Create issue ticket

考えれる520県の原因 尿管閉塞

  • 子宮脱

    子宮脱 子宮下垂・脱は、子宮が正常の位置より下降したものを子宮下垂といい、これがひどくなり外陰部より子宮の一部または全部が脱出するのを子宮脱といいます。従って子宮の下垂と脱の違いは程度の差です。子宮の下端は腟内に突出しており(子宮腟部)、子宮の前方は膀胱、後方は直腸とそれぞれ接しており、多くの場合子宮が下降するときは、腟・膀胱・直腸などの臓器を引き連れて下がり、ひどくなると腟は、それにつられて裏返ってしまうこともあります。このように、骨盤の中に周囲の臓器が落ち込むことからpelvic organ prolapse(骨盤内臓脱)もしくは性器脱とよばれます。 症状[…][jspog.com]

  • 子宮頸癌

    IIIB期: がんは骨盤壁まで拡がっており:および/あるいは 腫瘍は尿(腎臓と膀胱をつなぐ管)を塞ぐほど大きくなっています。この閉塞により腎臓が肥大したり、機能しなくなったりすることがあります。 IV期 IV期では、がんは膀胱、直腸または体の他の部分にまで拡がっています。[imic.or.jp]

  • 膀胱移行上皮癌

    また、浸潤度の高い腫瘍では膀胱刺激症状が、腫瘍浸潤による尿閉塞のある症例では側腹部痛が見られる。 検査として、腫瘍の存在を確認するスクリーニング検査と、腫瘍深達度を診断する臨床病期診断に大別される。 腫瘍の存在診断 a. 尿検査;血尿 b. 尿細胞診;偽陽性、偽陰性がある c. 尿道膀胱鏡;腫瘍の数、形態、部位、大きさ d.[home.hiroshima-u.ac.jp] 合併症は稀ですが、膀胱切開部の裂開、腫瘍の播種、尿閉塞などがあります。 (図1)両側尿ステントを設置した症例の腹部レントゲン 膀胱全摘出術および尿路変更術(尿迂回術) 早期発見と早期膀胱全摘出術は、膀胱腫瘍の根治治療として最も可能性がある手術方法です。[mah.jp] また、排尿時に痛みを感じたり、頻尿をきたした場合も注意が必要です。さらに、癌が大きくなり下部尿閉塞すると、腎臓が内部が拡張し水腎症をきたすと腰背部の痛みをきたす場合があります。 膀胱がんの検査 膀胱がんを疑うときは検査を進めます。 尿細胞診検査 患者さんからいただいた尿中に、癌細胞が入っていないかどうかを顕微鏡で検査するものです。[gifu-hp.jp]

  • 尿管閉塞

    尿は腎臓と膀胱をつなぐですが、非常に細いため結石や炎症などによってつまる(閉塞する)ことがあります。 尿閉塞を起こすと、尿の流れが悪くなり腎臓に悪影響を及ぼします。腎臓は左右に1つずつあるので、片側のみであれば気が付かないこともありますが、両方が閉塞していたり、すでに片側の腎機能が低下している場合は命にかかわります。[ameblo.jp] Home 犬・猫の尿結石(尿閉塞)、尿ステント、SUBシステム 左右腎臓で作られた尿は、左右それぞれの尿管を経由して膀胱へ貯められます。 腎臓内に結石ができた場合、小さなものは尿の流れによって尿へ運ばれ膀胱内にたどり着くのですが、尿炎などの併発で尿閉塞尿管内へ詰まる)を起こす場合があります。[okubo-vet.com] 尿閉塞(閉鎖)はどのような原因で起こるのか? 尿閉塞する原因としては、以下のようなことがあげられます。 ・腫瘍等により尿の壁が厚くなる ・放射線療法による一時的な炎症 ・尿路結石が尿に詰まる ・手術の合併症により尿が癒着 このようなことが起こると尿閉塞しやすくなり、腎臓で生成された尿が排泄できなくなります。[kango-oshigoto.jp]

  • カルチノイド腫瘍

    2019年 2018年 2017年 2016年 7月 監修:愛知県がんセンター中央病院 薬物療法部 医長 谷口 浩也 消化管NET 進行カルチノイド腫瘍に対するOctreotide BevacizumabとOctreotide IFNα-2bの前向き無作為化第III相比較試験(SWOG S0518試験) Yao JC, et al.: J Clin Oncol. 35(15): 1695-1703, 2017 Neuroendocrine tumor(NET)は、かつては稀な疾患と考えられていたが、その頻度は増加傾向である。Pancreatic[…][gi-cancer.net]

