Create issue ticket

考えれる1,004県の原因 尿路感染症, 敗血症性血栓性静脈炎

つまり: 尿路感染症, 敗血, , 血栓性静脈炎

  • 尿路感染症

    上部尿路感染症は敗血症の原因として頻度が高く、ひとたび敗血症となると播種性血管内凝固症候群や多臓器不全に陥る危険性もあるため、高齢者や免疫不全患者の上部尿路感染症には特に注意しなければならない。結石性腎盂腎炎、いわゆる膿腎症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] 治療法 1歳未満では上部尿路感染症に敗血症を合併する事が多いので、原則としては入院の上で、抗菌薬(抗生物質)の点滴投与を行います。有効な抗菌薬の使用で、2日以内に解熱し全身状態も改善します。静脈と経口の抗菌薬の治療期間はあわせて1 2週間が目安ですが、年長児ではそれよりも短く済むことがあります。[kmu.ac.jp] 特に、 腎盂腎炎は、生死に影響する様な、重症化する状態(敗血症)となる可能性があるため、早期の受診が望ましいです。[ome-clinic.com]

  • 大腸菌

    内毒素(リポ多糖)を産生するため、大腸菌による敗血症は重篤な内毒素ショック(エンドトキシンショック)を引き起こす。敗血症の原因(明らかになる場合)として最も多いのは尿路感染症であるが、大腸菌は尿路感染症の原因菌として最も多いものである。 大腸菌の株は多数報告されており、一部では動物に害となりうる性質を持つ株も存在する。[ja.wikipedia.org] 敗血症の原因(明らかになる場合)として最も多いのは尿感染であるが、大腸菌は尿感染の原因菌として最も多いものである。 大腸菌の株は多数報告されており、一部では動物に害となりうる性質を持つ株も存在する。[ja.wikipedia.org]

  • 敗血症

    感染症 菌血症 化学療法 (細菌) 新生児敗血症 菌血症、敗血症および敗血症性ショック メルクマニュアル 家庭版 敗血症高松赤十字病院 (PDF) 敗血症.com 日本集中治療医学会 敗血症情報サイト[ja.wikipedia.org] また、敗血症の原因となる感染は、肺の急性感染である「肺炎」と「尿感染」が多く、そのほかに「腸管感染」や「血流感染」などがあります。男性は肺炎などの呼吸器系が原因となることが多く、女性は尿感染などの泌尿生殖系が原因となることが多い傾向があります。[saiseikai.or.jp] 敗血症とは、血液中に病原体が入り込むことで引き起こされる、重篤な全身感染です。敗血症を起こす感染として、尿感染や肺炎、腹膜炎などがあります。 典型的な症状として、発熱、脱力、心拍数の増加、呼吸数の増加、白血球の増加などが見られ、多臓器不全により死に至ることもあります。[institute.yakult.co.jp]

  • レンサ球菌感染

    《 臨 床 的 特 徴 》 初発症状は咽頭痛、発熱、消化管症状(食欲不振、嘔気、嘔吐、下痢)、全身倦怠感、低血圧などの敗血症症状、筋痛などであるが、明らかな前駆症状がない場合もある。[medic.mie-u.ac.jp] GAS はまれに劇感染を引き起こすことがあります。GBS はヒトの腸管にも棲息する常在細菌の一種ですが,時に高齢者の尿感染や敗血症,新生児にみられる産道感染症の原因菌となります。SDSE は今最も注目されている菌ですが,特に高齢者に GAS と同様の感染症を惹起することが明らかになってきています。[strep.umin.jp] また、B群レンサ球菌感染の赤ちゃんを以前に出産したことのある妊婦や、今回の妊娠中にB群レンサ球菌による尿感染や細菌尿があった妊婦も、破水・分娩時に点滴による抗生物質療法を受けることが、アメリカ合衆国では勧められています。[city.yokohama.lg.jp]

  • コアグラーゼ陰性ブドウ球菌

    抄録 院内感染症の原因菌として注目をあびているメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)は, 容易にヒトや病院環境に定着し, おもに接触感染によりcompromised hostに肺炎や敗血症などの重篤な全身感染症を引き起こす。[ci.nii.ac.jp] (4)肺炎 重症のインフルエンザのような場合、気管の異物排除機能障害などから黄色ブドウ球菌が肺臓に定着、感染をおこす。また、菌血によって肺臓に病巣ができる例もある。 (5)尿感染 尿道にブドウ球菌が感染し、急性膀胱 (ぼうこう) 炎をおこす。女性に多い。[kotobank.jp] Q594 6 インフルエンザ菌敗血症 A413 D3HQ 7 嫌気性菌敗血症 A414 FBAF 8 グラム陰性菌敗血症 A415 NCR5 9 グラム陰性桿菌敗血症 A415 MMPR 10 グラム陽性菌敗血症 A418 T9C3 11 セレウス菌敗血症 A418 J45E 12 腸球菌敗血症 A418 UALK 13 院内感染敗血症[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 緑膿菌

