Create issue ticket

考えれる188県の原因 尿管重複

  • 尿路感染症

    しかし膀胱尿管移行部の構造に異常があったり、未熟であるために逆流が起こっていると、尿路感染症になりやすい。乳児のVURは、軽度のものならば成長に伴って自然軽快する可能性がある。 重複腎盂尿 ひとつの腎臓に対して、腎盂・尿管が2組以上存在する奇形。VUR、水腎症を高率に合併している。[ja.wikipedia.org]

  • 急性膀胱炎

    しかし膀胱尿管移行部の構造に異常があったり、未熟であるために逆流が起こっていると、尿路感染症になりやすい。乳児のVURは、軽度のものならば成長に伴って自然軽快する可能性がある。 重複腎盂尿 ひとつの腎臓に対して、腎盂・尿管が2組以上存在する奇形。VUR、水腎症を高率に合併している。[ja.wikipedia.org]

  • 交差性融合異所性腎

    重複奇形 集合系の数的過剰が片側性または両側性に発生し,腎盂尿(副腎盂,重複尿または三重複腎盂尿),腎杯,尿口が障害されることがある。重複腎は,単一の腎単位に複数の集合管系が存在する場合である。この奇形は融合腎とは異なる病態であり,融合腎は,それぞれ個別の集合系を維持した2つの腎実質単位が融合したものである。[msdmanuals.com] よくある腎臓の所見は、腎臓の位置と上昇の異常(単一融合腎、交差性融合腎)、腎盂尿移行部通過障害、集尿系の重複、水腎症を含む。尿道下裂、停留精巣と(めったにない)小陰茎は男性に認められる、女性では陰唇低形成が認められる。 筋骨格 関節の過度可動性はKSをもつ人の50% 75%にみられる。[grj.umin.jp] 一部の重複奇形は尿異所開口を合併し,さらに尿管瘤および/または膀胱尿管逆流(VUR)を伴う場合もある。管理方針は,排出が独立している各区域の解剖学的形態および機能に依存する。閉塞またはVURを是正するために手術が必要になることがある。 融合奇形 融合奇形では,両側の腎臓が連結するものの,尿管は膀胱の各側面に流入する。[msdmanuals.com]

  • 膀胱重複

    腎での手術は、所属腎と尿の一部を摘出して下部拡張尿尿瘤を虚脱させる方法です。重複腎盂尿では上腎の尿管を下腎の腎盂に吻合したり、膀胱側方で上腎の尿管を下腎の尿管に吻合したりする方法で機能のある所属腎を残すこともできます。[jspu.jp] 対象となる主な疾患 上部尿路疾患 先天性水腎症、膀胱尿逆流、腎腫瘍(ウィルムス腫瘍など)、多嚢胞性異形成腎、腎結石、巨大尿症、重複腎盂尿、異所開口尿管、尿管瘤 上下部尿路疾患 尿道下裂、夜尿症、神経因性膀胱、後部尿道弁、総排泄腔遺残、総排泄腔外反症、膀胱外反症、膀胱腫瘍(横紋筋肉腫など)、過活動膀胱、尿道上裂、前部尿道弁、尿道脱、尿道外傷[keio-urology.jp] 主な対象疾患 腎・副腎 嚢胞性腎疾患、融合腎 (馬蹄腎など)、腎腫瘍、副腎腫瘍など 尿 水腎症 (腎盂尿移行部通過障害など)、巨大尿・水尿症(尿膀胱移行部通過障害など)、重複腎盂尿、尿管異所開口、尿管瘤、尿管結石など 膀胱 膀胱尿管逆流、膀胱憩室、膀胱外反、総排泄腔外反、尿遺残、神経因性膀胱、膀胱腫瘍など 尿道 尿道下裂、尿道上裂[ibaraki-kodomo.com]

