Create issue ticket

考えれる6県の原因 尿細管萎縮を示している腎生検

  • 多発性骨髄腫

    多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ、Multiple Myeloma:MM)は形質細胞腫瘍の一種であり、その中では最も患者数の多い難治性血液腫瘍である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 腎動脈血栓症

    心臓から送り出された血液(栄養や酸素)を全身の臓器、組織に供給しているのが動脈です。動脈が硬く変化し動脈硬化が生じ、狭くなったり、詰まったりすると、いろいろな臓器に影響を及ぼします。足の動脈で生じ、十分な血液が流れなくなり発症する病気を 閉塞性動脈硬化症(末梢動脈疾患) といいます。放っておくと足が冷たい、痛いなどの症状が現れます。さらに進行すると腐ってきて、 最悪切断になる事もあります。 閉塞性動脈硬化症の人の約40-60%は 心臓や脳の動脈にも病気 を持っており、また重症下肢虚血の場合の 予後は悪く[…][machida-keisen.com]

  • 慢性痛風腎

    腎臓内科 腎臓に関する病気を扱います。腎臓は血液を濾過し尿として排泄することが第一の役割ですが、その他に、血圧の調節や骨髄での造血機能を助けるなどの重要な役目をもつ臓器です。健診で、尿蛋白・血尿などの検尿異常や腎機能異常を指摘された時、あるいは高血圧、痛風、排尿時の不快感などに対して、腎臓専門医が診察いたします。必要であれば泌尿器科への紹介も行ないます。 臓器 : 腎臓 症状 : 蛋白尿、血尿がでる、尿が出ない、尿の量が多いまたは少ないなど 主な疾患 : 腎炎、慢性腎臓病、痛風、高尿酸血症、高血圧、副腎腫瘍、副甲状腺疾患など [診療曜日] 午前 午後 [診療時間] 火曜日 【午前】9:00[…][shouohkai.or.jp]

  • 重金属中毒

    概要 重金属中毒とは、金、銀、銅、鉄に代表されるような重金属が多量に取り込まれることで、体に異常が生じている状態をいいます。重金属とは、比重(水の比重が約1g/ml)が4以上の金属のことです。工業的に生産される多くの金属や、鉱物資源として活用されるレアメタルなどが、重金属にあてはまります。[…][medicalnote.jp]

  • 慢性鉛腎症

    これまでIgA腎症を治療する専門的な知識や研究成果を発表してきました。なかでも,ステロイドパルス療法を日本で初めてまとめて報告し,現在では全国のほとんどの施設で行われるまでに広まりました。ステロイドパルス療法は効果が早くかつ確実に得られる反面,副作用にも留意しなければならない治療法です。どのような状態の時にこの治療法がもっとも適応となるのか,あるいはより穏やかな治療法でも十分に効果が期待できるのかといった判断や,薬の量についても一人一人検討しなければなりません。また,おこりやすい副作用を個別に患者さんごとに予測し,未然に防止するために策をご一緒に考えます。この点に関して,他の病院で治療さ[…][noto-hospital.nanao.ishikawa.jp]

  • 非ステロイド性抗炎症薬

    非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs エヌセイズ)とは、ステロイド以外の抗炎症、解熱、鎮痛作用をもつ薬剤の総称です。解熱剤や痛み止めとして広く使用されており、病院で処方される薬以外に市販の風邪薬や痛み止めなどにも含まれている成分です。 NSAIDsは、発熱や痛みを引き起こす原因となるプロスタグランジンという物質が作られるのを抑えることで解熱鎮痛剤として効果を発揮します。[…][bohseipharmacy.co.jp]

さらなる症状