Create issue ticket

考えれる26県の原因 尿意逼迫

  • 尿路感染症

    尿路感染症(にょうろかんせんしょう、urinary tract infection、UTI)とは、腎臓から尿管、膀胱を通って尿道口にいたる尿路に病原体が生着して起こる感染症。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性膀胱炎

    急性膀胱炎とは 急性膀胱炎は、微生物が本来無菌状態である膀胱に入り、増殖しておこる感染症です。 症状 自覚される症状は、排尿痛・残尿感・頻尿(トイレに行っても尿はほとんど出ない)などです。また、炎症が進むと血尿が出ることもあります。 痛みは排尿の終わりに強く、また、血尿も排尿の終わりに濃くなることが多いです。ただし、他の細菌感染症と違い膀胱炎で熱発することはありません。 膀胱炎が悪化して腎盂腎炎をきたせば高熱が出て背部痛が出現します。 原因 殆どの原因菌は大腸菌などの腸内常在細菌であり、つまり、自分の菌に自分で感染すると言うことです。 性病など人からうつされたりする菌ではありません。[…][gohongi-clinic.com]

  • 更年期障害

    更年期と更年期障害[…][jspog.com]

  • 尿道炎

    膀胱炎は、尿道から入り込んだ病原菌による炎症です。おもな症状は、おしっこをするときに痛みを感じる、残尿感[ざんにょうかん]がある、トイレが近くなる、尿がにごるなど。ひどくなると、排尿時に焼けつくような激しい痛みが起こったり、血尿が出ることもあります。女性の尿道は男性に比べて短いのに加え、膣や肛門と尿道の入り口が近い位置にあるため、外から細菌、とくに大腸菌が膀胱まで入りやすい構造になっているのです。 細菌が膀胱にまでいかないで、尿道だけで炎症を起こしている場合は、尿道炎と診断されます。排尿時の痛みは、膀胱炎より尿道炎のほうが強いようです。[…][sofy.jp]

  • 慢性前立腺炎

    投稿日 : 2017.11.02 最終更新日時 : 2017.11.04 2017.11.2 「慢性前立腺炎」 前立腺の病気として有名なのは前立腺癌と前立腺肥大症ですが、慢性前立腺炎もよく見られる病気です。前立腺癌は悪性疾患であるのに対して前立腺肥大症と慢性前立腺炎は良性の疾患です。前立腺肥大症は加齢とともに増加しますが、慢性前立腺炎は30 40代によくみられます。 慢性前立腺炎の代表的な症状は、会陰部(陰嚢と肛門の間)や睾丸の違和感、痛みです。排尿痛、頻尿や残尿感などもありますが、前立腺肥大症のような排尿症障害はあまり見られません。[…][iwaichuo.com]

  • 前立腺癌

    前立腺は男性にのみ存在する臓器で精液の一部を作ります。膀胱の下にあり、尿道を取り囲むように存在します(または前立腺の中を尿道が貫通している)。通常はクルミ大の大きさで直腸の前方に接するようにあるため、肛門から指を挿入すると触れることができます。 前立腺癌はアメリカでは男性に発生する癌の第一位で、日本でも急速に増加しており、天皇陛下をはじめ著名人(三波春夫、森 喜郎元総理、渡辺恒雄読売新聞社長など)が前立腺癌に罹患しています。一般に進行の遅い癌とされ早期に生命に危険が及ぶ可能性は高くありませんが、前立腺癌による死亡数も年々増加しています。[…][kameda.com]

  • 前立腺腺癌

    前立腺癌取扱い規約第版 2001年4月 病期A A1 A2 偶発癌 限局性、高分化 中 低分化あるいは複数の前立腺内病巣 病期B B0 B1 B2 前立腺に限局した腺癌 直腸指診陰性、PSA高値にて発見 片葉内単発 片葉全体または両葉 病期C C1 C2 前立腺周囲にとどまり、前立腺被膜を超えるか精嚢浸潤 臨床的に被膜外浸潤 膀胱頚部浸潤あるいは尿管閉塞 病期D D0 D1 D2 D3 転移を有する 転位所見を認めないACPの持続的上昇 所属リンパ節転移 所属リンパ節以外のリンパ節転移、骨その他臓器転移 D2に対するホルモン療法後再燃[uro.med.tohoku.ac.jp]

  • 急性腎盂腎炎

    月曜日の未明に発熱がありまして早朝に消炎鎮痛剤のボルタレンを飲んで対処することにしたんです。が、その晩にも発熱があってこりゃ病院へ行ってみなくっちゃなと。で、かかりつけ医へ行くことにしたんですが、どうやら急性腎盂腎炎だてぇことでもって抗生物質の点滴を。絶対安静だってぇことでもって家で寝ることに。二階の寝室で寝ておりますれば台風5号の海鳴りが聞こえたりね。何せ海から2 も離れちゃいませんし、その間にも大きな構造物もありませんから。いい波が来てるかもなとか思いつつベッドでまんじりともしないで。[…][bunakane.exblog.jp]

  • 側頭葉てんかん

    2010/11/2 2018/11/11 外科治療, 治療 外科手術によってもっとも治り易いてんかんは内側側頭葉てんかんである。手術方法は比較的容易であり、術後の副作用も少ない。発作改善率は60-80%におよび、薬物療法をはるかに凌駕する。数年間薬物療法で発作が治まらない場合はぜひこの手術を受けることをお勧めする。最近、日本てんかん学会ガイドライン作成委員会はこの内側側頭葉てんかんの診断・手術術式についてガイドラインを発表した。 内側側頭葉てんかんはきわめて特徴的な発作症状を持つので、その症状を詳しく聞くと大体の診断がつく。その発作症状は従来から複雑部分発作と呼ばれてきたものである。[…][mkclinic.jp]

  • 骨盤臓器脱

    HOME 産婦人科 骨盤臓器脱の腹腔鏡手術 書籍詳細 次世代のスタンダード骨盤臓器脱に対する“腹腔鏡下手術” 動画で見る 骨盤臓器脱の腹腔鏡手術 仙骨腟固定術を中心に 内容紹介[…][medicalview.co.jp]

さらなる症状