Create issue ticket

考えれる120県の原因 尿中ナトリウム増加

  • 慢性腎不全

    現在地 : Pfizer co.jp ホーム 患者さん・一般の皆様 疾患から探す 慢性腎不全に関する情報 患者さん・一般の皆様 疾患から探す 疾患情報 成長相談室 お子さんの低身長や成長障害について解説しているサイトです。 自分でチェック 病医院検索 子どもはどうやって成長するの? 成長障害の治療ってどうするの? 身長の伸びがおそいかも? 成長ホルモンで治療中の方へ 身長が低い病気ってなに? Pfizer for Patients内にある関連する病気の情報を検索する SGA性低身長症 細菌性髄膜炎 ワクチン 血友病 このページの先頭へ[pfizer.co.jp]

  • 慢性腎盂腎炎

    研究課題/領域番号02404064 研究種目 一般研究(A) 配分区分補助金 研究分野 泌尿器科学 研究機関 九州大学 研究代表者 熊澤 淨一 九州大学, 医学部, 教授 (60038669) 研究分担者 水之江 義充 九州大学, 医学部, 助手 (20157514) 尾形 信雄 九州大学, 医学部, 講師 (90185497) 松本 哲朗 九州大学, 医学部, 講師 (50150420) 研究期間 (年度) 1990 – 1991 研究課題ステータス 完了(1991年度) 配分額 *注記 20,900千円 (直接経費 : 20,900千円) 1991年度 : 4,700千円 (直接経費 : 4,700千円)[…][kaken.nii.ac.jp]

  • アジソン病

    「無断トラバ禁止です。」 この記事は素人の個人的な病気記事の日記なのでファン意外の、特に医学関係のページにトラバしないで下さい。 今まで「病院・病気」のお部屋にジョンの事が多かったですが今回はチェリーの 一生かかえる病気 の事をお知らせします。 この記事はチェリーのことを残しておく為のもので、私と私の獣医さんから聞いたことを中心に私個人の治療・経過です。 以前書いたジョンの 副腎皮質機能亢進症「クッシング症候群」 と正反対の病気。 何故かジョンとチェリーはこの正反対の病気になっています。 副腎皮質機能低下症別名は「アジソン病」[…][blogs.yahoo.co.jp]

  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群

    [「相互作用」の項参照] 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)(頻度不明※1):低ナトリウム血症,低浸透圧血症,尿ナトリウム排泄量の増加,高張尿,痙攣,意識障害等を伴う抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)があらわれることがあるので,異常が認められた場合には投与を中止し,水分摂取の制限等適切な処置を行うこと。[eminori.com] さらに、入院中本物質の臨床用量を摂取後に著しい低ナトリウム血症となり、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)を発症した54歳男性患者の事例報告(PIM 263(1992))に加え、医薬品添付文書に重大な副作用として、低ナトリウム血症、低浸透圧血症、尿ナトリウム排池量の増加等を伴う抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)が現れることがある[nite.go.jp] 特に本剤を高用量で投与する場合(造血幹細胞移植の前治療等)は十分に注意〕【7】抗利尿ホルモン不適合分泌症候群〔低ナトリウム血症,低浸透圧血症,尿ナトリウム排泄量の増加,高張尿,痙攣,意識障害等を伴う抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)が発現。投与中止。[medpeer.jp]

  • 急性尿細管壊死
  • 高血圧症

    したのち, 6日間食塩(250mEq/日)のみを負荷した群(NaCl単独群)12名と,同量の食塩に加えてカリウム96mEq/日を投与した群(NaCl KCl群)11名に分け,比較した.その結果, NaCl KCl群ではNaCl単独群においてみられた食塩負荷時の血圧上昇は認められず,平均血圧の変化率はNaCl単独群に比し有意の低値を示した.尿[doi.org] ナトリウム排泄はNaCl KCl群で食塩負荷早期(第1および第2日目)に有意の増加を認め, NaCl KCl群における食塩負荷6日間のナトリウム貯留はNaCl単独群に比べ有意に減少していた.さらに,カリウムを同時に投与することにより,食塩負荷時の体重増加,循環血漿量増加および心係数増加が有意に抑制された.食塩負荷時における平均血圧の変化率と[doi.org]

  • 痛風性関節炎

    痛風は血尿酸が増加し関節液内に尿ナトリウム結晶が生じる病気ですが、偽痛風は関節液にピロリン酸カルシウム結晶という結晶が沈殿することによって起こります。関節の痛みという症状が痛風の症状とよく似ているので偽痛風と呼ばれています。 症状は痛みと腫れが繰り返し起こり全身に熱が出ることもあります。[kamagaya-hp.jp] 中高年の病気と言われてきましたが、最近では20代や30代でも罹る人が増加しています。血液尿酸が一定値以上になると尿酸が関節内で固まって尿酸ナトリウム結晶(MSU)になる為におこる関節炎です。 尿酸は重い為、重力によって足の方へいきます。その為発作時には足趾に好発します。[kaiseihp.com]

  • 内分泌機能不全

    しかし、アルドステロンが過剰になると、尿をつくる臓器である腎臓において、塩分(ナトリウム)が尿に出づらくなって塩分が体内に貯留し、その結果、血液のに塩分と水分が増加し、その血液を循環させるために、血圧が高くなります。高血圧患者の5 20%を占めると考えられています。治療としては、副腎の腫瘍を取り除く手術や薬物療法が行われます。[akaicho-clinic.com]

  • 偽痛風

    一方、痛風の原因物質は「尿ナトリウム」です。 痛風に関しては、「血尿酸が増加すること」が明確に発症要因となります。 ※2 変形性関節症 変形性関節症は、「関節が変形して痛む病気」です。 ・軟骨の摩耗、変性 ・関節の周囲を囲んでいる滑膜の炎症 などを繰り返しながら、関節の変形が進みます。[fdoc.jp] 痛風は血尿酸が増加し関節液内に尿ナトリウム結晶が生じる病気ですが、偽痛風は関節液にピロリン酸カルシウム結晶という結晶が沈殿することによって起こります。関節の痛みという症状が痛風の症状とよく似ているので偽痛風と呼ばれています。 症状は痛みと腫れが繰り返し起こり全身に熱が出ることもあります。[kamagaya-hp.jp] 中高年の病気と言われてきましたが、最近では20代や30代でも罹る人が増加しています。血液尿酸が一定値以上になると尿酸が関節内で固まって尿酸ナトリウム結晶(MSU)になる為におこる関節炎です。 尿酸は重い為、重力によって足の方へいきます。その為発作時には足趾に好発します。[kaiseihp.com]

  • 急性腎不全

    急性腎不全患者のには利尿薬に反応して尿量が増加することがよくあります。そうなると、水分やナトリウムの管理が容易になるため有効な治療法のひとつです。しかし、尿量減少の原因が体液量の減少である場合に利尿薬を投与すると脱水を強める場合もあるため、利尿薬の投与前には体液量の評価を十分に行う必要があります。[zjk.or.jp]

さらなる症状