    抵抗力の非常に低下した人に、呼吸器感染症、尿路感染症、菌血症や敗血症などを引き起こします。 正常の宿主に対しては病原性を発揮しない微生物が、宿主の抵抗力が弱っている時に病原性を発揮しておこる感染を、日和見感染といいます。 症状は、敗血症、呼吸器感染症、尿路感染症、褥瘡、肝・胆道系感染症、消化管感染症などを引き起こします。[pro.saraya.com] 感染部位の褥創や、菌血症や敗血症による高熱、寒け、震え、発汗などがおこり、重症の場合には、血圧降下、無尿、敗血症性ショックをおこすことがあります。 効果のある抗菌薬を調べ、その抗菌薬を用いて治療します。効果のある抗菌薬がない場合には、治療が困難となります。[idsc.tokyo-eiken.go.jp] しかし、グラム陰性桿菌でありエンドトキシンを産生するため、何らかの原因で血液中に侵入し、菌血症や敗血症を引き起こすと、エンドトキシンショックが誘発され、多臓器不全により死亡することがある。[niid.go.jp]

  • 尿路疾患

    臨床症状 尿管結石の嵌頓のような急性尿路閉塞では激しい側腹部から下腹部にかけて疝痛とよばれる激痛を生じる.この痛みは尿管の走行に沿って放散し,肉眼的血尿や悪心,嘔吐といった消化器症状を伴うこともある.また腎盂腎炎を併発すれば発熱,悪寒を伴い,糖尿病などに罹患している場合は敗血症などへの進展に注意が必要である.慢性の不完全閉塞では徐々に水腎症[kotobank.jp] FLUTD(猫の下部尿疾患)とは FLUTDとは、猫の下部尿(膀胱または尿道)に影響する機能障害・疾患の総称です。尿道感染または腎臓結石などの原因が該当しない場合に、この診断が下されます。[hills.co.jp] 外来担当医表は こちら 場所 D棟2階 対象疾患 膀胱炎、尿道炎、前立腺炎、精巣上体炎、腎盂腎炎、前立腺肥大症、尿道狭窄、尿失禁、神経因性膀胱、過活動膀胱 尿性器がん(腎・腎盂・尿管・尿路上皮・膀胱・前立腺・腎盂尿管・精巣・陰茎など) 腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿感染尿性器感染、後腹膜線維化症、小児泌尿器疾患、EDなど 診療ポイント[ijinkai.or.jp]

  • クレブシエラ属

    病気, ウイルス, セラチア菌, 感染症, 拡大イメージ, 結核, 3D, イラストレーション, クレブシエラ菌, クロストリジウム, サルモネラ菌, デジタル生成, ペスト菌, マイコバクテリウム, マクロ撮影, ミラビリス変形菌, ロシア, 下痢, 人物なし, 刺胞動物, 医療とヘルスケア, 医薬品, 営巣地, 微生物, 微生物学, 敗血症[istockphoto.com] しばしば呼吸器感染尿感染などを引き起こす。弱毒菌であるが、菌交代現象を起こし、感染症を引き起こし問題となる。 学名は属名がドイツの細菌学者Edwin Klebsへの献名で、種形容語がギリシア語で肺炎を意味するΠνευμονία(Pneumonia)に由来する。ラテン語風にクレブシエラ・プネウモニアエとも呼ぶ。[ja.wikipedia.org] クレブシエラ菌, クロストリジウム, グラム染色, コレラ菌, サルモネラ菌, セラチア菌, デジタル生成, バクテリア, ペスト菌, マイコバクテリウム, マクロ撮影, ミラビリス変形菌, レジオネラ菌, ロシア, 下痢, 人物なし, 刺胞動物, 医療とヘルスケア, 医薬品, 営巣地, 大腸菌, 微生物, 微生物学, 感染症, 拡大イメージ, 敗血症[istockphoto.com]

  • 敗血症

    感染症 菌血症 化学療法 (細菌) 新生児敗血症 菌血症、敗血症および敗血症性ショック メルクマニュアル 家庭版 敗血症高松赤十字病院 (PDF) 敗血症.com 日本集中治療医学会 敗血症情報サイト[ja.wikipedia.org] また、敗血症の原因となる感染は、肺の急性感染である「肺炎」と「尿感染」が多く、そのほかに「腸管感染」や「血流感染」などがあります。男性は肺炎などの呼吸器系が原因となることが多く、女性は尿感染などの泌尿生殖系が原因となることが多い傾向があります。[saiseikai.or.jp] 敗血症とは、血液中に病原体が入り込むことで引き起こされる、重篤な全身感染です。敗血症を起こす感染として、尿感染や肺炎、腹膜炎などがあります。 典型的な症状として、発熱、脱力、心拍数の増加、呼吸数の増加、白血球の増加などが見られ、多臓器不全により死に至ることもあります。[institute.yakult.co.jp]

  • 膀胱炎

    早急に治療しなければ、敗血症になる場合があるので、必ず医療機関を受診してください。 膀胱炎は、背後に原因となる病気があって起こる「慢性膀胱炎」がありますが、これは比較的高齢の男性に多く、前立腺肥大症、尿路結石、尿路にできた腫瘍などが原因になります。[oka-clinic.jp] 発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿感染と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。 多くは細菌感染症である。原因となる細菌がはっきりしていれば、感受性や薬剤の組織移行性を考え処方を行う。[ja.wikipedia.org] 常に尿の中に細菌がいる状態で、普段はほとんど症状がなく、治療の必要はありませんが、急に悪化し腎盂腎炎や敗血症(血管内に細菌が入り込み、全身にまわる)を起こしたときは治療が必要です。治療は抗生剤だけでなく、ベースとなる病気をコントロールして全身状態を改善させることが重要です。[do-yukai.com]

さらなる症状

類似した症状