Create issue ticket

考えれる1,233県の原因 尿路感染症

  • 尿路疾患

    FLUTD(猫の下部尿疾患)とは FLUTDとは、猫の下部尿(膀胱または尿道)に影響する機能障害・疾患の総称です。尿道感染または腎臓結石などの原因が該当しない場合に、この診断が下されます。[hills.co.jp] 外来担当医表は こちら 場所 D棟2階 対象疾患 膀胱炎、尿道炎、前立腺炎、精巣上体炎、腎盂腎炎、前立腺肥大症、尿道狭窄、尿失禁、神経因性膀胱、過活動膀胱 尿性器がん(腎・腎盂・尿管・尿路上皮・膀胱・前立腺・腎盂尿管・精巣・陰茎など) 腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿感染尿性器感染、後腹膜線維化症、小児泌尿器疾患、EDなど 診療ポイント[ijinkai.or.jp] 少量ずつ尿道より漏れる,溢流性尿失禁の状態となることがある.ときに血尿もみられ,尿感染や結石を合併することもある.[kotobank.jp]

  • 尿路感染症

    上部尿感染とは、膀胱よりも上流の尿感染である。臨床的には、発熱を伴う尿感染が上部尿感染を疑わせる。 急性腎盂腎炎 急性巣状細菌性腎炎 下部尿感染とは、膀胱以下の尿感染である。発熱は通常伴わない。(急性前立腺炎は例外である。) 膀胱炎 尿道炎 急性前立腺炎 細菌による尿感染が頻度が高く、重要である。[ja.wikipedia.org] 塚田こども医院/ヘルス・レター 412 尿感染 子どもの発熱の原因として、オシッコの中に細菌が入っておきる尿感染は意外と多いもの。 とくに年齢の小さな赤ちゃんは、気づかずにいると重症になることもあって、早めに見つける必要があります。 尿感染とは オシッコは腎臓で作られ、尿管を通って膀胱にたまり、尿道から体の外に出ていきます。[kodomo-iin.com] 腎臓から尿道までを尿と呼びます。 この場所のどこかに細菌が感染すると尿感染といいます。腎臓に感染すると腎盂腎炎、膀胱に感染がおこると膀胱炎といわれますが、小児の場合は区別がしにくいので、腎臓が中心に感染がおこったものを上部尿感染、膀胱炎が中心の症状を示すものを下部尿感染と呼びます。[senoopc.jp]

  • 膀胱炎

    また、「神経因性膀胱障害」など排尿に問題のある患者さんでは、尿感染の原因となる細菌が多種多様で、抗菌剤に抵抗を示す細菌が多く、「複雑性尿感染」となっていて、治療が難しくなります。[niigata-kouseiren.jp] 発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿感染と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。 多くは細菌感染症である。原因となる細菌がはっきりしていれば、感受性や薬剤の組織移行性を考え処方を行う。[ja.wikipedia.org] 他の病気(尿感染)について 比較的多い女性の尿感染にはこのほかに発熱、腰背部痛、全身倦怠(体がだるい)などの症状が見られる急性腎盂腎炎があります。細菌の入った膀胱の尿が尿管から腎盂に逆流する「膀胱尿管逆流現象」の見られることがあります。この場合、感染症の治療ばかりでなく、「膀胱尿管逆流現象」の治療を行わなければなりません。[niigata-kouseiren.jp]

  • 膣炎

    尿感染による外陰膣炎: 尿感染と外陰膣炎は、それぞれが他方の原因になります。 ⑤腸管寄生虫による外陰膣炎: 蟯虫に感染した場合、蟯虫が肛門の周囲や会陰の皮膚から膣内に迷走し、大腸菌や腸内細菌を膣内に運び、外陰膣炎を起こすことがあります。 ⑥原因不明の非特異的外陰膣炎: ウィルスによって起こるものがあるといわれてます。[mirai-cl.jp] 膀胱炎などの尿感染を合併している場合もあり、排尿時痛などがみられることもあります。 主な感染経路は性行為ですが、性行為以外の感染経路として風呂場や手指などによるものも考えられます。少数ですが性行為の無い幼児・小児の膣トリコモナス症も認められ、この場合には母親がトリコモナス膣炎であることが多くあります。[shimodaira-ladies.com] - 尿ph(ペーハー) - 尿の酸性度をみてからだの異常チェックをします。 pH7.6以上だとアルカリ性で、尿感染(にょうろかんせんしょう)や腎疾患などが疑われます。 一方、pH4.7以下だと酸性で、糖尿病、呼吸性・代謝性のアシドーシス、発熱、アルコール中毒などが疑われます。[okazakinaika.jp]

