つ株も存在する。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • クレブシエラ属

    しばしば呼吸器感染尿感染などを引き起こす。弱毒菌であるが、菌交代現象を起こし、感染症を引き起こし問題となる。 学名は属名がドイツの細菌学者Edwin Klebsへの献名で、種形容語がギリシア語で肺炎を意味するΠνευμονία(Pneumonia)に由来する。ラテン語風にクレブシエラ・プネウモニアエとも呼ぶ。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • レンサ球菌感染

    溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう、英: Streptococcal infection)は、広義にはグラム陽性球菌のうちレンサ球菌属(英: 羅: Streptococcus, 複数形は-cocci)によって惹き起こされる感染症すべてを指す。レンサ球菌属のうち特に感染症を起こす頻度が高く、一般によく知られているのは化膿レンサ球菌(英: 羅: Streptococcus pyogenes)であるため、通常単に「溶連菌」といえば化膿レンサ球菌の事を指し、「溶連菌感染症」といえば化膿レンサ球菌による感染症のことを指す。 化膿レンサ球菌には他に「A群レンサ球菌」(英: 羅: Group A[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 産褥期

    体温39度以上で白血球数15,000/μl以上であると潜在性菌血の可能性が高くなる。尿感染も1歳以下の男児や2歳以下の女児では見つけにくい疾患となる。尿検体をカテーテルや膀胱穿刺で無菌的に摂取すると診断できる。[ja.wikipedia.org] その場合は潜在性菌血尿感染、潜在性肺炎、悪性腫瘍や膠原病が考えられる。特に前二者は抗菌薬による治療にて早期介入可能なことから注意深い診察が必要となる。潜在性菌血症は全身状態良好な良好であるのにもかかわらず血液培養にて細菌が検出されることである。3か月から3歳くらいで頻度が高いと言われている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷

さらなる症状

類似した症状