Create issue ticket

考えれる8県の原因 尿中リン酸塩増加

  • 先端巨大症

    先端巨大症(せんたんきょだいしょう、acromegaly)は、脳の下垂体前葉の成長ホルモン分泌腺細胞がその機能を保ったまま腫瘍化し( 機能性腺腫)、成長ホルモンが過剰に産生され、手足や内臓、顔の一部分が肥大する病気。別名、末端肥大症もしくはアクロメガリー。また、「巨人症」と一般に称される状態はこの病気であることが多い。 成長ホルモンの過剰分泌により以下の症状が現れる。 唇が厚くなる。 額が突き出る。 下あごがせり出る。 四肢の異常な発達。 四肢以外の筋肉の収縮。[…][ja.wikipedia.org]

  • チロシン血症1型

    病気ブログ 高チロシン血症1型 新規会員登録 ヘルプ ログイン 【重要】にほんブログ村メンテナンスのお知らせ 「閲覧履歴」機能が使用できるようになりました 【重要】ブログ村システムのリニューアルが完了しました テーマを新規作成出来るようになりました マイページでオリジナルバナーが作成できるようになりました サブカテゴリー トップ ランキング 新着サイト 注目記事 新着記事 記事画像 テーマ 出身・住所 閲覧履歴 にほんブログ村 病気ブログ 高チロシン血症1型 高チロシン血症1型 ランキング(INポイント順) このカテゴリーに参加 INポイント OUTポイント PVポイント 1〜0位 順位[…][sick.blogmura.com]

  • 骨髄異形成関連変化を伴う 急性骨髄性白血病

    減少 血カリウム減少・増加、血ナトリウム減少、血クロール増加、血カルシウム減少、血リン増加、血中重炭酸減少・増加、血尿減少・増加 血中クロール減少 精神神経系 頭痛 不眠症、味覚異常、浮動性めまい 不安、錯乱状態、嗜眠、意識障害 眼 結膜出血、眼充血 循環器 動悸、心膜炎 高血圧 呼吸器 鼻出血、口腔咽頭痛 上気道炎、口腔咽頭不快感[kegg.jp] 、トキソプラズマ症、四肢膿瘍、菌血症、直腸周囲膿瘍 血液 ヘモグロビン減少、ヘマトクリット減少 血小板血症、単球減少症、好酸球増加症、好塩基球増加症、白血球増加症、リンパ球増加症、単球増加症、平均赤血球ヘモグロビン濃度減少、芽球増加、アンチトロンビンIII減少 代謝異常 食欲不振、血中アルブミン減少、LDH増加、血糖値上昇、総蛋白減少、血リン[kegg.jp]

  • 慢性骨髄単球性白血病

    減少 血カリウム減少・増加、血ナトリウム減少、血クロール増加、血カルシウム減少、血リン増加、血中重炭酸減少・増加、血尿減少・増加 血中クロール減少 精神神経系 頭痛 不眠症、味覚異常、浮動性めまい 不安、錯乱状態、嗜眠、意識障害 眼 結膜出血、眼充血 循環器 動悸、心膜炎 高血圧 呼吸器 鼻出血、口腔咽頭痛 上気道炎、口腔咽頭不快感[kegg.jp] 、トキソプラズマ症、四肢膿瘍、菌血症、直腸周囲膿瘍 血液 ヘモグロビン減少、ヘマトクリット減少 血小板血症、単球減少症、好酸球増加症、好塩基球増加症、白血球増加症、リンパ球増加症、単球増加症、平均赤血球ヘモグロビン濃度減少、芽球増加、アンチトロンビンIII減少 代謝異常 食欲不振、血中アルブミン減少、LDH増加、血糖値上昇、総蛋白減少、血リン[kegg.jp]

  • ALK 陽性 組織球症

    、発熱、疲労、中耳炎、膀胱炎、回転性めまい、高尿血症、食欲減退、血ブドウ糖増加、血中マグネシウム減少、細菌性前立腺炎、腫瘍出血、高リン血症 注3)国内第I/II相臨床試験及び国内第III相臨床試験以外で報告された副作用については、頻度不明とした。[kegg.jp] 足底発赤知覚不全症候群、そう痒症、湿疹、光線過敏症 筋骨格系 筋肉痛 関節痛、筋痙縮 肝臓 血中ビリルビン増加、AST(GOT)増加 ALT(GPT)増加、血中Al-P増加 硬化性胆管炎、LDH増加 腎臓 血中クレアチニン増加 腎機能障害 眼 眼乾燥、結膜炎、麦粒腫、黄斑症 その他 血中CK(CPK)増加 倦怠感、浮腫 血中トリグリセリド増加[kegg.jp]