  • 尿路閉塞

    尿は腎臓と膀胱をつなぐですが、非常に細いため結石や炎症などによってつまる(閉塞する)ことがあります。 尿閉塞を起こすと、尿の流れが悪くなり腎臓に悪影響を及ぼします。腎臓は左右に1つずつあるので、片側のみであれば気が付かないこともありますが、両方が閉塞していたり、すでに片側の腎機能が低下している場合は命にかかわります。[ameblo.jp] 尿閉塞(閉鎖)はどのような原因で起こるのか? 尿閉塞する原因としては、以下のようなことがあげられます。 ・腫瘍等により尿の壁が厚くなる ・放射線療法による一時的な炎症 ・尿路結石が尿に詰まる ・手術の合併症により尿が癒着 このようなことが起こると尿閉塞しやすくなり、腎臓で生成された尿が排泄できなくなります。[kango-oshigoto.jp] 尿閉塞により尿毒症や敗血症などの症状がみられる場合、できる限り早期に閉塞を解除する必要があります。 閉塞解除の治療法として、尿切開や尿管転植、尿管ステント法などがあります。[suzaki-ah.com]

  • 水腎症

    水腎症 腎臓 先天性 水頭症 治療 2017-09-13 UPDATE 目次 原因 尿閉塞により、膀胱へ向かう尿が腎臓内に留まり続けることにより発症する。 通常は片方にのみ起こり、両側同時に起こることは少ない。 尿閉塞の原因としては腫瘍、尿結石、外傷、手術などの後遺症、または手術の失敗に起因する。 症状 無症状の場合も多い。[irisplaza.co.jp] その他、尿閉塞させるような腫瘤性の病変や外傷、尿の手術後の合併症、子宮卵巣摘出術の際の不慮の尿結紮(けっさつ)(※) などによって発生することもあります。尿が完全に閉塞しなくても、7〜8割程度の不完全閉塞でも発生することがあるといわれています。[anicom-page.com] 三番目は前立腺癌の腫大に伴い残尿量の増加から水腎症をきたす場合である。両側の尿が同時に閉塞した場合や,三番目の前立腺自体による下部尿路閉塞は,腎後性腎不全から尿毒症に至る可能性もあるため,迅速な診断と処置が必要である。[minds.jcqhc.or.jp]

  • 尿路疾患

    治療・予後 閉塞性腎・尿路疾患の治療は外科的に閉塞を取り除くことが必要である.他臓器の癌の浸潤ないし転移によって上部尿閉塞が起こっている場合など,上部尿閉塞の場合,腎機能改善を目的とした閉塞の解除のために,尿ダブルJカテーテルの留置や超音波ガイド下に経皮的腎瘻造設術を行う.尿結石や尿腫瘍などの場合には原因疾患の治療が必要である.下部尿閉塞[kotobank.jp] 腎外腎盂が拡大している場合には尿閉塞、特に腎盂尿移行部狭窄(ureteropelvic junction stenosis: UPJ stenosis)の可能性が高い(図2)。[jaog.or.jp] 他の原因としては、尿石症や特発性膀胱炎による尿路の無菌性炎症、下部尿路を閉塞する腫瘍や尿瘤で、頻脈や排尿困難が起こります。 そんな時は、まず触診です。膀胱を見つけましょう。膀胱の拡張、膀胱壁の肥厚、膀胱内に何かないか、確認して、何かあるならX線検査とエコー検査はしておくべきかと思います。[dogwan.jp]

  • 腹膜線維症

    抄録 後腹膜線維症は腹部大動脈を中心とした後腹膜に炎症性細胞浸潤と線維化をきたす疾患で,中高年に好発する.多くは原因不明の特発性であるが,薬剤,悪性腫瘍,大動脈瘤,自己免疫疾患などでも発症する.尿閉塞による腎障害が特徴的で, CTやMRIでは大動脈を中心とした境界明瞭な軟部腫瘤を呈する.治療はステロイド薬が第一選択で,有効率は高い.また外科的[jstage.jst.go.jp] 東京共済病院 泌尿器科 木村明,今荘智恵子 両側水腎症による腎後性腎不全は、両側尿閉塞もしくは尿道の閉塞によって引きおこされる。[ne.jp] 20102276 N135 KSD7 3 尿狭窄 20072701 N135 QM9K 4 尿閉塞 20072721 N135 A4UR[dis.h.u-tokyo.ac.jp]

  • 水尿管

    Home 犬・猫の尿結石(尿閉塞)、尿ステント、SUBシステム 左右腎臓で作られた尿は、左右それぞれの尿管を経由して膀胱へ貯められます。 腎臓内に結石ができた場合、小さなものは尿の流れによって尿へ運ばれ膀胱内にたどり着くのですが、尿炎などの併発で尿閉塞尿管内へ詰まる)を起こす場合があります。[okubo-vet.com] 尿ステントによる治療 Ureteral stent 最近、猫ちゃんで尿閉塞を起こす子が以前よりも多くみられます。尿は腎臓から尿を膀胱までつないでいるですが、閉塞を起こす原因としては尿結石による閉塞や、炎症等でも閉塞することが考えられます。[aoki-ah.com] そのため、膀胱の拡張が著しいわりには尿へ圧が伝わらないために、水腎・水尿症は比較的軽度なこともあります。 ⑩巨大尿 逆流によるもの、閉塞によるもの、またこの両者によらない非逆流性・非閉塞性巨大尿の3種類があります。非逆流性・非閉塞性巨大尿は乳幼児に発見される先天性の病気で、尿管縫縮術などの手術療法が行われます。[qlife.jp]

さらなる症状