Create issue ticket

考えれる56県の原因 尿滴下

  • 尿路感染症

    尿路感染症(にょうろかんせんしょう、urinary tract infection、UTI)とは、腎臓から尿管、膀胱を通って尿道口にいたる尿路に病原体が生着して起こる感染症。[…][ja.wikipedia.org]

  • 良性前立腺肥大症

    また、尿が終わったと思って、下着をつけると尿がたらたらっともれて下着が汚れることがありますが、これを「排尿後尿滴下」と言います。[asahikasei-pharma.co.jp] 排尿症状:尿勢低下、尿線分割・尿線散乱、尿線途絶、排尿遅延、腹圧排尿、終末滴下尿症状:昼間頻尿、夜間頻尿、尿意切迫感、尿失禁、膀胱知覚の変化 排尿後症状:残尿感、排尿後尿滴下 進行例では 排尿の障害が次第に大きくなると、最終的には急性の尿閉(尿が出なくなること)となり、一時的にカテーテル挿入を要することがあります。[toms.med.hokudai.ac.jp] 症状は下部尿路閉塞の症状である(尿勢低下,排尿遅延,頻尿,尿意切迫,夜間頻尿,残尿,終末時滴下,溢流性または切迫性尿失禁,完全尿閉)。診断は主に直腸指診と症状に基づき,膀胱鏡検査,経直腸的超音波検査,尿流動態検査,その他の画像検査が必要になることもある。治療選択肢には,5 α 還元酵素阻害薬, α 遮断薬,タダラフィル,手術などがある。[msdmanuals.com]

  • 慢性前立腺炎

    タイトル: 公開特許公報(A)_慢性前立腺炎治療剤 出願番号: 2012229441 年次: 2014 IPC分類: A61K 31/404,A61P 13/08,A61P 29/00,C07D 209/30 菅谷 公男 西島 さおり 嘉手川 豪心 安次富 勝博 JP 2014080390 公開特許公報(A) 20140508 2012229441 20121017 慢性前立腺炎治療剤 菅谷 公男 512267232 西島 さおり 512267243 嘉手川 豪心 512267254 安次富 勝博 512267265 特許業務法人 小野国際特許事務所 110000590 菅谷 公男 西島 さおり 嘉手川 豪心[…][biosciencedbc.jp]

  • 急性前立腺炎

    また、尿が終わったと思って、下着をつけると尿がたらたらっともれて下着が汚れることがありますが、これを「排尿後尿滴下」と言います。[asahikasei-pharma.co.jp]

  • 前立腺癌

    『TOMOの会(患者会)』が実施した 「トモセラピー治療」に関するアンケート結果を公開しました。 「治療後のPSA推移、副作用、QOL、余病、再発・転移」 『TOMOの会(患者会)』が2013年10月実施 母数103人 【アンケート項目】 Q1:トモセラピー治療後の経過年数について Q2:トモセラピー治療後のPSAの推移状況について Q3:トモセラピー治療後の現在の副作用の有無(重複回答) Q3-A:「排尿関連」 Q3-B:「排便関連」 Q3-C:「下血関連」 Q3-D:「男性機能」 Q3-E:「その他」 Q4:全体的なQOLの変化について[…][tomotherapy.jp]

  • 前立腺腺癌

    前立腺癌取扱い規約第版 2001年4月 病期A A1 A2 偶発癌 限局性、高分化 中 低分化あるいは複数の前立腺内病巣 病期B B0 B1 B2 前立腺に限局した腺癌 直腸指診陰性、PSA高値にて発見 片葉内単発 片葉全体または両葉 病期C C1 C2 前立腺周囲にとどまり、前立腺被膜を超えるか精嚢浸潤 臨床的に被膜外浸潤 膀胱頚部浸潤あるいは尿管閉塞 病期D D0 D1 D2 D3 転移を有する 転位所見を認めないACPの持続的上昇 所属リンパ節転移 所属リンパ節以外のリンパ節転移、骨その他臓器転移 D2に対するホルモン療法後再燃[uro.med.tohoku.ac.jp]

  • 尿道狭窄症

    はじめに 今回は、担当している人が「尿道狭窄症のせいで昼も夜も頻繁にトイレに行く・・・・・・」という訪問看護師のお悩みをご紹介します。そのなかで、異常を早期発見することを心がけながらも、表情や言動から本人の困りごとを理解して自覚を促したり、定期受診への理解を得たりするといった視点から、排せつケアを行うことについて説明しています。また、コラムでは、むつき庵副所長の熊井利將さんと浜田きよ子先生による対談記事『むつき庵に出逢って世界が変わった』の「見える世界が広がる」排せつケアをめぐる一節を紹介しています。まずは、訪問看護師の悩みごとを聞いてみましょう。 1.訪問看護師の悩みごと[…][…][…][medimaga.medica.co.jp]

  • 膀胱移行上皮癌

    UMIN試験ID C000000093 最終情報更新日: 2016年4月5日 公開日:2005年8月30日 登録・組み入れ開始日:2003年6月1日 基本情報 試験簡略名 浸潤性膀胱移行上皮癌(T2-4aN0M0)に対する術前MVAC化学療法 根治的膀胱摘除と根治的膀胱摘除のみの予後改善に関する第III相比較試験(JCOG0209, BC MVAC Phase III) 試験進捗状況 試験終了 試験実施地域 日本 実施都道府県[…][rctportal.niph.go.jp]

  • 経尿道前立腺切除術

    前立腺肥大症では、特に就寝後にトイレにいく回数が多くなる(夜間頻尿)ことで始まることが多く、やがて尿線が細くなり、残尿感や排尿の最後に尿がポトポトこぼれる(排尿終末時尿滴下)などが現れます。 (3)検査 前立腺肥大症では、まず前立腺がんではないことを診断する必要があります。[hyo-med.ac.jp]

  • 前立腺膿瘍

    前立腺肥大は、前立腺が肥大してしまい進行する事により組織内にすき間ができ、そこに体液や血液が溜まってしまう症状です。また前立腺膿瘍とは、前立腺嚢胞からさらに状態が悪化したもので、感染症を起こして化膿して膿がたまる症状です。犬の日常生活の中で見られる行動として、普段よりオシッコの回数が多くなる、いつまでもオシッコをする姿勢のままで、その場にいたりする事が見受けられます。この様な症状を飼い主さんが気づかないで放置しますと、膀胱炎から腎臓炎を起こし尿毒症へと進行してしまいます。[…][houndcom.com]

さらなる症状