  • クロモブラストミコーシス

    、低蛋白血症、高カルシウム血症、血アミラーゼ増加、コレステロール減少、脱水、高クロル血症、高リン血症、低クロル血症、発疹、皮膚そう痒、紅斑、蕁麻疹、顔面浮腫、CRP増加 13.死産率の高値、コレステロール上昇、リン脂質上昇 アムビゾーム点滴静注用50mgの相互作用 1.薬剤名等 : 白血球輸注 発現事象 急性肺機能障害 理由 ・ 原因[e-pharma.jp] 低蛋白血症、高カルシウム血症、血アミラーゼ増加、コレステロール減少、脱水、高クロル血症、高リン血症、低クロル血症、(頻度不明)低リン酸血症、アシドーシス、血液量増加症[症状又は異常が現れた場合には、減量、休薬等適切な処置を行い、特にこれらの症状が重篤な場合には患者の回復を待って投与を再開する]。[medical.nikkeibp.co.jp] 、低蛋白血症、高カルシウム血症、血アミラーゼ増加、コレステロール減少、脱水、高クロール血症、高リン血症、低クロール血症 代謝・栄養 注1) 頻度不明 低リン酸血症、アシドーシス、血液量増加症 皮膚・皮下障害 注1) 1〜5%未満 発疹、そう痒 皮膚・皮下障害 注1) 1%未満 紅斑、蕁麻疹、顔面浮腫 皮膚・皮下障害 注1) 頻度不明[meds.qlifepro.com]

  • 慢性カドミウム中毒

    は糸球体に関わるもので, イヌリンクリアランス が増加する.その他の起こりうる影響はアミノ酸尿,糖尿,リン尿がある.[primary-care.sysmex.co.jp] 本検査は,イタイイタイ病,カドミウム中毒が疑われるときに行われる.血中カドミウムは現在のカドミウム曝露を反映し,尿中カドミウムは過去の 鉛 曝露も反映すると考えられている カドミウムは近位尿細管の再吸収機能に影響を与え,尿細管蛋白尿として知られる低分子量蛋白質( β 2 -ミクログロブリン )の尿排泄量が増加する.より重篤なカドミウム障害[primary-care.sysmex.co.jp] これまで尿 β 2 -ミクログロブリン が指標として使われることが多かったが,最近, α 1 -ミクログロブリン の測定法が確立され,キット試薬も市販されているので,今後は α 1 -ミクログロブリン 測定が普及すると思われる.カドミウムによる生体影響が α 1 -ミクログロブリン の方が β 2 -ミクログロブリン より早期に発現するといわれる[primary-care.sysmex.co.jp]

  • カドミウム中毒

    は糸球体に関わるもので, イヌリンクリアランス が増加する.その他の起こりうる影響はアミノ酸尿,糖尿,リン尿がある.[primary-care.sysmex.co.jp] 本検査は,イタイイタイ病,カドミウム中毒が疑われるときに行われる.血中カドミウムは現在のカドミウム曝露を反映し,尿中カドミウムは過去の 鉛 曝露も反映すると考えられている カドミウムは近位尿細管の再吸収機能に影響を与え,尿細管蛋白尿として知られる低分子量蛋白質( β 2 -ミクログロブリン )の尿排泄量が増加する.より重篤なカドミウム障害[primary-care.sysmex.co.jp] これまで尿 β 2 -ミクログロブリン が指標として使われることが多かったが,最近, α 1 -ミクログロブリン の測定法が確立され,キット試薬も市販されているので,今後は α 1 -ミクログロブリン 測定が普及すると思われる.カドミウムによる生体影響が α 1 -ミクログロブリン の方が β 2 -ミクログロブリン より早期に発現するといわれる[primary-care.sysmex.co.jp]

さらなる症状