  • 腎疝痛

    先天性異常の代表的疾患 腎臓の先天異常: 腎臓の欠損・発育不全,融合腎・馬蹄腎,嚢胞性腎疾患・膿疱腎 腎盂・尿の先天異常: 重複腎,腎盂尿移行部・ 尿管膀胱移行部狭窄 , 尿管の異所開口 , 尿管瘤,大静脈後尿管 膀胱の先天異常: 膀胱外反症,膀胱憩室,尿膜管の異常 尿道の先天異常: 尿道狭窄,尿道弁膜形成,尿道下裂,包茎 尿路の感染症[onodera.webcrow.jp] 自らが経験すべき事項 1) 泌尿器科疾患の理解 神経因性膀胱、急性腎不全(腎後性腎不全)、膀胱炎、前立腺炎、尿道炎、亀頭包皮炎、精巣上体炎、性感染症(STD)、尖形コンジローム、尿路結石症、腎損傷、膀胱損傷、尿道損傷、尿道狭窄、腎癌、膀胱癌、前立腺癌、前立腺肥大症、精巣腫瘍、陰茎癌、嚢胞腎、重複尿、生殖腺分化異常、男性不妊症、原発性アルドステロン[jikei.ac.jp]

  • 上部尿路感染症

    対象となる主な疾患 上部尿路疾患 先天性水腎症、膀胱尿逆流、腎腫瘍(ウィルムス腫瘍など)、多嚢胞性異形成腎、腎結石、巨大尿症、重複腎盂尿、異所開口尿管、尿管瘤 上下部尿路疾患 尿道下裂、夜尿症、神経因性膀胱、後部尿道弁、総排泄腔遺残、総排泄腔外反症、膀胱外反症、膀胱腫瘍(横紋筋肉腫など)、過活動膀胱、尿道上裂、前部尿道弁、尿道脱、尿道外傷[keio-urology.jp] しかし膀胱尿管移行部の構造に異常があったり、未熟であるために逆流が起こっていると、尿路感染症になりやすい。乳児のVURは、軽度のものならば成長に伴って自然軽快する可能性がある。 重複腎盂尿 ひとつの腎臓に対して、腎盂・尿管が2組以上存在する 奇形 。VUR、水腎症を高率に合併している。[ja.wikipedia.org]

  • 下部尿路感染症

    尿:拡張した腎盂と膀胱との間の嚢胞性病変、あるいは腔状病変としてとらえられる。 重複腎盂尿 ・ 腎嚢胞:大小多数の嚢胞、腎上極の嚢胞など。腎全体に大小多数の嚢胞がみられ、実質と思われる部分の輝度が高いときには多嚢腎が疑われる。[jaog.or.jp] しかし膀胱尿管移行部の構造に異常があったり、未熟であるために逆流が起こっていると、尿路感染症になりやすい。乳児のVURは、軽度のものならば成長に伴って自然軽快する可能性がある。 重複腎盂尿 ひとつの腎臓に対して、腎盂・尿管が2組以上存在する 奇形 。VUR、水腎症を高率に合併している。[ja.wikipedia.org]

  • 外反

    本邦における全国集計結果229例では 5) 、尿路系の合併奇形は188例(82.0%)に認められ、腎欠損、多 嚢胞 性 異形成 腎、低形成・異形成腎、水腎症、馬蹄腎、重複腎盂尿、巨大尿管、尿管瘤、後部尿道弁、尿管 狭窄 などが認められています。[nanbyou.or.jp]

  • 重複子宮

    村上隆介ら:初経前に発症し腹腔鏡が診断と治療に有用であった重複子宮、重複腟、左腟閉鎖、左腎尿無形成の一例.[trc-rad.jp] (文献によっては、子宮は重複子宮、完全中隔子宮、場合によっては副角を伴う単角子宮) 発生学的疾患概念 ・Müller管が卵管、子宮、腟上部1/3を形成 ・子宮、腟上部1/3は左右Müllerの癒合したもの 重複子宮、重複腟 ・腟は上部1/3がMüller、下部2/3が尿生殖洞由来 OHVIRA症候群の重複腟は腟上部のみ ・Müller[trc-rad.jp] の発達はWolff管の誘導下に起こる ・尿管はWolff管の下部より後方に向かって発生し、その先端に最終的な腎臓が発生 患側の腎尿管無形成を合併(子宮奇形の43%) OHVIRA症候群 Herlyn-Werner症候群 Wunderlich症候群 片側Wolff管の発育障害 と Müller管の癒合不全 とを併発することにより発生する症候群[trc-rad.jp]

  • 急性腎盂腎炎

    原因としては,閉塞性尿路疾患やストルバイト結石などもあるが,最も頻度が高いのは膀胱尿逆流症(VUR)である。 病理学的には,腎萎縮および腎杯奇形に重複して腎実質の瘢痕が認められる。慢性腎盂腎炎は慢性腎臓病に進行する場合がある。[msdmanuals.com]

さらなる症状