Create issue ticket

考えれる8県の原因 尿中乳酸脱水素酵素増加

  • 心筋梗塞

    心筋梗塞なのに無症状の事も 心筋梗塞の特徴的な症状として激しい胸痛がありますが、必ずしも胸痛が起こるわけではなりません。吐き気がしたり、なんとなくだるいといった症状しか現れなかったり、人によってはまったく無症状の場合もあり、検診の心電図でたまたま心筋梗塞が発見されるということもあります。 このような心筋梗塞を無痛性心筋梗塞、または無症候性心筋梗塞といい、心筋梗塞患者の2 3割を占めているといわれています。[…][heart-care.sakura.ne.jp]

  • 溶血性貧血

    溶血性貧血(ようけつせいひんけつ、hemolytic anemia)とは、赤血球が破壊されることによって起こる貧血。赤血球が破壊されることを溶血と言い、本症は溶血で起こる貧血なので溶血性貧血と言う。 原因としては細菌感染、何らかの毒素、血漿浸透圧の極度の低下などがある。一方、アレルギー(抗原抗体反応)によるものもあり、この場合、赤血球を異物と誤認して、抗体反応によって赤血球が破壊されて発生する。 抗酸化作用を有するビタミンEが欠乏し、生体膜で活性酸素が存在すると脂質過酸化反応により過酸化脂質が連鎖的に生成され、膜が損傷し、赤血球で溶血が起こるなど生体膜の機能障害が発生する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺梗塞

    医療大全 肺血栓塞栓症、肺梗塞症 はいけっせんそくせんしょう、はいこうそくしょう Pulmonary thromboembolism, Pulmonary infarct 【初診に適した診療科】 呼吸器科、呼吸器科 【どんな病気か】[…][yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 心筋炎

    心筋炎(しんきんえん、英: myocarditis)は、感染症、中毒あるいは原因不明の心筋の炎症性変化。無症状のものから発熱、頻脈、呼吸困難などの臨床症状を示すものまである。特に急性心筋炎(acute myocarditis)は、特異的所見に乏しい上に急性の転帰をたどることから、臨床上重要である。大動脈解離やクモ膜下出血、急性喉頭蓋炎などとともに診断に苦慮する疾患のひとつとされている。 ヒト 小児の急性心筋炎の原因としてはコクサッキーウイルスが最も多く、エコーウイルス、アデノウイルス、インフルエンザウイルスによるものもみられる。 犬[…][ja.wikipedia.org]

  • 心膜炎

    心膜炎 ( 英語 : pericarditis 、心包炎とも)は、種々の原因によって生じる 心膜 の 炎症 である。臨床的には 急性心膜炎 と 慢性収縮性心膜炎 の2つに大別される。 概念 [ 編集 ] 剖検においては2〜6パーセントの頻度で見られるが、臨床では入院例の0.1パーセントに認められるに過ぎないことから、不顕性のものが多いと考えられている。 病理組織学的には心膜の反応により線維素性、漿液線維素性、血性、膿性などに分類され、頻度上では前二者が圧倒的に多い。 以前は心膜炎の原因としてリウマチ性か結核性が考えられていたが、現在は特発性が最も多い。 特発性心膜炎 感染性心膜炎 結核性[…][ja.wikipedia.org]

  • ミオパチー

    ミオパチー(ミオパシー、Myopathy)とは、「Myo-(筋肉)」と「-pathy(病、苦痛)」からなる単語であり、一般的には筋肉の疾患の総称を指し、非常に多くの病気を含んでいる。筋疾患の症状の大半は、筋肉(骨格筋)が萎縮することによっておこる筋力の低下である。筋肉が萎縮する原因には大まかに2つあるが、1つは筋肉自体に問題がある場合であり、もう1つは筋肉を動かす神経に問題がある場合である。前者を筋原性疾患(ミオパチー、Myopathies)といい、後者を神経原性疾患(ニューロパチー、Neuropathies)という。ミオパチーの中では筋ジストロフィー (Muscular[…][ja.wikipedia.org]

  • 爪床傷害

    増加、血乳酸水素酵素増加、血クレアチンホスホキナーゼ増加、血中尿酸増加、血中アルカリホスファターゼ増加 発現頻度は、国際共同第III相試験に基づく。[kegg.jp] ・斑状丘疹状皮疹・紅斑性皮疹等(36.1%)、手掌・足底発赤知覚不全症候群(14.5%)、脱毛症(20.3%) 爪の障害(剥離、脱落等)、皮膚疼痛、ざ瘡、脂漏性皮膚炎、皮膚病変、皮膚毒性、皮膚剥脱、皮膚亀裂、皮膚潰瘍、紅斑、多毛症 過敏性血管炎、間擦疹、褥瘡性潰瘍 多形紅斑、爪床の障害(出血、炎症等) 臨床検査 体重減少(10.6%) 血クレアチニン[kegg.jp]

  • クロールざ瘡

    増加、血乳酸水素酵素増加、血クレアチンホスホキナーゼ増加、血中尿酸増加、血中アルカリホスファターゼ増加 発現頻度は、国際共同第III相試験に基づく。[kegg.jp] ・斑状丘疹状皮疹・紅斑性皮疹等(36.1%)、手掌・足底発赤知覚不全症候群(14.5%)、脱毛症(20.3%) 爪の障害(剥離、脱落等)、皮膚疼痛、ざ瘡、脂漏性皮膚炎、皮膚病変、皮膚毒性、皮膚剥脱、皮膚亀裂、皮膚潰瘍、紅斑、多毛症 過敏性血管炎、間擦疹、褥瘡性潰瘍 多形紅斑、爪床の障害(出血、炎症等) 臨床検査 体重減少(10.6%) 血クレアチニン[kegg.jp]

さらなる症状