  • 急性膀胱炎

    上部尿感染とは、膀胱よりも上流の尿感染である。臨床的には、発熱を伴う尿感染が上部尿感染を疑わせる。 急性腎盂腎炎 急性巣状細菌性腎炎 下部尿感染とは、膀胱以下の尿感染である。発熱は通常伴わない。(急性前立腺炎は例外である。) 膀胱炎 尿道炎 急性前立腺炎 細菌による尿感染が頻度が高く、重要である。[ja.wikipedia.org] 妊婦さんが妊娠中に最もかかりやすい感染は何かご存じですか? 実は尿感染なのです。尿感染とは、尿の作られる腎臓から尿道口までの尿の通り道におこった細菌感染症を言います。 自覚症状がないものの、尿の中に細菌が存在している状態である「無症候性細菌尿」まで含めると、妊婦の10 50人に1人がかかっていると言われています。[asahi.com] 関連項目 [ 編集 ] 尿感染 間質性膀胱炎 非細菌性慢性膀胱炎 この項目は、 医学 に関連した 書きかけの項目 です。 この項目を加筆・訂正 などしてくださる 協力者を求めています ( プロジェクト:医学 / Portal:医学と医療 )。[ja.wikipedia.org]

  • 便秘

    便秘(べんぴ、英: constipation)とは、ヒト(または他の動物)において便の排泄が困難になっている状態の総称である。原因は腫瘍の増殖に伴う消化管の狭窄や閉塞などの器質的な要因による便の通過障害もあれば、気質的には全く異常を認めない機能性の便秘もあるなど、多岐にわたる。自覚症状として、血便、腹痛、吐き気、直腸残便感、腹部膨満感、下腹部痛、食欲不振、めまい等のほか、肩や背中に放散痛を伴う場合がある。2017年10月には、日本消化器病学会により「慢性便秘症診療ガイドライン2017」が作成された。[…][ja.wikipedia.org]

  • エンテロコッカス属

    尿感染,日和見感染症,いわゆる食中毒の起炎菌となる. 「MIC80」欄の * :MIC90の値であることを示す。 「MIC60」欄の ** :MIC50の値であることを示す。 「備考」欄の ※ :マウスオーバーで備考を表示。 感受性のデータは、主として製薬メーカのインタビューフォームから収集しています。[antibiotic-books.jp] 尿感染は、バンコマイシン耐性菌の場合でも、 ニトロフラントイン ( nitrofurantoin )で治療することができる [9] 。 医学的観点からは、この属の重要な特徴は、内因性抗生物質耐性のレベルが高いことである。[ja.wikipedia.org] 尿感染,亜急性心内膜炎,髄膜炎,日和見感染症,いわゆる食中毒の起炎菌となる. 「MIC80」欄の * :MIC90の値であることを示す。 「MIC60」欄の ** :MIC50の値であることを示す。 「備考」欄の ※ :マウスオーバーで備考を表示。 感受性のデータは、主として製薬メーカのインタビューフォームから収集しています。[antibiotic-books.jp]

  • レンサ球菌感染

    GAS はまれに劇感染を引き起こすことがあります。GBS はヒトの腸管にも棲息する常在細菌の一種ですが,時に高齢者の尿感染や敗血症,新生児にみられる産道感染症の原因菌となります。SDSE は今最も注目されている菌ですが,特に高齢者に GAS と同様の感染症を惹起することが明らかになってきています。[strep.umin.jp] また、B群レンサ球菌感染の赤ちゃんを以前に出産したことのある妊婦や、今回の妊娠中にB群レンサ球菌による尿感染や細菌尿があった妊婦も、破水・分娩時に点滴による抗生物質療法を受けることが、アメリカ合衆国では勧められています。[city.yokohama.lg.jp] 妊婦では、膀胱炎や子宮の感染(羊膜炎、子宮内膜炎)、死産を起こすことがあります。妊婦以外では、尿感染、敗血症、皮膚・軟部組織の感染症および肺炎を起こすことがあり、死亡例もあります。 老若男女を問わず、多くの人が、体にB群レンサ球菌を持っていますが、なんの症状もない場合が多いです。[city.yokohama.lg.jp]

  • 良性前立腺肥大症

    全般的な臨床的進展――米国泌尿器科学会(American Urological Association)の症状スコアのベースラインからの 4 ポイント以上の上昇,急性尿閉,尿失禁,腎不全,または再発性尿感染で定義――は,ドキサゾシン(39%のリスク低下,P 0.001)とフィナステライド(34%のリスク低下,P 0.002)で,プラセボ[nejm.jp] 他の 2 人の患者は尿培養によると尿感染と診断され、効果的な抗生物質のコース後に回復します。1 人の患者だけは、尿感染の証拠がなければ術後早期における持続的な尿失禁を経験しました。この尿失禁は、骨盤底の筋肉が数週間のトレーニングの後完全に解決されました。排尿困難で別の患者は、膀胱鏡検査で膀胱頚部拘縮と診断されました。[jove.com] 慢性的な尿閉状態が続くと、 膀胱結石の形成 腎機能の低下 膀胱憩室の形成 繰り返す尿感染 などをきたすことがあります。 診断 問診、質問用紙によるスクリーニング 問診などで下部尿症状の異常が示唆された場合には、IPSS/QOLスコアやOABSSを用いで自覚症状の評価を行います。[toms.med.hokudai.ac.jp]

  • 大腸菌

    敗血症の原因(明らかになる場合)として最も多いのは尿感染であるが、大腸菌は尿感染の原因菌として最も多いものである。 大腸菌の株は多数報告されており、一部では動物に害となりうる性質を持つ株も存在する。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状