Create issue ticket

考えれる4県の原因 尿中無機ピロリン酸増加

  • 低フォスファターゼ症

    通常、小児期や青年期に健康な歯が抜けてしまうことはありません。理由もなく歯が抜けてしまい、抜けた歯に歯根が残っている場合は、内分泌医や遺伝専門医にみてもらいましょう。くる病、歩き始めが遅い、アヒル歩行、頭蓋骨の癒合の有無など低フォスファターゼ症の症状がみられないかどうか診察してもらいましょう。低フォスファターゼ症(略してHPP)は代謝に異常がでる遺伝性の疾患です。HPPの患者さんはアルカリフォスターゼという酵素が不足しているため。骨や歯の石灰化障害があります。骨や歯の石灰化が正常に行われないと、骨と歯はやわらかくもろくなったり、骨格の奇形、骨折、歯の早期脱落や骨痛などの症状がみられるよう[…][nakayosisyouni.com]

  • 偽痛風

    「偽痛風の発症率」と「血無機ピロリン濃度」が必ずしも比例するわけではありません。 一方、痛風の原因物質は「尿酸ナトリウム」です。 痛風に関しては、「血の尿酸が増加すること」が明確に発症要因となります。 ※2 変形性関節症 変形性関節症は、「関節が変形して痛む病気」です。[fdoc.jp]

  • 小児期発症低フォスファターゼ症

    【インタビュー】 公開日 2017 年 11 月 15 日 更新日 2018 年 10 月 23 日 大阪大学大学院医学系研究科情報統合医学小児科学講座 教授 大薗 恵一 先生 指定難病のひとつである低ホスファターゼ症は、アルカリホスファターゼという酵素が少ないために骨にカルシウムが定着しにくく、骨が弱くなる病気です。 今回は、低ホスファターゼ症の分類と症状について大阪大学大学院医学系研究科小児科学講座教授の大薗恵一先生に詳しくお話を伺いました。 低ホスファターゼ症とは– 6つの病型に分類される[…][medicalnote.jp]

  • 家族性ピロリン酸カルシウム沈着

    「偽痛風の発症率」と「血無機ピロリン濃度」が必ずしも比例するわけではありません。 一方、痛風の原因物質は「尿酸ナトリウム」です。 痛風に関しては、「血の尿酸が増加すること」が明確に発症要因となります。 ※2 変形性関節症 変形性関節症は、「関節が変形して痛む病気」です。[fdoc.jp]

さらなる症状